ハワイアン ディープ アンティアス

2013年11月15日 (金)

Hapupuu

今日は金曜日。イレギュラーではあるが、X氏にC-Buoyでのカツオやマグロの立ち釣りを紹介するという事で、X氏の船で出漁した。潮の方向によって大きく動くC-Buoyが、西経北緯だけの数字でうまく見つけられるかな、と少々心配したが全く問題無かった。しかし心配した通り、C-Buoyにはボートは1艘もいない。イルカも見えない。鳥もいない。魚が跳ねる姿も見えない。地元の釣師達が言う「C-Buoy is dead」状態なのか?

Buoy傍でコマセを撒くとアミモンガラ(Spotted oceanic triggerfish)だけがワラワラと寄って来た。カツオやマグロが高速で走る姿は見えない。
いつものように、
シッ、シッ、こう行け。おまえらはイラン
とか言ってると、
水深60~100mくらいに反応が出ましたよ
X氏よりアナウンスあり。
エサを入れてみたが、あっという間にモンガラの餌食に。
ジギングしかないですね
という事でジグを落とす。
数回シャクッたところで、
来たぁ~!
アタリだ。しかしHookingには至らず。
2投目にもアタリがあったが、これもハリに乗らず。
モンガラのスレ掛がかりかな?
と思いながらジグを見ると、リーダーが激しく傷ついていた。
どうもOno(カマスサワラ=Wahoo)が居るようですね
とワタクシ。
そして数投目に来たのは重くて強いアタリだった。
よし来た!
今度はハリに乗った。
デカイぞ
と思った2~3秒後に手応えが消えた。ジグの重みも無くなった。どうもOnoにジグを盗られたらしい。巻きあげてみるとナイロンリーダーがボロボロにされて切られていた。
歯の鋭いOnoでも、うまくハリ掛かりすると上げる事は可能である。運を天に任してもう一度ジグを落とす。そしてアタリ。
ヨッシャ~!!!
今度もうまくHookingしたらしい。これで数秒持ってくれればこちらの勝ちだろう。
あまり大きくはないですねぇ~
とワタクシ。
そして今回は切られずに無事上がって来た。
やはりOnoだったが小型だった。
写真無し。
後で撮ろうと思っていたが忘れた(やっぱりMd-キャプテンがいないとダメだねぇ~)。
X氏も初めてのジギングに挑戦したが、残念ながら空振りに終わった。まあチャンスは今後もいっぱいあるでしょう。
結局C-Buoyではマグロやカツオの顔は拝めず。

Honaunau沖の底釣りポイントへ移動。
ここでは下記の底物が釣れた。
  Kalekale(ヒメダイ): 4匹
  Ehu(ハチジョウアカムツ): 1匹
  Hogo(ヒオドシ): 1匹
  Hawaiian deep anthias: 1匹
  Gindai: 1匹(これは他のポイントだったかも?

Opaka狙いでRed Hillへ移動。
前回はRed HillのOpakapaka復調の兆しがみえたので大いに期待したが、ガッカリの不発だった。潮が悪いのか?腕が悪いのか?釣りは難しい。

Keauhou Bay沖のPoiny-29近辺へ移動。
取り敢えず150~160mでOpakapakaを探ってみる。
いきなり私に重くて強いアタリがあった。
あ~ぁ、カンパチかい
巻き上げは電動リールに託し、無視状態で見守る(ちょっと変か?)。時々電動リールを停めながらボチボチと上がって来た。
ピッ、ピッ、ピッー・・・・・
電動リールが巻き上げ完了を告げ、最後は手巻きで巻き上げる。魚のシルエットが見えて来た。ほぼカンパチだろうと思っていても常に「ひょっとしたら?」という気持ちはある。
カンパチ色を予想しながら海中を覗きこんだ。
んnnnn、???
茶色じゃない、黒いぞ
粗末に扱ってしまったが、一転緊張が走る。
何だよ、陽に焼けた黒いカンパチかい?
とは思わない。
魚が浮き全身が見えた。
Hapupuuだ、よっしゃ~!
とワタクシ。
最終回、逆転のホームランですね? いやヒットかな?
X氏。
前回Hapupuuが釣れたのは今年の3月でX氏が釣った。X氏はHapupuuと相性がいいのかも?
Imgp0002
<Hapupuu(ハワイ名にはいろいろな綴りがあるようだ=Hawaiian grouper)。Deep-7の中でも絶対数が少なく稀少価値は一番の魚である。綺麗な白身の高級魚。実測16.75ポンド(7.6Kg)は自己記録である>

ざまぁ見ろ!KwさんのOnagaに勝ったぞ!
と自慢しても全く意味の無い比較である。
Onagaで16ポンド以上のヤツを釣ってみんしゃい
とKwさんは言うだろうか?100パーセント言うだろうなぁ~。
チッ

Fishing Report用
Hapupuu: 1匹 16.75ポンド
Kalekale: 4匹 4.4ポンド
Ehu: 1匹 1ポンド
Gindai: 1匹1ポンド
Ono: 1匹 5ポンド
Antias: 1匹 0.4ポンド
Hogo: 1匹 2ポンド

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月 1日 (月)

底物がボチボチ

コンディション:
  
  満潮: 12:54pm
  干潮: 7:07pm
  日出: 5:50am
 
  日没: 7:08pm
  風の予報(NELHA沖 @11:00am): 98mph
  波の予報(NELHA沖 @11:00am): 高さ 1.4m 周期 11 Sec
  V.V-Buoyの位置: 最北端にあり。

予定:
C-Buoyは悪いイルカがいる。復旧したばかりのF-BuoyとOT-Buoyは皆さんが”Too new”と言う。グラウンドしか選択肢がない。

実釣報告:
今日はコロラド州・デンバーからのお客さんKnさんが乗船してきた。Ysさんの仕事繋がりの人だ。Coloradoに14年、Rocky Mountainの美しい自然の中でTrout Fishing等を中心に楽しんでいる「釣り好き」との事である。私も若い頃、ColoradoのGrand Junctionに2年程住んで居た時期があるのでColoradoに対する愛着は強い。Grand Junctionに近いGrand MesaでのTrout FishingやPower Hornでのスキー等は楽しい青春の思い出である。Grand JunctionはColorado Plateauにある小さな高原の町で、冬は寒いが自然が豊かで大好きな町だった。
KnさんはBoat Fishingはあまり経験が無いらしい。さて何かいい魚が釣れるかな?釣れたらいいな。

今日はキャプテンが所用で不参加。今朝はサンドウィッチを作って送り出してくれた。
たまたま黒いポロシャツ、黒い半ズボンに摩周湖で買った(特に意味無し)黒い帽子を着ていたら、
アラッ、黒ずくめネ顔まで含めて
と言う。
大きなお世話
である。
しかし、言われた事がちょっと気になって、帽子をいつもの白いヤツに替えた。誰も気に留めるはずがない。どっちでもいいのに、、、と思ってみても、弱い男のサガだろうか?主体性の無い事この上無し、、、ではある。

さてYsさんとKnさんとのトリオでの出港である。新米キャプテンが舵を取る。
Ysさんが、
何だか、ちょっと不安ですね
と言う。
確かに
である。
今日が愛艇での通算279回目の釣行であるが、Md-キャプテン不在はほんの数回のみ。
さてさてうまく操船できるだろうか?写真も雑な撮り方になりそうで心配である。
私の課題である「キャプテン離れ」はなかなか難しそうだ!

グラウンドではまだ浚渫船が頑張っていた。チャーターボートが2~3艘流していたが盛況ではない。
魚探に中層反応(マグロやカツオ)が出たら停めるので、ジグやエサをすぐ落とせるように準備しておこう
という事で、Ysさんがジギング、Knさんがエサ釣りの準備を整えてボートを走らせる。
キンキンを流して走ってみたがアタリ無し。魚探に魚の反応が全く出ない。しばらく走ってみたが、魚の気配が感じられない。
こりゃダメだ
それならOnagaを
という事になり北上しようとしたが、穏やかな予報に反してウネリが高い。結局U-ターン、多少穏やかなPoint-33の近辺の深場(水深200~250m)でEhu(ハチジョウアカムツ)を狙ってみる事になった。Knさんは料理人で、ハチジョウアカムツやオパカパカやオナガの事を知っていた。ハワイ以外の人では、こんなマニアックな魚の名前を知っている初めてのお客さんだ。釣れて欲しいねぇ~。

さてEhu釣り開始。今日も潮は速く、余分のラインが100m以上出てしまう。コンディションは良くない。しかし、左舷のKnさんの竿にアタリがあった。大きくはない。しかしシッカリした反応はあるのでヒシダイのような魚ではない。おそらくEhuだろう、という事になったが、、、。
Imgp0001
<予想通りEhu(ハチジョウアカムツ)だった。ハワイ産のハチジョウアカムツはデンバーでも寿司ネタに使うらしい。馴染みのある魚が釣れて良かったが、腹の所から何か垂れているのがPhotogenicでないねぇ~。キャプテンが居たらYellow Cardが出ただろうに、、、>

次はYsさんにアタリがあった。
Imgp0002
<Golden kalekale(ハワイチビキ)。これも立派な白身の寿司ネタである>


Imgp0003
<何だこの人差し指は??? Knさん担当の竿で釣れた魚を、何故か船頭がしゃしゃり出て来て持ってる。上が塩焼きにすると最高と言われるSenbei fish(ヒシダイ)、下がGolden kalekale(ハワイチビキ)。一荷だった>

次のアタリは強かった。アタリがあったのは水深220~230mの場所だったが、余分にラインがでているので、エサが実際に何処に流れているかはよく解らない。
カンパチにしては水深がありすぎる
Onaga以外にこんな引きをする魚はこの深さにはいない
良型のOnagaか?
という事で船上大いに盛り上がる。
あと10m
ワクワクする瞬間である。
見えて来た
ありゃりゃ、赤くないヨ、茶色っぽい
・・・・・・・・・・・・・・
あ~ぁ、カンパチだ
チッ
全員がっかり。
Imgp0005
<Onagaでなくて残念でした。Kahala(Almaco jack=ヒレナガカンパチ)。食べごろサイズの食えないヤツだが、覚悟を決めて食えれば食える???>

Imgp0006
<Ysさんがヒシダイを釣った。これは我家で塩焼きにしよう>

その後も小さいながら、ボチボチと美味しい底物が上がった。
Imgp0007
<小ぶりながらもEhu>

Imgp0008
<Golden kalekale>

そして出たのが、Ysさん得意のヤツだった。
Imgp0009_2
<ウツボ(Viper morayではないかと思うが確信なし)。「ベタ底探りのYsさん」の本領発揮である>

Imgp0012
<可愛いEhuのダブル。本当は右のEhuの方が一回り大きかった>


Imgp0014
<良型のHogo(ヒオドシ)。あっさりした透明感のある綺麗な白身の魚である>

ぼちぼち底物が釣れているうちに海が凪いで来た。これならOnagaのポイントへ行けそうだ、と言う事になり再度北上を試みた。
そして無事ONA-3ポイントに到着。
Knさんに是非美しいOnagaの顔を見てもらいたい
と気合が入る、、、、が空回り。
結局Onagaの尊顔を拝する事はなかった。
ちょっと浅い所でOpakapakaも狙ってみたが、こちらも相変わらず不調だった。
Imgp0015
<Hawaiian deep anthias(通称アンティー)が釣れた>

今日は貧果に終わったが、こうして写真を全部載せると結構な釣果だったように錯覚する。まあいいだろう。

帰途、トローリング中にイルカの群に遭遇。かなり広範囲に広がったマダライルカ(Pantropical spotted dolphin)の群だった。その下に大型のキハダマグロを従えている可能性が高いイルカである。周りには誰もいない。早速ルアーを大物キハダマグロ用に変更。珍しく我々の独占だが、如何せんウネリが高い。ボートがドッタンバッタンする。しばらく追い掛けてみたが、アタリは無かった。こんな機会はあまりないのに、、、残念。

残念ながら、KnさんにはOnagaもOpakaもAhi(マグロ)もAku(カツオ)も顔を見てもらう事は出来なかったが、まあまたの機会もあるでしょう。Come again!

Fishing Report用メモ:
Ehu: 5匹 4ポンド
G.Kale: 2匹 2ポンド
Hogo: 1匹 5.5ポンド
Senbei fish: 2匹 0.8ポンド
Moray eel: 1匹 リリース
Anthias: 1匹 0.4ポンド

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木)

カジキふたたび

コンディション:
  干潮: 11:50am
  満潮: 7:17pm
  
  日出: 5:46am
 
  日没: 7:04pm
  風の予報(NELHA沖 @11:00am): 11 mph
  波の予報(NELHA沖 @11:00am): 高さ 1.9 m 周期 8 Sec
  V.V-Buoyの位置: 最南端にあり。

予定:
先日C-Buoyで完璧なスカを食らってから10日経った。喉元過ぎれば熱さ忘れる。そろそろまた行ってもいいかな、という気がして来た。少々不安なので知り合いのチャーターボートのキャプテンに状況を問い合わせてみたが、最近C-Buoyへは行っていないとの返事だった。また途中で虎(カジキ)が出るかも知れないが、虎穴に入らずんば虎児を得ずである(わけわからん)。当たるも八卦当たらずも八卦、取り敢えず行ってみよう。こんなケースで爆釣もあるんだよね ⇒ 多分ないだろうなぁ~。

実釣報告:
愛艇は一路C-Buoyを目指す。前回カジキの引きは十分味わったので、今日は岸の近くを流すカツオ狙いのトローリングとなった。Kealakekua Bayを過ぎたあたりから岸を離れC-Buoyに向かう。C-Buoy手前の遥か沖の方向に10艘程釣り船が集まっているのが見える。おそらくマダライルカ(いいイルカ)の群がいるのだろう。
行ってみようかな?
と心が動く。
しかし「イルカ追い」の大マグロ狙いは確率が低い。状況さえ良ければ確率が高いC-Buoyの方を選ぶ事にした。ほぼ2時間半のクルージング。
アタリなし・・・・
C-Buoyが見えて来た。
あ~ぁ、誰も居ないよ
一人ぼっちのBuoyだけが、寂しそうに波間に見え隠れしている。カヌーが1艘だけでもいた前回の方が多少はマシか?まあ大差無し。
がっかり
である。
前回の「C-Buoy was dead!」から10日が経つが、ずっとこんな状態が続いているのだろう。潮の流れが北へ変わるまでC-Buoyは死んだままなのかも知れない。
F-Buoyが健在だったらなぁ~
と思ってしまう。他に選択肢が無いのはツラい。
コラッ、早うF-BuoyやOT-Buoyを直せ!
日本だったらもっとアクションが速いのだろうが、、、。

多分ダメと思うけど、取り敢えずBuoy傍でやってみよう
3本流していたトローリングルアーの回収作業に入ろうとしたところで右舷の竿に異変。
緩めにドラグ設定(強く締めすぎて、大型のOno(Wahoo)に大事な竿受けごと全部持って行かれた苦い経験あり)したDaiwaの電動リール(タナコンブル1000)から猛烈な勢いでラインが走り出始めた。
アッタリ、ストップ!
すわー、大マグロか?
一気に期待が膨らみ、アドレナリンが背筋を駆け抜ける。
ボートが停まったところで、電動リールのレバーを倒し、巻き取りに入るが、、、
アッ、バレた
リールの逆転が止まってしまった。
チッ
確かにHookingする暇が無かった。
がっかりしたのも束の間、
アッ、カジキだよ、ジャンプした
とキャプテン。
どうもバレていないようだ。
魚がこちらに向かって全速力で泳いでいるらしい。
シャー」(卓球の福原愛ちゃんが、ポイントを取る度に”シャー”と言っているが、あれは本当は”ヨッシャー”と言っているのだと思う ⇒ 卓球の選手がよく使う掛け声である
ではあるが、またカジキとの「チカラ比べ」を考えると喜んでばかりはいられない。
電動リールが最高速でラインを巻き取るが、カジキのスピードに追い付かない。
私は他の2本の竿の面倒をみるのに忙しかったが、家政婦はミタ家政婦は大間違いで、”うちの女王様”が正しい)。
アッジャンプした。尻尾まで全身が出たよ。すごい!
魚はボートのすぐ後まで来ていて、ほんの20~30m後方でのジャンプだった。
P1210862
<キャプテン痛恨のショット。操船していたためシャッターを押すのが一瞬遅れたようだ。間に合っていたらいい写真が撮れただろうにねぇ~。あ~ぁ、、、>

私はシブキしか見なかったが、大迫力だったらしい。
よくは解らないが、大物ではなさそうだった。前回と同じような100~200ポンドクラスの一番元気のいいカジキのようだった。
危ないヨ。ボートに飛び上がってくるかも?
次のジャンプに備えて二人が身構える。そのままボートに飛び乗ってくれたら手間が省けるのだが、Bill(吻 ⇒ くちばし)で串刺しにされるのはチトいやかな?
電動リールは巻き続ける。我々は身構える。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
海は静寂を保ったままだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
竿にもテンションが掛かって来ない。
バレたか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
バレたようだ。
まあどうせリリースするんだから同じようなものか?
とは思ってはみたが、それがそうではないのだ。やはり白熱のファイトを最後までやり切ってから自分でハリを外してリリースしないと満足感が無いのだ(そんなの当たり前、だって?)。まあ、ゴルフで1回打っただけでパーちょっと楽をさせてもらった気はする。

Buoy傍にボートを寄せてコマセを撒いてみた。待ってましたとアミモンガラが寄ってくる。
お前らはいらないんだよ。向こう行け!
と言っても通じはしない。眼光鋭く(といっても元々目が小さい上に、年とともにドンドン視力が落ちてきている)水の中を高速で走る魚を探す。
1分経過、、、、
アミモンガラは大喜びでコマセを漁っている。
2分経過、、、
カツオはいないようだ。予想はしていたが残念でである。
Buoyから少し離れて水深60~80mにエサを入れてみた。
アタリ無し、、、
そのうちにアミモンガラがエサを盗り始めた。
見切りを付け、C-Buoyをグルグル回りながらカツオ狙いのトローリングをやってみたが、これも反応無し。やはり
C-Buoy is dead
なのだろう。
あ~ぁ、グラウンドへ行っていたら多分カツオは釣れただろうに、、、
と言ってみても始まらない。
弁当を食べながらC-Buoyに別れを告げる。次に来るのは潮が変わった時にしよう。

私がハンドルを握り、Kealakekua Bayの方向を目指して走る。しかし途中で気が変わった。
Kealakekuaよりもっと南で新しい底物ポイントを開拓してみよう
という事になった。真東の岸の方を見ると「Puuhonua o Honaunau National Historical Park」の白い海岸が見える。この公園の南でOpakapakaやEhuのポイントを探してみる事にした。潮が強く南に流れているようなので南の方がいいのかも、という考えである。
ポイントに着き、Opaka狙いの水深で竿を出す。駆け上がりが結構急峻なようだ。オモリが着底した。
さあ来い!
と気合を入れる。
カツオ無しの上、底モノ無しではワタシの立派なオトコがすたるのだ。
1投目の底立ちを取った直後、程良い感じのアタリがあった。
何かなぁ~?Pakaかなぁ~?
初めてのポイントで何が釣れるのか、結構ワクワクする瞬間である。
そして期待通りOpakapakaが上がって来た。
キャプテンがGPSにPoint markをインプットする。新しいOpakapaka Pointの発見であるが、もっと釣れないと、、、。
P1210865
<小ぶりではあるが立派なOpakapaka(オオヒメ)>

グラウンドやRed HillやKailua BayのOpakaが絶不調の今日この頃である。南の新しいポイントの発見は嬉しいが、如何せん港からはかなり遠い。

次もOpakaが来た。
P1210867
<ほぼ同型のOpaka。なかなかよろしい>


P1210872
<ボートが深場へDriftしてEhu(ハチジョウアカムツ)も食って来た>


P1210877
<いい型のGindai(シマチビキ)と小ぶりなOpaka(オオヒメ)>


P1210878
<良型のEhuと小型のKaleの一荷だった>

Deep-7-Bottomfishのうち4魚種があっという間に釣れた。
全部でPakaが3匹、Ehuが2匹、Kaleが3匹、Gindaiが1匹。短時間にしては上出来である。
有力ポイント昇格だ。これからはC-Buoyからの帰途、立ち寄る事が多くなるだろう。

時間が無くなって来たので、「Puuhonua o Honaunau National Historical Park」の北側へ移動して探ってみたところ重いアタリがあった。おとなしいが、時々2~3度激しく重々しく抵抗する。あまり経験した事の無い引きである。
何だろう?
ろくでもないヤツかもしらんけど、、、
まだ見ぬ相手にちょっと期待してしまう。
そして上がってきたのは、、、、、ロクでもないヤツだった。やっぱり、、、。
P1210883
<キツネベラの一種のHawaiian hogfish。あまり見栄えのする魚ではない。色も悪い、顔も悪い、食べたらまずそう。リリース>


P1210885
<これまた器量の悪いアンティー君も釣れた>

帰りもトローリングのカツオは不発だった。

港でCP-Ⅱ号のBbさんと会った。ボートにマグロの旗が掲げてあったので、
How big?
と尋ねると、指を3本突きだした?
300 pounds ?
と聞くと、
No, three tunas
という事だった。すごくニコニコしている。
How big ?
と再度尋ねる。
180、190、246
ジェジェジェ
グラウンドの北で、同時に”バン、バン、バン”の
Triple hits
だったとの事。
お客さんは(一人だけだった)船酔いでダウン。Bbさん一人で、同時に大マグロ3匹と格闘したらしい。Double hitsまでは経験があるが、Triple hitsは初体験だったとの事。3匹全部よく無事に上げたものだ。
This 246-lb Yellowfin is a new record for 2013
と誇らしげに話していた。
しかし一時は$7.00/lbまで上昇していたマグロの売り値は今や$2.00以下まで落ちている。残念だねぇ~。
I will be happy if I can sell them for $1000
との事だった。全部で600ポンドは越えるので、多分$1000はあるだろう?

やっぱりマグロにかなわん!
Bullet Headと呼ばれるルアーで釣ったらしい。
Bullet Headを買って来て、やはり本気で一度大マグロに挑戦する必要があるかな?Ysさんが居る時にやろう。

Fishing Report用メモ:
Opaka: 3匹 4ポンド
Kale: 3匹 3.3ポンド
Ehu: 2匹 4ポンド
Gindai: 1匹 2.5ポンド
Hawaiian hogfish: 1匹 リリース
Anthy: 1匹 リリース

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

たまにはいいかな?

コンディション:
  干潮: 6:56am
  満潮: 2:08am
  
  日出: 5:45am
 
  日没: 7:01pm
  風の予報(NELHA沖 @11:00am): 14 mph
  波の予報(NELHA沖 @11:00am): 高さ 2.0m 周期 8 Sec
  V.V-Buoyの位置: 先週最南端へ移動した。

予定:
もう夏だというのにグラウンドがパッとしない。潮も逆()に流れているので、今日はC-Buoyへ行く事にしよう。Steno dolphinがいなければいいのだが、、、。「なかなか思うようには・・・Part-3」になるかな??? Hope not!

重要情報!:
Shimaichi いよいよ全開。
本日から「休みなしの週 7日営業」を始めました。
今日(月)も営業しているよ!といっても、皆さんがこの記事を読む頃にはもう火曜日だわな、、、)。
という事で、今日はYsさんは準備もあってお休み。従って必要以上に大きい魚は避けて通る事にするつもり。なお、Ysさんは来週からはこれまで通り参加の予定。

実釣報告:
予定通りC-Buoyに向けて出発。少しウネリはあるが、まあこんなモノだろう。
出発直後のKaiwi PointのOno(カマスサワラ)は残念ながら不発。Onoは必要以上に大きい魚ではないのでWelcomeなのだが、、、。
ウネリが少しあるが、静かなクルージングが続く。至福の時である、、、と言いたいところだが、やはり何らかのアタリが無いと寂しい。2時間以上の静かな時が過ぎ、C-Buoyが見えて来た。
あ~ぁ、ボートが1艘もいないよ
と落胆のワタシ。
ただBuoy傍にマストのようなモノが見える。更に近づくとはっきりしてきた。
Kayak_cbuoy_201363
<Outrigger付きのKayakにマストを付けたモノだった。一人で釣りをしている。髪の毛が長いので男か女かはイマイチ判然としない。直近のHookenaから来てにしても、かなりの距離だ。ようやるねぇ~、と感心>



しかし感心している場合ではない。Steno Dolphinの姿は見えないが、他にボートが1艘もいないという事は、、、マグロやカツオがいない、、、という事か?
ガソリンの無駄遣い、という言葉がアタマをよぎる。
ああ、神も仏もいないのか!
とか思っていると、まだトローリングしていた竿にアタリがあった。
来った~、ストッッップ!!!
アタリがあったのは、本来は月曜日ならYsさん担当の右舷の竿だった。
よっしゃ~、カツオか?
と一瞬思った。
しかし、この竿には特大の大マグロ用ソフトヘッドのルアーを付けてあるのを思い出した。カツオであるはずがない。電動リールのスプール(ラインが巻かれているドラムの部分)の回転が加速度を増して行く。 
デカイぞ!
竿を手に持った時、飛び出すラインで手の皮膚が切れた。
201363
<ラインが走った痕跡が残っている。よく見ると、3回もやられているよ!因みに親指のバンドエイドは、この前ハリを刺した傷の名残りである⇒⇒ほぼ回復済み>

ボートが停まってもスプールの回転は止まらない。緩め設定のドラグを1ノッチずつ締めて行く。300m近く出た所でやっとラインが停まった。
さあ、行くぞ!
ファイト開始である。今日は大物は避けて通るはずだったのに、この張り切りようはナンなんだよ?
ジャンプしないゾ
マグロか?
よ~し!
竿をあおって魚に圧力を掛ける。魚が遠くで横に走った。
Nnnnnnnnn???
ちょっと様子がおかしい。
あっ、ジャンプした、カジキだよ
とキャプテン。私はジャンプは見逃したが、大マグロの望みはほぼ断たれた。
ガックリ
である。
しかしカジキだからといって放っておく訳にもいかない。向こうさんは必死に圧力を掛けてくる。こちらも頑張らないと失礼だ。不幸中の幸い、、、というか、3本の竿の中で一番短くて硬いしっかりした竿で強いライン(PE10号⇒120ポンドテスト)を巻いてあるのに掛かってくれた。電動リールはDaiwaのタナコンブル1000である。
完全にHookingしたようだ。キャプテンがゆっくりボートをバックさせるのに合わせて電動でラインを巻き取る。しかし先方も強いプレッシャーを掛けてくるので、電動リールがウナリを上げながら止まってしまいラインが出て行く。しばらくやり取りが続いたが、
アッ、こげ臭い
モーターがオーバーヒートしてきたらしい。
電動巻きを中止し、手巻きでのファイトとなった。Gimbal(Fighting Belt)を腰に巻く。
あといくら残ってるの?
とキャプテン。
200mくらい
とワタシ。
まだまだだね
とキャプテン。
P1210713
<老体に鞭打って頑張るA-Jack君。腰がちょっと痛いが、そんな事を言っている場合ではない>

釣れた魚を見ようとして(多分)Kayakが近づいて来る。
シッ、シッ、向こう行け
と手真似で注意しても通じない。
カジキがジャンプでもしてKayakに突っ込んで行ったら大変な事になるのに、、、危なくてしかたがない。

魚が沈み始めた。超大物ならここで万事休すだが、今回は魚がそれほど大きく無い上に、硬くて短い竿のお陰で何とか引っ張り上げる事ができそうだ。
おっかチャンのためならエンヤコラ~、、、
非常に重いが何とか上がって来ている。引っ張られた時は必死に耐える。白熱のチカラ仕事は続く。今こそ過酷な庭仕事で鍛えた(?)体力が生かされる時である。
あ~ぁ、Ysさんがいたら喜んでやるだろうになぁ~
腰痛持ちのKwさんじゃあ、何の助けにもならないだろうなぁ~」(これはイラン事でした
なんて考えながら頑張った。30分ほど経過、やっと魚のシルエットが見えて来た。小型のカジキのようだ。
P1210718
<Blue marlin(クロカジキ)だろうと思うが、私のような底物師には残念ながらBlack marlin(シロカジキ)やStriped marlin(マカジキ)との見分けが明確につかない。因みに日本では死後の色が魚の名前になり、アメリカでは生きている時の色が名前になっている。Black marlinがシロカジキとなっているのは翻訳ミスではない。特にBlue marlinとBlack marlinの識別はチャーターボートのベテランキャプテンでもかなり難しいらしく、超ローカルの新聞で話題になる事がある>

リーダーを手に巻いて手繰り寄せる。
危ない、危ない
小指でも切り取られたらヤバい。お里がばれる???(ジョークだよ
やっと魚の顔を水面から上げる事ができた。
P1210725
<激闘(という程でもなかったが)三十数分、A-Jack君の軍門に下ったカジキ君。重さはよくわからない。100ポンドか200ポンドか?>

アラ、可愛い目してる
大きなハリを刺されて可哀そう
とキャプテン。
わしゃ、それどころでないのよ・・・・・。 
四苦八苦してリリース。
アホな釣り師に釣られずに生き延びて、Grander(1000ポンドオーバー)になるんだよ
私の祈りに見送られてゆっくりと紺碧の海へと消えて行った。
今度は大マグロになって食って来いよ
と多少理不尽な願いも込めて、、、。

やっとカジキから解放されてC-Buoy傍にボートを停めた。近くのKayakの長髪のオニイさん(身体の動きからして女性ではなさそう)がジギングを始めた。こちらはBuoy傍で、刻んだカツオのハラワタを撒いてみた。ワラワラとアミモンガラが寄ってきたが、カツオやマグロの姿は見えない。もちろんムロアジも見えない。持参したかなりの量のハラワタを全部撒いてみたが結局カツオの姿は見えなかった。Steno dolphinもいないようだ。鳥は1羽だけ飛んでいた。魚のジャンプする姿も全く見えない。
C-buoy is dead
という事だろう。
水深100mくらいまでエサを落としたり、ジギングしてみたりしたがダメだった。
やはりC-Buoyは死んでいたようだ。

早々にC-Buoyは諦め、Kealakekuaへ底釣りに向かう。
KealakekuaのEhuポイントは潮が速かった。Red HillのOpakaポイントへ移動するも、釣れたのは、、、。
P1210734
<アンティー君。Hawaiian deep anthias(日本名無し)。結構な良型だったが、意味無し>


P1210736
<Lehiだ、いや大型のOpakaだ、と大騒ぎされながら(騒いでいたのは私だけだったが)上がって来たゴマテン君。こいつはいつも律義に食ってくる。そのうちに食ったろうか、コラッ!? リリース>

失意のまま帰路に着く。
キャプテンは助手席で舟を漕ぎ、私がハンドルを握りカツオ狙いのキンキンを流しながら港を目指す。Keauhouの沖まで来た時、前方で魚が1匹だけ跳ねるのが見えた。
来るかな?
余り期待せずその場所を通り過ぎた。アタリなし。
今日はホントにダメだな
とか呟きながら後の竿を確認すると、センターの竿がしなりラインが出ているではないか。
来たぁ~、ストップ
と言ってから、自分が運転している事に気が付いた。
ボートを停め竿へ走る。階段から落ちそうになりながら竿を手にしたが、ラインが緩んでしまっている。
バレた
と思った。
しかし電動リールでラインを巻き始めたら、テンションが掛かって来た。
まだ付いてるぞ
そこそこの魚だよ
その「そこそこの魚」がボートに寄って来た。
P1210738
<Aku (カツオ=Skipjack tuna)。6~7ポンドだろう>

U-Turnして2匹目を狙ったがアタリは無く、これが本日の打ち止めとなった。 

OsさんのClient(私も知っているチャーターボートのキャプテン)がOnoの切身をくれたとの事。
A-jackさんも要る?
というので喜んで頂く事に。
エセといえども一応「自称漁師」が魚を貰って喜んでいるのもナンだかねぇ~、とは思うが自分が釣ったOnoはすべて売るので、なかなか自分達のクチには入らない。久しぶりのOnoは有り難い。ご馳走様です。Onoでは返せないですけど、ゴルフ(じゃなかった、カツオかマグロで)でお返ししますね。

Fishing Report用メモ:
Aku: 1匹 6ポンド
Kala: 1匹 リリース

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

C-Buoy遠征はハズレ

コンディション:
  干潮: 9:50am
  満潮: 3:54am
  
  日出: 6:24am
 
  日没: 6:37pm
  風の予報(NELHA沖 @11:00am): 8 mph
  波の予報(NELHA沖 @11:00am): 高さ 1.4m 周期 8Sec
  V.V-Buoyの位置: 2~3日前に最南端に移動した。釣果には大して影響は
                               無いのかな?

予定:
北のグラウンド方面も海の状態は悪くは無さそうだが、今日は久しぶりに南のC-Buoyまで足を伸ばしてマグロを狙ってみる事にした。C-Buoyには最近、釣れたマグロを横取りするStenoと呼ばれる悪いイルカ(シワハイルカ)が居たという情報があったが、イルカは居たり居なかったりするので、運を天に任せて行ってみよう。

実釣報告:
往路のトローリングは不発のままC-Buoyに到着。しかし悲しいかな、期待とは裏腹にC-Buoy周辺には釣り船の姿が1艘も見えない。Stenoイルカが居るのか、それともマグロが居ないのか、どっちにしても良い状況ではなさそうだ。鳥も見えないし、魚がジャンプしている姿も全く目に入らない。Buoyの近くでコマセを撒くと、アミモンガラだけはワラワラといっぱい寄って来る。Ysさんがジギング、私はエサ釣りで様子を見るが、ともにマグロやカツオの反応無し。しばらく頑張ってみたがギブアップ、Kealakekua Bay方面へ戻る事になった。今日もガソリンと時間の無駄遣いダ!!!

途中、Kealakekua Bayの南側の斜面で底物を狙ってみる事にした。過去に何度かここで竿は出しはいるが、まだあまり開拓していないポイントである。そして嬉しい事にすぐYsさんにも私にもアタリがあった。
P1200485
<Gindai(シマチビキ)とBlueline triggerfish(アオスジモンガラ)のダブルヒット。アオスジモンガラはリリースしたが、まあ悪くない出足である>

Gindaiがもう1匹釣れた後、YsさんがOpakapakaを釣った。潮の流れは変だが、結果オーライである。
P1200488
<Opakapaka(オオヒメ)。2ポンドくらいかな?>

P1200490
<Hawaiian deep anthias(日本名不明、ハワイの固有種)。姿の綺麗な魚ではないが、結構美味しい>

P1200495
<Hogo(ヒオドシ)とGindai>

南斜面では散発的に釣れてはいたが、Kealakekua Bayの北側の斜面へ移動。
前回は訳がわからないまま良型のEhuが4匹一緒に釣れたポイントである。今日も底潮が速いようで、底立ちが取れるまでにラインが100m程余分に出てしまう。当然エサはポイントから大きく外れて着底しているはずだ。こういう時はなかなか釣れず、オモリを根掛かりさせてしまう事が多い。ただ、前回は似たような条件で、思いがけずEhuの4点掛けがあった。
今日もEhuが釣れて欲しいな
と思っていると、YsさんがEhuを釣った(写真無し)。
そして、Ysさんと私に同時にアタリがあった。
P1200509
<前回のよりは一回り小さいが、Ehu(ハチジョウアカムツ)が5匹一緒に上がって来た。なかなかよろしい>

その後、3匹追加しEhuが全部で9匹となった。

Ysさんに大物が来た。
P1200518
<Kahala(ヒレナガカンパチ)。リリース>

Golden kalikaliも釣れた。
P1200521
Golden kalikali(ハワイチビキ)が全部で3匹。Deep-7に次ぐ「準Deep-7」である>

帰途のトローリングも不発。港に近い所まで帰って来て、Kaiwi Point南の水深200~220m前後で竿を出してみた。
Hogoヒオドシ)が釣れた(全部で2匹)。

そして私に強いアタリがあった。
大型のOnagaだったら嬉しいな
Kaiwi PointでOnagaが釣れたら、わざわざグラウンドの端まで行く必要が無くていいな
ひょっとしたらMonchongかも?
いろいろ希望的観測は出たが、結果は皆さんの予想通りだった。
最後はこのカンパチが締めくくってくれた。
P1200526
<2匹目のKahala(ヒレナガカンパチ)。リリース>

C-Buoyではスカを食ったが、変な潮の割には底物はソコソコだった。

港に帰ると、私の車のすぐ近くのトラックの荷台に750ポンド(340キロ)のBlue marlinが置いてあった。デカイ!こんなヤツが本気で暴れるのだから、カジキ釣りは大変だ。

Fishing Report用メモ:
Ehu: 9匹 12ポンド
Gindai: 3匹 5ポンド
Paka: 1匹 2ポンド
G.Kali: 3匹 4ポンド
Hogo: 2匹 5ポンド
Kahala: 2匹 リリース
Anthias: 1匹 0.4ポンド
Triggefish: 1匹 リリース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

ハチジョウアカムツ4点掛け

コンディション:
  干潮: 7:56am
  満潮: 1:10am
  
  日出: 6:27am
 
  日没: 6:36pm
  風の予報(NELHA沖 @11:00am): 6 mph
  波の予報(NELHA沖 @11:00am): 高さ 2.1m 周期 6Sec
  V.V-Buoyの位置: 最北端にあり。

予定:
グラウンドが不調である。今日は南へ行き、Kealakekua BayのあたりでOpakaポイントを探ってみよう。Red HillやKailua Bayが不調の時の保険になるような場所を見つける事が出来れば有り難い。とはいってもそう上手くはいかないだろう。全般的に食いが悪い時は新しいポイントを探すのは難しい。逆に食いが立っている時は、1匹でも多く釣ろうと気が急くため、ゆっくりポイントを探している余裕などない。ジレンマである。新しいポイント探しはなかなか根気と時間がいる。誰かポイントを教えてくれる師匠的な存在の人がいたら本当に楽なのだが、、、これまた、思ったようには行かない。ジイサンが苦労して開拓し、その息子が更に新しいポイントを見つけて追加、孫へと受け継がれて行く。経験や技の積み重ねに勝るものなしである。まあ伝統芸能みたいなものか?

実釣報告:
今日も期待薄のキンキンを曳いてKaiwi Pointを越え、一路Red Hillを目指す。ちょっとウネリがあるが大事ないだろう。フライデッキの助手席に座り、キャプテンの横でゆったりと揺れを楽しむ(エッラそうに、、、すぐ酔う癖に)。至福の時である、、、。Keauhou Bay手前で、ぼんやりと見つめていた左舷の竿が突然激しく前後に揺れ始めた。アタリだ!
来たぁ~!
小さいソウダガツオ(Oioi)の口が切れないように、かなり緩めにドラグ設定したリールからラインが飛び出て行く。
大きいかも?
と言うのと同時に、後方で魚がジャンプ。またジャンプ。
最近とみに目が悪くなった(老眼)ワタシが、
Ono(カマスサワラ)かな?バラクーダ(オニカマス)かな?」
と言うと、キャプテンが、
Mahimahi(シイラ)みたいな色していたよ
と言う。多分キャプテンの方が正しいだろうと思いながら竿を持つ。ラインが150m程出ていた。ドラグを締めて電動で巻き取り開始。スンナリと寄って来た。やはりMahiだった。Mahiの場合、ギャフ掛けでスカを食ったりしてバラした事があるが、今回は幸か不幸か魚が小さい。すんなりとキャプテンが差し出す玉網に納まってくれた。
P1200413
<Mahimahi(シイラ=Dolphin fish=Dorado)。小さいながらもMahimahiの顔を見るのは久しぶりである>

知り合いのチャーターボートのキャプテンが先日、「Otaro(大型カツオ)がよく釣れた」と言っていたKeauhou沖を通過したが、Otaroからの便りは無いままRed Hillに到着。

水深150~160m、Opakapaka狙いのエサを落とす。1投目はエサ盗りにエサを盗られた。今日もPakaは留守か、と思い始めた所で、Pakaらしいアタリがあった。
よ~し、Pakaだ!
ゴマテンではなさそうね
とキャプテン。
大型のリュウキュウアカヒメジの可能性があるんだよなぁ~
期待されながら上がって来たのは、やはりOpakapakaだった。
P1200416
<Opakapaka(Paka=Opaka=オオヒメ)。割合良型だった>

さあ、今日はPaka爆釣か?
と当然思った。しばらくエサ盗りが続いた後、いいアタリがあった。
よっしゃ~、2匹目だ
と思っっていたら、どんどん引きが強くなって来た。
んnnnnn???ゴマテングパカモドキ?
時々、最初穏やかな引きなのでPakaだと思うが、途中でゴマテンの強い引きに変わる。今回も我々を騙して(先方はそんな気は全く無いのだろうが)上がってきたのはゴマテンだった。
P1200417
<ゴマテングハギモドキ(Spotted unicornfish=テングハギモドキ系の魚のハワイ名の総称がKalaと思う)>

今日はゴマテンが全部で2匹だけ釣れた。

その後、Pakaからの魚信は途絶えたままだった。
あ~ぁ、今日も貧果は続くか、、、
と思いながら、南のKealakekua Bay沖へ移動。Kealakekua Bayの北側に広がる駆け上がりで新しいポイント(と言っても、このあたりでは何度か釣りはしている)を探ってみた。
水深180~190mの中途半端な深さの底に魚探反応が出たので、エサを入れてみた。余分のラインが出ているので、実際エサが何処に落ちているかは解らない。しかし、すぐアタリがあったので結果オーライである。
P1200418
<大小のGindai(シマチビキ)とEhu(ハチジョウアカムツ)の3点掛け。ともにDeep-7を構成する高級魚である。ラインが流されていたにしては上出来の結果だ>

水深150~160mくらいの少し浅い場所に移動し、Pakaを探っていると、Pakaらしいアタリがあった。
よ~し、2匹目のPakaだ
と喜んだが、上がって来た魚は緋鯉のように赤かった。
P1200421
<リュウキュウアカヒメジ(Red weke=Weke ula=Weke nonoなど、どれが正式なハワイ名かよくわからない)。これも美味しい魚で、Kona Fishなどは喜んで買ってくれるが、大きい方が良いようだ>

また深い所へ移動。
底に反応があるよ
とキャプテン。底潮がかなり流れているようなので、その場所にうまくエサを入れるのは難しいが、取り敢えず仕掛けを落とすとアタリがあった。大きくはなさそうだが、、、。
P1200422
<Aweoweo(ミナミキントキ=Arrow bullseye)3匹とGindai(シマチビキ)の4点掛け。これくらいになると、いつも、「6本もハリが必要なの~?エサの無駄使いじゃないの~?」とキャプテンに言われている6本バリにも大いに意味が出てくるのだ!と胸が張れる>

何だか悪そうな顔をした魚が釣れた。
P1200429
<キツネベラ系のハワイの固有種。雲助顔(、、、ってナンだよ?おまえに言われたくないヨ、ってか?)? 食べてみる勇気が無い。リリース>

そういや小さいKalekale(ヒメダイ)も何かと一緒にくっついていたっけ?Deep-7の4冠達成。

Hawaiian deep anthias(日本名無しと思う)も3匹程釣れた。
P1200430
<Hawaiian deep anthias(バラハナダイの仲間のハワイの固有種)。見栄えはイマイチだが、結構美味しい魚である。Ysさんとこの従業員へのお土産としてキープ>

同じバラハナダイ属の綺麗な魚が釣れた。
P1200433
<学名がOdontanthias elizabethae。日本名も英語名も不明。かって一度釣れている>

ゴーカレ(Golden kalekale)とEhuの一荷があった。 
P1200438
<ゴーカレ(上、Gollden kalekale=ハワイチビキ)とEhu (ハチジョウアカムツ)>

水深200m強くらいの所でEhu狙いのエサを落とす。しかし300m出てもラインが止まらない。結局320mくらい出てやっと底が取れた。
ライン出過ぎ。こりゃアカンだろう。エサははるか彼方の何処かへ行ってしまっている
なんて言ったか、言わなかったか?
まあしゃーないので一応コマセを振ってみた。すると意外にもすぐアタリがあった。大きくはないがソコソコのアタリである。仕掛けを上げてまた入れるのが億劫なので、そのまま追い食い狙いでしばらく放置しておいた。魚は感心にも外れる事無くゴトゴトやっている。しばらく待って、もういいだろうと巻き上げる。320m巻きあげるのは時間がかかる。やっと上がって来た。
?」
と運転席(もちろん海の中は見えない)からキャプテンが尋ねる。
ワタクシ: 「赤い
キャプテン: 「Ehuかなぁ~?
ワタクシ: 「ほ~ら
かなり良型のEhuを引き上げてキャプテンに見せた。
キャプテン: 「うわぁ~、大きいわね!
ワタクシ: 「もう1匹いるよ、ほう~ら
2匹目のEhuもいい型だった。
キャプテン: 「一荷だ!
ワタクシ: 「まだいるよ、ほ~ら
3匹目は少し小さいが、これもまあまあの型だった。
キャプテン: 「すごい、すごい
ワタクシ: 「まだいるぞぅ~!
キャプテン: 「本当?
ワタクシ: 「本当だよ、ほ~ら
4匹目もそこそこ型の立派なEhuだった。
キャプテン: 「これだと6本バリの意味があるわね
臥薪嘗胆、やっとの事でキャプテンに6本バリの意味を認めて貰えた、、、というお話。
P1200439
<良型Ehu(ハチジョウアカムツ)の4点掛け。「Perfect 6点掛け」も射程距離内に入って来たかな?>

Ehu多点掛けの再現を狙ったが果たせないまま時間が来てしまった。

帰途はOtaro狙いのキンキンを曳いて走る。
ムロアジの反応を見てみようか?」
というキャプテンのアイデアで、Keauhou Sheraton沖の岸に近い所を走った。助手席で魚探を見ていてふと後を振りかえると、左舷の竿からラインが出ている。
ストップ!
Otaroか?
と一瞬期待したが、Otaro程大きい魚ではなかった。楽々と大した抵抗無く寄って来た、
チッ、Oioiか?
グラウンドで釣れているOioiよりは一回り大きいようだ。しかしよく見ると腹の部分に鮮明なヤイト(お灸)の跡が数個見える。
よっしゃ~、スマだ!
P1200447
<Kawakawa(スマガツオ)。人によってはホンマグロに匹敵する美味しさという。ワタシはカツオより好きだ>

途中、Kailua Bay沖のPoint-40で竿を出してみたが、Pakaからの便りはなかった。

今日は久しぶりにいろいろな魚が釣れた。数えてみると13目釣りだった。


Fishing Report用メモ:
Mahimahi: 1匹 7.5ポンド
Kawakawa: 1匹 3ポンド
Ehu: 6匹 12ポンド
Gindai: 3匹 6ポンド
Kale: 1匹 1.1ポンド
Paka: 1匹 2.5ポンド
Goleden kale: 2匹 2.5ポンド
Aweoweo: 4匹 2ポンド
Anthias: 3匹 1ポンド
Odontanthias elizabethae: 1匹 リリース
Gomaten: 2匹 リリース
Wrasse: 1匹 リリース
Red weke: 1匹 2.5ポンド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

天気晴朗なれど波高し

コンディション:
  
  満潮: 9:47am
  干潮: 4:03pm
  日出: 6:51am
 
  日没: 6:26pm
  風の予報(NELHA沖 @11:00am): 6mph
  波の予報(NELHA沖 @11:00am): 高さ 3.5m 周期 9Sec
  V.V-Buoyの位置: 最北端にあり。

予定:
予報では波が高いようなので南へ。

Dammiitt!かなり書き進んだところで、記事をセーブするのを忘れていた事に気が付いた(時々突然消えてしまう事があるので逐次セーブしておかないと危ない)。早速「保存」をクリック、、、すると画面が真っ白になり、そのままフリーズ。待てど暮らせど画面は戻らず、結局書いた記事は海の藻屑(?)となって消えてしまった。自分は正しい手順を踏んでいるのに、こんな不条理な事がアルかい?同じ事を2度書くのはアホらしくて本当に疲れる

実釣報告:
いつも穏やかな南方面も今日は波が高かった。ウネリに揺られながらRed Hill沖に到着。Opakapaka釣り開始、2投目で私にアタリがあった。
P1190833_2
<Opakapaka(オオヒメ)。2ポンド弱のまあまあの型>

順調な出足だったが、後が全く続かず。Ysさんも不調。
Red Hillから、南のUmikoaと呼ばれるKealakekua Bay沖を見ると、小さい釣り船が数隻集まっているのが見える。このポイントは海底に深い溝が走り、潮の具合しだいではマグロが集まるポイントである。おそらくマグロが釣れているのだろう、、、と思うと気になって仕方が無い。おまけにOpakaが釣れない。もう行くっきゃない!

波に揺られながらUmikoaに到着。ここは一段とウネリが高い。Ysさんが右舷でマグロ狙いの胴突き仕掛けを入れる。私は後デッキ左舷で吹き流しの仕掛けをセットし、前デッキでジギングでマグロを狙う。近くのボートでTombo(ビンナガマグロ)が上がった。おそらく30~40ポンドだろう。俄然気合が入る。
来ました
Ysさんの声がした。アタリがあったようだ。
ヨッシャ~!
と思ったが、
でもマグロじゃないです。ムロアジみたいな感じです
との事だった。あ~ぁ、残念。
P1190835_2
<大型のOpelu(ムロアジ)だった>

マグロが釣れない。私はムロアジを釣って泳がす戦略に変えてみたが、肝心のムロが釣れず。その後10艙にまで増えた周辺の釣り船にもマグロが釣れている様子は無い。結局何も釣れないまま昼時になってしまった。おまけに私は少し船酔い気味に、、、。

白身魚調達のミッションがまだ完遂していなかったので、Red Hillへ引き返し再度Opakaを釣る事になった。
Red Hillでは、まず私にゴマテンが来た(写真省略)。
そしてYsさんにカンパチ。
P1190840
<Kahala(ヒレナガカンパチ)。15ポンド(7キロ前後)くらいだろうか?リリース>

私にもカンパチが来た。
P1190845
<Ysさんのよりはだいぶ小さい食べごろサイズのカンパチ。リリース>

Opakaのアタリが無い。もう1匹ゴマテンが釣れた(記憶が定かでない)?
Kailua Bayに戻ってPoint-40でOpakaかKalekaleを釣ろうという事でRed Hillから撤収。キンキンを曳きながらウネリの中を走るが魚の気配無し。

Point-40ではまずYsさんがKalekaleを釣った。
P1190848
<Kalekale(ヒメダイ)。小さいが上等の白身魚である>

楽勝かな、と思いきやこれまた後が続かず。本命を差し置いて、外道のオンパレードとなった。
私にはゴマテン。
P1190849
<ゴマテングハギモドキ>

Ysさんにアンティー。
P1190854
<Ysさんに大型のHawaiian deep anthias(日本名無し)>

私にPapa ulua。
P1190856
<良型のPapa ulua(ナンヨウカイワリ=Island jack)。本当は美味しい魚なんだろうけど、ちょっとシガテラが心配なのでリリース>

今日は時間切れで恒例のKailua Bayのムロアジ釣りは無し。
波の高い日の釣りは疲れる。これからは休みにしよう、、、かな???

Fishing Report用メモ:
Paka: 1匹 1.7ポンド
Kale: 1匹 1ポンド
Opelu: 1匹 1.5ポンド
Kahala: 2匹 リリース
Kala: 3匹 リリース
Anthias: 1匹 0.5ポンド
Papa ulua: 1匹 リリース

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年12月27日 (木)

「御竿様」御用納め

コンディション:
  干潮: 10:15am
  満潮: 2:54pm
 
  日出: 6:56
 
  日没: 5:53pm
  風の予報(NELHA沖 @11:00am): 9mph
  波の予報(NELHA沖 @11:00am): 高さ 2.0m 周期 10Sec
  V.V-Buoyの位置: 4~5日前に南へ移動、最南端にあり。

予定:
2012年最後の釣行である。Onagaが釣りたいが、グラウンド方面はあまり穏やかな予報ではない。直接南(Red Hill+Umikoa)へ行く方が無難だろう。コナといえども冬は海が荒れ気味になるのは仕方なし。北がダメな日でも南は穏やかで、海に出る事ができ、釣りが出来る事に感謝。

実釣報告:
今日は迷わず南を目指す。トローリングのキンキンには相変わらずアタリは無い。何事もないままRed Hill沖のPoint-45に到着。

残念ながら今日はYsさんは乗船していないため、ラインがたれモツレても助けてくれる人はいない。それを覚悟で左舷右舷ともに6本バリの仕掛けを出す事にした。あわよくばOpakapakaの3点掛け以上を左右ダブルで連発、アッと言う間に30匹、、、という欲張った考えである。

1投目。左右ともにエサ盗りの小さいアタリがあり、全部エサを盗られた。今日はエサの消費が速そうだ。
2投目。またエサ盗りのアタリ。今度はアンティーが釣れた。
P1180227
<Hawaiian deep anthias。通称アンティー(わたしがそう呼んでいるだけだが)。見かけは貧相だが結構美味しい底物である。Nomさんのオヤツ用に確保したのだが、、、その将来には可哀そうな運命が待ちうけていたのだ、、、>

3投目。本日最初のOpakapakaらしいアタリが出た。
ヨッシャ~、追い食いさせるぞ!
一応合わせを入れておいて追い食いを待つ。
よ~し、来た!2匹目だ、3匹目だ」(本当は全く解っていない
1匹目が頑張って引っ張っているんでしょう?」
とキャプテン。
そうかな?」
と言っている所で強烈な引き込みがあった。もう追い食い待ちどころではない。電動リールのレバーを倒し巻き上げに掛かる。慣れ親しんだあの引きである。
あ~ぁ、アイツだよ。追い食いなんかさせずに、Opakaだけ上げれば良かったのに、、、
とキャプテン。
そして「アイツ」がOpakapakaを1匹連れて上がって来た。
P1180229
<Opakapaka(オオヒメ)とアイツの一荷>  

4投目は3投目と同じような展開となったが、引きは更に強烈だった。大型のゴマテンとOpakaの一荷かと思っていたら、カンパチが上がって来た。
P1180233
<写真にはカンパチだけしか写っていないが、Opakapakaとの一荷だった)>

そして、、、ゴマテンの爆釣は始まった。
写真は無いが、ゴマテンの一荷が左右両舷で連発。単発も続く。
ボートの下の海底はゴマテンだらけか?
と思われる(多分そうだろう)くらいゴマテンが釣れた。あっと言う間にゴマテンの「ツ抜け」(10匹以上)を達成、それでも釣れる。
たまにOpakaが混じりながらゴマテンが十数匹釣れた。もちろん記録更新である。
これだけ釣れるのが解っていたら、リリースせずに全部持ち帰ってOshima Storeへ売りに行けば良かったなぁ~
と言ってみても後の祭である。

結局Opakaは5匹程しか釣れなかった。
P1180244
<ゴマテンに混じって細々と釣れたOpaka。2.5ポンドくらいかな?>

ゴマテンラッシュに疲れたので移動。久しぶりにUmikoa(Kealakekua Bay沖)でEhuを釣ろうと言う事になった。Umikoaで3~4投落としてみたが、何も釣れず。今日はエサをゴマテンに食われて残りが少なくなって来た。港へ帰るにはまだ少々早いが、Kailua Bayまで戻ってPoint-40でOpakaかKaleを釣ろうという事で移動。
途中、一度だけキンキンにアタリがあった。小さい魚が掛かっていたようだったがバレてしまった。おそらくOioi(ヒラソウダ)だったのだろう。

Kailua BayではOpakaが1匹とKalekale(ヒメダイ)が釣れた。
P1180250
<Kalekale(ヒメダイ)が4匹ほど釣れた>

Kalekaleが釣れたところで、エサが底を突いてしまった。
早いけど、もう帰ろうか?」
と言うと、
Anthiasをさばいてエサにしたらどう?」
とキャプテン。
Good Idea
である。NomさんのオヤツがKalekale2~3匹に変身するかな?可哀そうなアンティーは船上でアバかれる事になってしまった。合掌。
アンティーは皮が硬くエサとしては上等ではないが、背に腹は代えられない。アンティーを刺した仕掛けが着底、コマセを振る、、、と、、、
オッ、来た来た
アタリがあった。しかしハリ掛かりしない。またアタリ、、、しかし乗らない。結局アンティーエサでは1匹も釣れず、エサは6個ともほぼ無傷で戻って来た。やはり固すぎて食感が悪いのかも知れない。
さあ、帰ろう。エサも無くなった
と言うと、
近くの”秘密のポイント”でジギングでもしてみたら?」
とキャプテン。
このポイントはボートで通るといつも魚探に濃い反応が出る。しかしジギングにもエサ釣り(マグロ用)にも食って来たためしがない。
今日は小物狙いのサビキ釣りをしてみよう
という事で、枝スが4号のサビキにコマセカゴを付けて落としてみた。コマセを振って2~3秒待つ。すると、、、
来た来た来た
狙いはドンピシャだった。
プルプルプル
といった感じの引きで、小型のOpelu(ムロアジ)が上がって来た。
4~5匹いる
アッ、バレた
結局上がって来たのは1匹だけだった。
P1180255
<かわいいOpelu(ムロアジ)>

そしてまたムロが釣れた。海の中をよく観察してみると、釣れたムロアジに数匹のムロアジが付いて来ているだけで、ハリに掛かっているのではない事がわかった。
その後、コマセを振ると即「プルプルプル」のムロアジ入れ食い状態となった。
P1180260
<Opelu(ムロアジ)の3点掛け>

少しでもコマセを撒くとすぐアタリがあるが、コマセを使わないと途端に食いが悪くなる。
これ、結構楽しいよ
とワタクシ。
やはり釣りは「釣れてなんぼ」のものである。小物でも入れ食いは楽しい。
この釣りはCAのFsボスが喜ぶだろうなぁ~
なんて考えながら、、、(取り敢えずオジンの方は放っておこう)。

このポイントで一年中いつでもOpeluが釣れる訳ではないだろうが、冬場なら割合確率は高そうだ。魚探には大型魚の反応も出るので、釣ったムロを生きたまま泳がせてやれば、面白い釣りが出来るかも知れない。ハワイに来て、私の好みが「美味しい魚」へと変わってしまったが、本来は「ムロ釣り」と「ムロの泳がせ釣り」が私の釣りの原点である。一度ここでトライしてみよう。マグロが釣れるか?Ulua(GT=ロウニンアジ)か?Kahala(カンパチ)か?ひょっとしたらUku(アオチビキ)か?Ono(カマスサワラ=Wahoo)も十分可能性はある。面白そうだ。

Ysさん、「ムロの泳がせ釣り」用の仕掛けを準備しておいた方がいいかもね?10ozくらいのオモリを付けて20~50mくらい沈めるので、親子サルカンに捨てオモリとハリスが2~3m。ハリスは100ポンドテストくらいかな?Onoが食ってくる可能性もあるので、ハリ近くは例のナイロンコートのワイヤーがいいかも知れない。「ビンゴ!」とくれば楽しいだろうねぇ~。

ムロアジが全部で24~25匹くらい釣れた。Ysさんが料理に使う分を引いても次回のエサには十分だろう。

さてさて、残念ながら本日の「御竿様ご用納め」の釣果そのものはイマイチにも届かなかった。しかしムロアジ釣りのポイントが特定できたのは収穫だった。来年はもうちょい幅の広い釣りが出来るかな?

Fishing Report用メモ:
Opaka: 5匹 10ポンド
Kale: 4匹 5ポンド
Kala: 13匹 リリース
Opelu: 24匹 5ポンド
Anthias: 1匹 0.2ポンド
Kahala: 1匹 リリース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

F-Buoyはハズレ

コンディション:
  
  満潮: 6:48am
  干潮: 1:51pm
 
  日没: 5:44pm
  V.V-Buoyの位置: 最北端にあり。

予定:
明後日()コナに来るMtさん用に白身魚とカツオを調達するミッションがある。今日のように北に流れる潮の場合は、サプライズがあるグラウンドが魅力的だが、南のF-Buoy/RedHillの方が当たり外れが少ないような気がする。
念のため昨日、陸(NELHA裏の磯)からグラウンド(コナ空港沖の海)の様子を確認してみた。小舟が数艘集まっていれば迷わず月曜日はグラウンド、、、と思っていたが、ボートは1艘もいなかった。この時点で南のF-Buoy/RedHill方面行きが決定した。

実釣報告:
港の出口からすぐ南のKaiwi Pointにかけて結構波が高かった。Kailua Bay沖のPoint-40付近で右折、V.V-Buoy横を通ってF-Buoyへ向かう。トローリングは不発、V.V-Buoyを過ぎたところでキンキンは引き上げ、ボートのスピードを上げる。しかし岸から離れるに従って波が高くなって来た。小舟を1艘追い越した。F-Buoyを目指しているのだろう。Buoyは潮の流れによって大きくその位置を変える。今日のF-Buoyは一番北に流れているはずだ。最北端の定位置に近づいた。6個の目(うち2個はかなり小さいが)が懸命にBuoyを探すが、Buoyは見つからない。今日のように波の高い日は、Buoyが波間に隠れてしまい、周辺にボートがいないと極めて見つけにくい。ウネリは周期が長いがかなり高い。
F-Buoyはもっと南に居るのかなぁ~?おかしいなぁ~
ということで左折し、南方面の捜索を始めた。するとYsさんが、
あれ違いますかねぇ~?」
と後方を指差す。確かに波の谷間に時々Buoyらしいものが見える。反転しその方向を目指す。近づいてみるとやはりF-Buoyだった。もちろん他にボートは1艘もいない。再びキンキンを入れ、Buoy横を走り抜けると、Ysさんの声がした。
来たぁ~!!!ストッッップ!
まあまあのサイズのようです
カツオだった。私が他の竿のラインを巻き取っているうちにカツオは船べりまで寄って来た。Ysさんが引き抜こうとした瞬間ハリが外れた。私が玉網を持ってすくいにかかっていればバラシにはならなかったのに、、、。
まあいいや、この調子ならまた食ってくるだろう
とトローリングを続行。他にボートが2~3艘やって来た。波は高いし2匹目が食って来ない。他のボートはちょっとトローリングしただけで帰って行ってしまった。当方は折角ここまで来たのだから、という事で私がエサ釣り、Ysさんがジギング開始。 しかし釣れない。
波が高いし、心なしか風も強くなってきた気がする。そんな中、誰か(自分だったかも?)が、
大きな魚が跳ねた
と言う。
スワッ!大マグロか?
また6個の目(うち2個は小さい→くどい)が海原を探す。ヒレが見えた。
やはりマグロか?」
と思ったが、、、真相は、
アイッタタタタ~!イルカだよ、チッ
大マグロとおぼしき魚は極悪非道のイルカ(多分Stenoだろう)だった。観察していると結構数も多い。全員がうちのボートを目指して飛ぶように泳いで来ている感じがする。
何処かへ出張していたのがあわてて帰って来たんでしょうかねぇ~?
とYsさん。こうなると
万事休す
である。
イルカは釣れたマグロやカツオを決して見逃してはくれない。既にボートの近くに待機して、舌舐めずりをしながら()準備運動を初めている不届きなヤツもいる。イルカはサメより俊敏で賢いので、この状態では他に選択肢は無くなる。悪天候にイルカがとどめを刺した感じで、迷う事無くF-Buoy撤退を決定した次第。
こうなってみると、
あ~ぁ、あのカツオが惜しい。他の竿は放っておいて玉網を構えているべきだった
と後悔の念に苛まれる事になる。
後悔先に立たず」  
である。

F-Buoy大ハズレで、Red Hill沖のOpakapakaポイントへ移動。
今日はだいぶ時間があるので、20匹くらいは釣れるかな?」
との皮算用。
1投目、2投目、Ysさんにも私にもエサ盗りのアタリしか出ない。
今日はOpakaはいないのか?
と、ちょっと気持ちが沈む。
3投目、Ysさんに強いアタリがあった。手持ちで巻き上げながら、
Pakaにしてはちょっと強い感じですね
とYsさん。そして上がって来たのは、、、、
P1170796
<ご存知ゴマテングハギモドキ。Oshima Storeで売っているぐらいだから美味いのだろう。「Mtさん用に本日のSpecialで出してみよう」と私。しかしYsさん却下で、涙のリリース>

その後私にアタリがあった。追い食い狙いで放っておくと竿先のモゾモゾが無くなった。
しまった、バレたか?
と思っていると、またクイックイッという反応が戻ってきた。
上げるべきか?それとももっと待ってPerfect6点掛けを狙うか?」
心チヂに乱れる(いつもの事ではある)。
キャプテンが、
バレる前に早く上げたら!
と言うので、心の乱れにいつも追い打ちがかかる。
さて、今回の我慢も限界に達したので巻き上げる。
P1170797
<Opakapaka(オオヒメ)の一荷。かなり我慢して2匹じゃ大いに不満だが、、、しゃーない、ヨシとしよう。これで少なくともMtさん用の白身魚は確保できた。一安心である>

その後は、ハリに乗らないエサ盗りが暗躍するだけで、Opakapakaのアタリは途切れてしまった。何故だろうと思うが、よくある事である。なろう事なら一度Opakapaka自身に話を聞いてみたいものだ。
オッチャンよぅ~、俺たちもソコソコ忙しいんだよ。ヒマ人の相手ばかりしている時間はネェんだよ
とでも言うかな?

この辺りでOnagaが釣れたらいいのにねぇ~
と言いながら、Point-45のちょい沖の深場(220m程度)へ移動。基本的には、最近トンとご無沙汰気味のEhu(ハチジョウアカムツ)狙いである。さあ釣り開始。そして着底と同時にYsさんにアタリがあった。
Ehuかな?
堅実なYsさんはすぐ巻き上げにかかる。
私にもアタリがあったが、私は当然追い食いを狙って我慢、我慢、我慢の子。Ysさんの魚が上がって来たところで私も巻き上げレバーのスイッチを入れる。そして右舷へ移動し、
今回はYsさんの横で真面目に玉網を構えて魚をすくう態勢に入る。
赤いか?」
と思っていると、シルエットは黄色かった。
んッ???Gindaiにしてはちと深いが?」
上げてみて納得。そういや、しばらくのご無沙汰で、こいつの存在を忘れていた。
P1170804
<うやうやしく、”ハイMtさん、Golden kalekale(ハワイチビキ)でございます”。Deep-7に準ずる高級底物、寿司も刺身もOKの白身魚ですよ>

しばらくして私の方の魚が上がって来た。
ウワッ、真ッ黄色だ!
まず1匹、そして2匹目、、、、3匹、4匹
黄色い4点掛けだった。ほぼ満足だが、出来る事なら「パーフェクト6点掛け」にして欲しかった。
P1170801
<Golden kalekale(ハワイチビキ)の4点掛け。まあまあかな?>

その後、短時間ながらGolden kalekaleを4匹追加。Golden kalekaleは全部で9匹確保。

大分時間も経過したので、再度Opakapakaポイントに戻ってみる事にした。
そしてOpakaポイントでは単発でOpakaが釣れた。
P1170812
<3匹目のOpakapaka(オオヒメ)>

当初の”Opaka20匹の皮算用”は何処へやら。この3匹目が本日最後のOpakapakaと相成ったしだい。

ベタ底師のYsさん」がベタ底から珍しい魚を上げた。 
P1170818
<形はMenpachi(アカマツカサ=Blotcheye soldierfish)と同じで、ヒレの白い縁取りも同じだが、体色とヒレの色が異なる。初めて目にする魚だが、多分キビレマツカサ(Yellowfin soldierfis)だろうと思われる。WEB魚図鑑に問合わせ中>

キビレマツカサと一荷で上がって来たHawaiian deep anthiasは、すごく貧相に写っていたので(実物も貧相ではある)写真は載せず。次回綺麗に写った時に載せさせてもらおう。

帰りのトローリングもPoint-48でのエサ釣りとジギングも不発に終わった。
結局Mtさん用のカツオは確保できず、ゴメン。最初の1匹の船べりバラシが悔やまれる。

Fishing Report用メモ:
Opaka: 3匹 4.5ポンド
Golden kale: 9匹 12ポンド
Gomaten: 1匹 リリース
Menpachi: 1匹 0.2ポンド

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

5点掛け

コンディション:
 
  満潮: 8:21am
  干潮: 3:59pm
 
  日没: 5:47pm
  V.V-Buoyの位置: 依然として最南端にあり。

予定:
2週間のご無沙汰である。やはり週2回は行かないと、ナンだか体調が狂いそうだ、、、。潮の方向の指標となるV.V.Buoyは南に流れたまま、この潮ではグラウンドでのマグロは期待出来ないだろう。今日は波も少々ありそうな雰囲気なので、北は諦め南のF-Buoyに行ってみようか。いずれにしても久しぶりの釣りに少々入れ込み過ぎの感あり。入れ込み過ぎるとロクなことは無いのだ、、、。

実釣報告:
F-buoyへ行くつもりだったが、出発前に港でYsさんの知り合いが、”昨日はF-Buoy近辺は荒れていた”みたいな事を言っていたので急遽行先をC-Buoyに変更した。途中、割合海は穏やかだったが、そのままC-Buoyへ。トローリングにはアタリ無いままC-Buoy到着。C-Buoyでは1艘だけ小舟がトローリングをしていたが、すぐ居なくなってしまった。
C-Buoy独占!
は良い兆候ではない。
Buoyの近くにボートを停めると、早速アミモンガラがワラワラと寄って来た。カツオのハラワタを投げてみるが、カツオやマグロの姿は見えない。アミモンガラがウジャウジャ、バチャバチャするのみ。
小さいカンパチがいる
とYsさん。しかしアミモンガラをかわして小カンパチを狙うのは至難の技だろう。数が違う。

私はジギングで釣り開始。鳥は飛んでいないし魚のジャンプも見えない。望みは薄そうな感じだ。1投目、
ビシッ、ビシッ、ビシッ、ビシッ
と4~5回シャクッたところで、
ガッツ~~~ン
と来た。
当然モンガラのアタリではない。結構走る。やっぱりいいなぁ~~~。これだから釣りはやめられまへん。
よっしゃ~、マグロがいるぞ!
時々ラインを出されながらも順調に上がって来たが、水面近くで激しく横に走った。
ありゃりゃ、こりゃマグロじゃないかも?」
一瞬、Mahimahi(シーラ)かなと思ったが色が違う。そしてそれはOnoだった。
P1170025
<可愛いOno(オキサワラ=カマスサワラ=Wahoo)だったがまずは上々の出足。Onoの刺身や寿司も悪くない。煮物なども結構いけるはずである> 

すぐYsさんにもアタリがあったが、こちらは明らかにモンガラの引きだった。
P1170030
<斑点が綺麗なアミモンガラ(Spotted Oceanic triggerfish)。遠洋性のモンガラなのでシガテラ毒の心配は無い。一度食べてみたいとは思うのだが、何故か今日もリリース>

C-Buoyでしばらく頑張ってみたが、結局マグロとカツオの存在は確認できず。
諦めてRed Hillまで戻ってOpakapakaを釣る事にした。Red Hill 沖の水深150~160m、Ysさんのエサが着底するかしないかのうちにアタリがあった。Opakaらしいアタリである。
P1170034
<Opakapaka(オオヒメ)。1.3~1.4ポンドかな?小ぶりだが順調な出足だ>

私にもOpakaが来た。
P1170037
<Opakapaka。Ysさんのより少し大きい>

Opakaの出足が快調である。今日は「Opakapaka爆釣」かと思ったら、ゴマテン君が水をさした。連ちゃんで私にゴマテン(写真無し⇒キャプテンの魚種差別である)。
外道ハンターに得意の外道が続く。
P1170040
<Hawaiian deep anthias(日本名無し)。小さいがYsさんが得意とする美味しい底物である>

ナンだか重いけど全然引きません
とYsさんに言われながらHogoが上がって来た。
P1170044
<良型のHogo(ヒオドシ=Large-headed scorpionfish)。普通はもっと深いOnagaポイントで釣れる魚。こんなOpakaポイントで釣れるのは稀。これも歓迎される外道ではある>

最初バタバタと釣れたOpakaからの魚信が無い。少し場所を移動したがダメだったので、結局Kailua Bay沖のPoint-40まで戻る事にした。
ここPoint-40では最近Kalekaleが釣れている。すぐYsさんにアタリがあり、予想通りKalekaleが上がって来た。
P1170049
<Kalekale(ヒメダイ)>

私の竿にもアタリがあったが、玉網でYsさんの魚をすくうのに忙しく、そのまましばらく放置しておいたところ、Kalekaleが3匹とヨスジフエダイの4点掛けで上がって来た(ヨスジ君は水面近くで逃亡)。「待ちの追い食い作戦」成功である。
P1170052
<Kalekale(ヒメダイ)が3匹>

3匹の写真を撮っていると、Ysさんが、
あそこにKalekaleらしい魚が浮いていますよ
と3時方向を指さす。早速ボートを寄せて玉網ですくうと、それもKalekaleだった。
そうか、5点掛けだったんだ!
Kalekale4匹とヨスジフエダイ1匹の「5点掛け」は新記録である。「Perfect 6点掛け」までもう一息だ。もう、
ハリ 6本も付けてナンするの?」
とは言わせないゾ。
近いうちに「Perfect 6点掛け」達成間違いなし。要するに、アタリがあっても上げずにそのまま放置しておいて、4~5分程度他の事をやっていればいい訳である。次はOnagaで試してみよう。Onagaの6点掛けは迫力あるだろうなぁ~、、、とは思うが、Onagaは引きが強いし、バラすとかなりもったいない。我慢できずに1匹だけで上げてしまう可能性大ではある。

結局Kalekaleが全部で7匹釣れた。

そうこうしながらも外道ハンターは、しっかり「外道中の外道」を上げていた。
P1170065
<Ysさんが上げたオキナワノコギリウツボ(Elegant moray)>

帰りにKaiwi Point沖で、前に「伝説の底物師・Hrさん」が釣りをしていた場所の近くで竿を出してみた。水深は200mを遥かに超える。かなり深い。何が釣れるのか?しばらくアタリはなかったが、それは突然やって来た。 
私の竿の先端が海面向けて突っ込んだ。
来たぞう~!
大きいが、締めたドラグからどんどんラインを出す程ではない。想像をたくましくさせるのには丁度いい感じの引きだ。
Monchong(チカメエチオピアかヒレジロマンザイウオ)か?
それとも
Alfonsin(ナンヨウキンメ)か?
はたまた
オナガか
ここでオナガが釣れたら、港に近くて最高なんだけどねぇ~
と期待が高まる。横では、
カンパチだよ
というヤカラもいたが、、、無視。
手持ちで丁寧にポンピングしてアシストする。数分後、上がって来た、、、。
赤くないよ
と誰かが言う。これでオナガとナンヨウキンメの線は消えた。ガッカリ。
黒くもない
Monchongでもなさそうだ。 
茶色いよ
とYsさんが言う。
そんなはずはない!」 
と思うが、、、俄然不安が広がる。
魚が水面下2~3mの所まで上がってきた。
やっぱりカンパチだよ
という誰かの声が虚ろに聞こえた。あ~ぁ、、、、。
P1170070
<思ったより大きいヒレナガカンパチだった。日本ならこいつ1匹で胸を張って帰られるのに、、、、>

ナンだよ、伝説のHrさんは、ここでカンパチ釣ってたのかい?
、、、てな事はないはずだ。
謎の解明は次回に回して、本日の釣りはこれでおしまい。

Fishing Report用メモ:
Ono: 1匹 5ポンド
Kale: 2匹 8ポンド
Paka: 2匹 2.4ポンド
Triggerfish: 2匹 リリース
Anthias: 2匹 0.6ポンド
Elegant eel: 1匹 リリース
Kala: 2匹 リリース
Kahala: 1匹 リリース
Hogo: 1匹 6ポンド

| | コメント (0) | トラックバック (0)