マグロ(キハダ・小型)

2013年7月 8日 (月)

Floater(漂流物)にて

コンディション:
  干潮: 10:02am
  満潮: 5:15am
  
  日出: 5:52am
 
  日没: 7:07pm
  風の予報(NELHA沖 @11:00am): 12 mph
  波の予報(NELHA沖 @11:00am): 高さ 1.3m 周期 11 Sec
  V.V-Buoyの位置: 最北端にあり。

予定:
前回はグラウンドのカツオがダメだったので、今日はC-Buoyへ行く事に決めていた。C-Buoyもスカの可能性は高いが、行って見ない事にはわからない。

実釣報告:
Kaiwi PointのOnoは不発、V.V.Buoy横をかすめて1000Fathomラインを目指す。
運転席の横に座り、穏やかな海の快適なクルージングを楽しむ。
Md-キャプテンがこちらを見つめている。見つめられるほどの顔はしていないはずだが、、、。
突然、
鼻の穴に何か付いてるよ
とキャプテン。
私が右の鼻をこすると、
違う違う、左の中の方だよ
と言う。
鼻の穴が天向いてるので、中までよく見えるね
だと、、、。
わしゃ、北島のサブちゃんかい?
他愛ない会話をかわしながら沖の方を見ると、釣り船が10艙近く集まっているのが見える。
イルカを追い掛けてるのかな?行ってみる?
とキャプテン。
今日はYsさんが所用あり不参加。大きいマグロは釣りたくないが、
取り敢えず行って様子をみてみよう
という事になった。
場所的には、F-BuoyとV.V.Buoyの中間くらいの所のようだ。
イルカを追いかけているのにしては、船団に殆ど動きがないようだねぇ~
ナンだろう?
近づいてみると、船団の中心近くにFloater(漂流物)があった。
P1220509
<ビッシリと貝殻の付いた、かなり長い間漂流しているらしい丸太。これに魚が付いているようだ>

日本から流れて来たのかしら
とキャプテン。
どうだろうねぇ~???
とワタシ。

早速このFloater(漂流物)に向かってエサを投げてみた。
一度巻いたところで
来た!
いきなりアタリだ。
しゃ~!
でも小さい。小さいカツオかな?
とは言ってみたが、引きがチト怪しい。
順調な滑り出しかな、と思ったが、、、それほど順調ではなかった。
P1220487
<モンちゃんだった。アミモンガラ(Spotted oceanic triggerfish)。陸から離れたブイや漂流物等に付く遠洋性のモンガラカワハギの仲間である。こいつがいるとエサ釣りの邪魔をされる>

試しにカツオのハラワタを撒いてみると、アミモンガラばかりが何十匹もワラワラと寄って来た。
こりゃダメだ
取り敢えず深い所へエサを入れてみたが、モンガラらしいアタリがありエサを盗られた。
エサ釣りはギブアップである。
近くのボートでジギングでマグロらしい魚を釣っているのが目に入った。
こんな時はジギングしかない。
ジグを落とすと、いきなり
アッタリ~!!!
だった。
2~3度強くHookingを入れて、しっかりハリ掛かりした時点でマグロ君が異変に気付く。
こりゃいかん
と言う事で必死になって逃げようとする。
リールのスプールが逆転を始め、
ビシッビシッビシッ
という音を立ててラインが出て行く。
何度も書くが、ジギングでマグロが掛かったこの瞬間が釣りの最高の醍醐味のように思える。
ラインはすぐ停まった。CA州での修理から戻って来たばかりの「Daiwa Seaborg 750MT」のドラグはシッカリしている。大きくはなさそうだが、引きはなかなかのものだ。
This is tuna
である。
P1220494
<まずは一丁上がり。久しぶりのジギングでのマグロだ。血を抜きアタマと尻尾を切り取って神経ジメを施す>

次は型のいいKamanu(ツムブリ=Rainbow runner)が船べりまで上がって来てバレた。ちょっと残念だったが、まあいいだろう。

ジグを落とすとまたすぐアタリがあった。
こういう展開では、
今日は爆釣かな?際限なく釣れるかも???
と思うが、決してそういう事にはならないのだ。
同型のマグロが上がった。
P1220503
<2匹目のマグロ>

血抜きをしてアタマと尻尾を落とし神経を抜くのはちょっと時間が掛かる。私がこの作業を行っていると、
「時間がもったいない
という事で、Md-キャプテンがジギングを始めた。
するとすぐ、
来たよ!
の声。
キャプテンのゆっくり目のシャクリのリズムがジギングに合っているのだろうか、これが結構よく釣れるのだ。船べりまで寄って来たマグロが、左右に走って最後の抵抗を試みる。これを問題無くさばき、私の出した玉網にマグロが収まった。
P1220521
<ジャジャ~~~ン、出たか月光仮面。3匹目のマグロだ>

P1220522
<4匹目はちょっと小ぶりながら流線形の綺麗なマグロだった>

私の神経ジメ作業中に、キャプテンがOnoを釣った。
P1220524
<キャプテンが釣ったBaby Ono(カマスサワラ=Wahoo)。帰ってからShimaichiでYsさんが寿司にしてくれたが、結構好評だった>

そして私にもOno。
P1220527
<大きく見えるがほぼ同サイズのOno。このOnoを食ってやろうと(ちょっと無理があるぞよ?)大きいMahimahiシーラ)が追い掛けて来た。ジグを投げてみたが釣れず。そのうちに居なくなってしまった。残念なり!!!>

周辺のボートも似たようなサイズのマグロを上げている。
カツオが欲しいよね
とキャプテン。
そしてまた釣れたが、これもマグロだった。
P1220529
<5匹目のマグロ>

時間も無くなり、このあたりでFloaterに別れを告げる事にした。
結局C-Buoyには行けなかったが、まあヨシとしよう。

白身魚調達のためKealakekua Bayへ移動。
まずGolden kalekaleが釣れた。
そしてカンパチ。
P1220534
<深い場所でのアタリだったので、ひょっとしたらカンパチではないかも?と期待したが、やはりカンパチだった>

Ehuが1匹だけ釣れた。
P1220536
<Ehu(ハチジョウアカムツ)>

Golden kalekaleが全部で3匹。
P1220538
<Golden kalekale(ハワイチビキ)の一荷>

Red HillのOpakaポイントへ移動。
Kalekale(ヒメダイ)が2匹釣れた。
P1220540
<ヒメダイ(Kalekale)>

当然ながら()ゴマテンも釣れた(写真無し)。

帰途、Keauhou Bay沖とKailua Bay沖でカツオを釣りたかったが果たせず。
その代わりという訳ではないが、シーラが釣れた。
P1220543
<Baby Mahimahi(シーラ)。リリース>

Mtさんタタキ用のカツオが1匹も釣れなかったのが心残りの釣行だった。

釣りから帰って来てから送ってくれたキャプテンからのE-mail(このブログ用の備忘録を送ってくれる)には、
あ~~~~~疲れた~~~!~!~~!
と書かれていた。
感謝、合掌。



Fishing Report用メモ:
Ahi: 5匹 30ポンド
Ono: 2匹 8ポンド
Ehu: 1匹 1ポンド
Kale: 2匹 1.5ポンド
G.Kale: 3匹 3ポンド
Mahi: 1匹 リリース
Kahala: 1匹 リリース
Gomaten: 1匹 リリース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月27日 (木)

巻いて巻いて巻いて!

コンディション:
  
  満潮: 8:19am
  干潮: 1:26pm
  日出: 5:49am
 
  日没: 7:07pm
  風の予報(NELHA沖 @11:00am): 11 mph
  波の予報(NELHA沖 @11:00am): 高さ 1.5m 周期 13 Sec
  V.V-Buoyの位置: 最北端にあり。

予定:
前回はグラウンドの浚渫工事(NELHAの敷地内で、海洋深層水から飲料水を造っている「Koyo」という会社関連の工事らしいが、詳細は不明)のお陰で(かな?)カツオが1匹も釣れなかった。昨日、陸から確認しところ、まだ浚渫工事船は頑張っていた。しばらく時間がかかるのだろう。
という事で今日はグラウンドはパス。前回スカをくらったC-Buoyへ行ってみようと思ってC-Buoy情報を集めてみたが、情報錯綜で訳わからん事になった。

情報その1:「C-buoyにはSteno Dolphin(悪いイルカ)がいて、マグロはいないよ
        これは港で、見た事無いオジサン(多分日系)が教えてくれた。
        これがまず最初の情報(一昨日)だったので、ちょっとガッカリして
        しまった。
情報その2:「100ポンドオーバーを3匹バラした。3匹だよ、3匹!
        これは、一昨日釣り船にガソリンを入れているオニイさんに聞いた。
        後で考えてみると、「シーブイ」と「シビ」を聞き間違っていたような
        気がする。因みに「シビ」は日本語でマグロの事だが、ハワイでも
        使われる。私の「C」の発音が悪かったかな?
情報その3:「C-Buoyにマグロは居るよ。Stenoはいない
        昨日港で良い情報が入った。知り合いのキャプテンの情報だ。
情報その4:「C-Buoyには小さいマグロが居る
        と、昨日釣り具屋のオニイさんが言っていた。

皆さんそれぞれ自信満々で言ってくれるから、どれを信じていいのか困ってしまう。
昨日も海に出ていた「情報その3」のキャプテン情報が一番精度が高いように思われる(ワタシの希望的観測も含めて)。
C-Buoyへ行ってみよう。海は穏やかそうなので、少なくとも往路は気持ちのいいクルージングにはなるだろう。午後は多分風が出てくる。

実釣報告:
今日は香川県在住のTkさんが乗船してきた。釣りが大好きで、コナでは友人のボートでNabeta(ホシテンス=ベラの仲間でウロコごと唐揚げにすると美味)、Uku(アオチビキ=トカラ列島ではよく釣れる中型魚)、Ono(カマスサワラ=Wahoo)などを釣りに行った事があるらしい。
何かいい魚が釣れたらいいねぇ~。
残念ながらゴルフの上手な奥さんのKkさんは船酔いするため自宅待機である。

C-Buoyを目指して南下。Kaiwi PointのOnoレーンから、Kailua Bay沖のカツオレーンを走る。予想通り気持ちのいいクルージングだ。今日は釣り船が多い。トーナメントでもあるのだろうか?
私はキャビンの中で、せっせと仕掛けの準備をしていた。
来たよ!
キャプテンの声と共にボートが減速した。
私が左側の竿の方に動くと、キャプテンが、
右だよ。でもバレたかな?
と言う。ダブルヒットだったようだが、右側(左舷)の竿には魚の反応が無くなっている。取り敢えず右舷の竿を持ち応対開始。ふと左舷の竿の先を見ると魚の反応が戻っていた。
バレていなかったようだね
Tkさんが左舷の竿でファイトの態勢に入る。
魚探で海面近くに反応が出ていたので、来るかなと思って振り返って竿を見たところアタッていた
とキャプテン。
大きくはないが、結構チカラは強い。ラインが交錯し、もつれそうになったが何とか回避。キャプテンの差し出す玉網に収まったのはカツオでなくマグロだった。
P1220282
<小ぶりながらマグロのダブル。写真を撮る前に神経ジメ用にアタマを落としてしまった。どちらかと言うとカツオの方が良かったが、まあ悪くない出足である>

魚をボートに揚げながら海の中を見ると、下の方でマグロらしい魚が数匹走っているではないか。
マグロがいるぞ!
釣れた2匹のマグロからハリを外し、取り敢えず血抜きを施しておいて、コマセを投げ入れてみた。こんな事はあまりないので段取りが悪い。
釣れた魚なんか放っておいて、モタモタしないですぐエサを入れないとダメよ!
とまた誰かに言われそうだ。
結局対応が後手に回り、マグロの姿は消えてしまった。
その後はアタリの無いままC-Buoyが見えて来た。4~5艘の釣り船がC-Buoyに付いている。まあまあチャンスはありそうな感じだったが・・・・・・・・突然、
アッ、イルカがいる!
というキャプテンの声が聞こえた。
確認すると結構な数のイルカがいる。
あ~ぁ、ガックリ
である。
Buoy傍の小さいボートでアクションがあった。何かが釣れているらしい。イルカがボートに向かって急行している。オニイさんが死に物狂いでラインを手繰っている。イルカとの競争だ。
頑張れ、おニイちゃん!
危機一髪セーフだった。マグロがボートに揚がった。イルカが噛みつくにはマグロが少々大きすぎたのかも知れない。あるいはオニイさんの手繰るスピードに軍配が上がったか?
我々も頑張ればイルカを回避するチャンスはあるのかもしれない。いいものを見せてくれた。
間違いなくマグロはいる
まずBuoy傍でカツオのハラワタを投げてみたが、アミモンガラすら寄って来ない。イルカが居る時は、カツオやマグロが海面まで浮上してくる事はないので、まあこれは当然だろう。
水面へ上がってくるカツオやマグロをフカセで釣るのが一番楽しいんだけけどねぇ~
と言ってみても詮無き事である。

左舷でTkさんがエサ釣り、右舷で私がジギング開始。始めた直後、
あっ、来た!
とTkさん。しかし、
外れた
また来た
また外れた
ちょっとおかしい。マグロやカツオなら一気に食い込むはずだが、、、、、?
右舷でジギングをしていた私にアタリがあった。しっかりHookingして、ファイトの態勢に入ると同時に竿が激しく絞り込まれた。
デカイぞ!
と思った瞬間、フワリと軽くなった。
あ~ぁ、やられた
釣れたマグロかカツオに、間髪をいれずイルカが食い付いたという事だろう。
上げてみると何も残っていなかった。

再度ジグを落とす。シャクリ始めるとすぐまたアタリがあった。
巻いて巻いて巻いて!!!
と言ってもそう簡単には巻かしてくれない。向こうさんも命が掛かっているので必死だ(と思うが尋ねてみた事はない)。ドラグを締め、電動と手動両方で巻く、、、、、が強烈な絞り込みが来た。
アッ、またやられた
とキャプテンが言うのと同時に軽くなった。しかし軽くはなったが、何かお土産を残してくれたのか、一応の重みはある。さて何が上がってくるのか(かなりの精度で予想はできたが)?
P1220288
<上がって来たのは、予想と寸分たがわないいつものこれだった。残念なり!>

その後もアタマと胃袋だけが上がってきた。強盗イルカ3連発である。

そうこうしているとキャプテンが、
イルカの姿が見えなくなったようだけど、、、
と言う。
確かに360度見回しても、イルカがRollingする姿は見えない。
チャンスかも?
ジギングの方が食いが良さそうなので、交代してTkさんがジギングに挑戦。

エサで釣れないのはおかしい
と思い、ハリスを20号(普通は20号で十分食って来る)から12号に落とし、ハリを小さくしてエサも小さくしてみた。
するといきなり、
来たぁ~!
やはり大物も視野に入れた仕掛けが大きすぎたようだ。
周囲に釣り船は居なくなった。イルカは見えないが、もしいればピンポイントで狙われる。集中攻撃を受けると逃れる道は無い。
さあ勝負
巻いて巻いて巻いて!!!
電動リールがうなり、手首が全速で回転する。大分上がって来た。
ひょっとしたら本当にイルカは居なくなったのかも?
そして魚は無傷で無事上がってきたのだった。
P1220292
<カツオ君はイルカにやられる事無く無事上がって来た>

エサ釣りでも釣れる、という事でTkさんがエサ釣り、私がジギングに変更。ラインがもつれて二人が掛かりきりになっていると、キャプテンが運転席から降りて来た。
時間がもったいないので私がジギングしてみようかな?
と言いいながらジグを落とす。
来たヨ!
本当に2シャクリ目か3シャクリ目にいきなり来たらしい。いつもチョンの間ジギングだが、これが結構釣れるのだ。
キャプテンがファイトの態勢に入った、、、、が、
あっ、バレた。Hookingするの忘れてた
との事だった。
あ~ぁ、せっかくイルカが居なくなってくれたのに、もったいない。

アッ、やっぱりイルカはいる
というキャプテンの声。
あ~ぁ、早や戻って来たんかい。何処かでもっとゆっくりしてくればいいのに
エサ釣りに変更したTkさんにアタリがあった。
そして上がって来たのは、、、、またもやこいつだった。
P1220294
<お馴染みのアタマと胃袋>

小針と小エサ作戦成功で、またTkさんにアタリだ。
巻いて巻いて巻いて!!!
P1220298
<電動リールのモーターがウナる。同時にTkさんの右手が、親の仇にでも遭遇したかのように”これでもか”と回転する。ゴルフで300ヤード近く(ちょっと誇張が過ぎたかな?)飛ばすLong Hitterの腕力の見せ所だ>

あと10m
魚が見えて来た。
Tkさんがイルカに勝った!
と思ったのも束の間、
あっちゃ~、イルカが傍に居るぞ
巻いて巻いて巻いて!!!
Tkさんの足がすべり、右手がズッこけた。
いかん、やられる~
Tkさん、正念場である。汗が額から滴り落ちる。
私の手がリーダーに手が届いた。私が必死でリーダーを手繰る。たかがマグロ1匹のために、二人の年寄り(失礼)が、なんでこないに苦労せんといかんのじゃ、、、という疑問が脳裏をかすめる。しかしそんな事を考えている場合ではない。
イルカが来たぁ~!!!
万事休す
と思った瞬間イルカが何故か反転した。灰色の巨大なシルエットがゆっくりと遠のいていく。
あ~ぁ、助かった
二人とも半死に状態だったが、何とか上がったマグロも半死に状態だった。
P1220299
<Tombo ahi(ビンナガマグロ=ビンチョウマグロ=トンボ=Albacore)。可哀そうにイルカに一噛みされて傷ついてビリビリしていた。気の毒なので、血抜きして一思いに殺してあげた>

あ~ぁ、疲れた。時間も来たし帰ろう
という事で白身魚の底物釣りにKealakeekuaへ移動。

底物は相変わらず不調だったが、Gindaiが2匹釣れた。
P1220302
<可愛いGindai(シマチビキ)。これでも立派な白身魚の寿司になるのだ>


P1220304
<2匹目がちょっと大きかったが、それでも小さかった>

せめてOpakapakaの顔を見たかったが、年初は好調だったRed Hillも最近は絶不調でアタリさえなかった。

帰りのトローリングもアタリ無し。
午後になってだいぶ風が出て来て波が高くなった。Tkさんは助手席でコックリコックリ、気持ち良さそうだった。お疲れさんでした。


Fishing Report用メモ
Aku: 1匹 5ポンド
Ahi: 3匹 15ポンド
Gindai: 2匹 0.5ポンド
Ahi: 5~6匹 イルカに盗られた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月16日 (木)

フカセ釣りが一番

コンディション:
  
  満潮: 9:59am
  干潮: 2:29pm
  日出: 5:49am
 
  日没: 6:54pm
  風の予報(NELHA沖 @11:00am): 12 mph
  波の予報(NELHA沖 @11:00am): 高さ 2.0 m 周期 18 Sec
  V.V-Buoyの位置: 最北端にあり。

予定:
今日はMd-キャプテンが年に一度の「ラウハラ編み」の集まりがあるとかで不参加。Md-キャプテン不在の出漁は記憶に無いくらい古い昔の事である(記憶には無いが、ブログで調べてみると2011年1月14日の写真の無いF-Buoy釣行以来、2年と4カ月ぶりのようだ)。ずっと操船はMd-キャプテン任せで、私は釣りだけに専念させてもらっているので、今日は少々不安だ。魚探の操作さえ忘れてしまっている。大丈夫かな?

CAのKwさん夫妻が久しぶりに乗りこんで来た。何故か割合マグロと相性が良い人達なので、ひょっとしたらいいマグロが釣れるかも知れない。ナンだか今日あたりCAのMtさんもコナ入りするような話なので、Mtさん用にカツオとOpakaも釣らないといけない。忙しいゾ!
最近のグラウンドは信頼度が低いし、波も高そうなので、今日もC-Buoyまで遠征してみる事にしよう。
悪いイルカよ居てくれるな!
と祈りながら、、、。

実釣報告:
今日は久しぶりの釣りとの事でFsさん(Kw夫人)が大張り切りだ。小柄な体にヤル気が迸っている。一方、Kwご本人の方はといえば、、、
まあシャーないので行ってマグロでも釣ってやるか
くらいかな?

出発前、港でCP-Ⅱ号のBbさんに会った。昨日釣ったという100ポンドクラスのマグロを見せてくれた。100ポンドマグロも悪くない、、、。
Any Stenos at C-Buoy ?」
という私の問いに、
No、Yesterday not. But they are on and off
という返事が返って来た。
昨日はSteno dolphin(釣れたマグロやカツオを見事に横取りしていく悪いイルカ ⇒ 日本名シワハイルカ)はC-Buoyには居なかったようだ。上々の情報である。
今日はC-Buoyでのマグロ・カツオのフカセ釣りがメインになるである。Stenoがいると、マグロやカツオがビビってしまって水面に浮いて来ない。Buoyでフカセ釣りを楽しめるチャンスはめったにない。幸運を祈りつつ出港。

港を出てすぐFsさんがハンドルを握る。Kaiwi PointのOno Laneは何事も無く通過。前回と同じようにV.V.Buoyをかすめて水深1000Fatham(1800m)のラインを南下する予定である。V.V.Buoyでは小舟が一艘、トローリングをしていたが突然止まった。カツオが釣れたようだった。単発的な感じだったし、マグロは居そうになかった(海の中を覗いた訳ではないが)ので軽く流して通過。1000Fathomラインで大型のマグロを狙ってみたが、今日もスカだった。

C-Buoyが見えて来た。トローリングのボートが2~3艘、マグロ狙いの小舟が7~8艘いた。久しぶりの盛況である。おそらくStenoは居ないのだろう。最近C-Buoyに付いていると言われている中型のマグロが釣れているのかも知れない。期待出来るかな?
Buoy傍にボートを停め、早速刻んだカツオのハラワタを投げて様子をみる。
来ないねぇ~
もうちょっと待ってみないとナンとも言えないよ
とか言いながら、4個の目と2個の小さい目が海中を見つめる。
突然銀色の何かが水中を飛び去るのが見えた。
ようし、来たぞう!
すぐ数が増し、ボートの近くが騒がしくなった。
Kwさん、Fsさん、エサを入れて!」
楽しいマグロ・カツオの「フカセ釣り」(ハリとエサ以外は殆ど何も付けず、海中をエサが自然にゆっくり沈んで行く釣り方)開始である。
しかし敵もサル者、すぐには食って来ず気を持たしてくれる。賢いヤツは投げたコマセだけ食べて、ハリの付いたエサは避けて通る。しかし世の中適当にアホ(失礼⇒目が悪いヤツ)もいてくれるのが嬉しい。
来たぞ!
ジジジジジジジジジジジ、、、、、
Kwさんの竿が曲がり、スピニングリールのスプールが逆転する音が聞こえて来た。
ちょっとドラグが弱いか?
Kwさんがファイトをしながら徐々にドラグを絞って行く、、、が、突然、
アッ、バレた!
とKwさん。
ハリスは8号、数ポンドのカツオ(マグロ)は結構強い。ちょっとドラグを絞り過ぎたかな、と思って上がって来たハリスを見ると、ハリスが途中で切れていた。どうもカミツブシで傷が出来ていたらしい?ハリを結びなおして再挑戦である。入れ食い状態ではないが、退屈しない程度に遊んでくれる。
来た、来た
と再びKwさん。
引きは十分強いがクタクタにされる程ではなく、笑顔でファイトできるちょうど釣りごろサイズのターゲットである。
よし、よし
と言ったかどうかは定かではないが、Kwさんがニコニコしながらファイトを続ける。魚が上がって来た。マグロだった。
Imgp0010r
<Md-キャプテン不在ですぐに写真が撮れなかった。後でまとめて撮ったのでマグロの一荷みたいな写真になってしまった。まあいいだろう>

Fsさんにはカツオがヒット。
ニコニコ」 
この釣り最高やねぇ~
とFsさん。
ゆっくり海中を漂うエサを見ていると、銀色の魚体が突っ込んで来て急にエサが見えなくなる。アラッ、どうしたんだろう、と思うのと同時に竿に衝撃が走る。いわゆる「Sight Fishing」(魚を見ながら釣る)でもある。確かに最高に楽しい釣りだ。
さて、、、Fsさんの方は、かなり魚に引っ張られてはいるが、うまく対応している。Fsさんにはドンピシャの大きさのターゲットのようだ。そして無事カツオが玉網に収まった。
やったぁ~!
Imgp0014r
<Fsさんの釣ったカツオ。6~7ポンドかな?こんなのを2匹上げた>

Kwさんもカツオを上げた。
Imgp0013r
<Kwさんのカツオ。これも一荷ではない。それにしても何故か身体に妙にチカラが入ってますねぇ~?釣りの時もゴルフの時も身体からチカラを抜かないと!カラダが伸び上がったらイカンぜよ(ナンじゃ?)>

Buoy傍でコマセを撒くと、珍しくOpelu(ムロアジ)がいっぱい寄って来たが、カツオ釣りで忙しくムロアジの相手をしている暇がなかった。後になって考えてみると、こんなチャンスはあまりないのに、ムロを釣って泳がせて中型のマグロを狙ってみるべきだったかなと反省。でもまあ二人がフカセ釣りを楽しんでいたので良しとしよう。

持ってきたカツオのハラワタを全部使い切ったところで、Fsさんがゴハンやら冷凍のエビやらマグロの肉やらを出して来た。これらのごちゃ混ぜのコマセでも魚が寄って来て、エビエサにもカツオが食ってきたりした。残飯や賞味期限切れの食品は釣りに持って行くべし!ただし殆どの魚は菜食主義ではないので野菜系はダメだろう。

私はフライデッキを下りたり上がったり、、、。釣りのアシストに熱心になり過ぎて操船がお留守になり、他のボートとニアミスしたり、C-Buoyに近づき過ぎたりなったり、、、と忙しいかった。
やっぱりMd-キャプテン不在は非常に具合が悪い事がよくわかった!
3人がデッキ上でバタバタする釣りだったが、自分で釣りをしなくても誰かが釣れていると結構楽しいものだ。

途中でナブラが立ったので、キンキンを引っ張って走ったらカツオが釣れた。

全部でカツオが6匹にマグロが2匹、バラシが3~4回あったかな?

他のボートは15~25クラスのマグロを上げていたようだった。

気が付いたら午後1時になっていた。弁当を食べて、もうちょい釣りをして、、、。
Red HillのOpaka釣りへの移動が大分遅くなってしまった。
Red Hill沖は潮が速く、操船が難しかった。
Mdさんだったら上手にやりはるのにねぇ~
とFsさん。更にキャプテンの有り難味を痛感。 
そうこうしているうちにKwさんの竿にかなり強いアタリがあった。
ありゃ~、ゴマテン???
しかし時々電動リールが止まりかける。
カンパチだったら、なかなか電動リールでは巻き切らないんだけどなぁ~
一応電動リールが自分で巻いてはいる。???、、、と思いながら上がって来るのを待っているとカンパチが見えて来た。
チェッ、カンパチかい
とがっかりしていると、カンパチの後から黒い魚が浮き上がって来た。
うわぁ~、ハパプーが付いてるヨ
とワタクシ。
よっしゃ~!
Imgp0007r
<一荷だったが一緒に持てないのでまずカンパチ。食べごろサイズなり>


Imgp0009r
<Hapupuu(Hawaiian grouper)。8.5ポンド。絶対数の少ない魚であり、Deep-7-Bottomfishとして州政府によって保護されている高級魚。ハタ系の美味しい白身魚である。Kwさんに感謝

結局Opakapakaは釣れず。
まあ一応Mtさん用白身魚は確保したという事にして帰途に着く。

帰りにキャプテンと待ち合わせて、皆でShimaichiにて夕食となった。予想通りMtさんが来ていた。Ysさんに無理を言って、釣ったばかりのカツオをさばいてタタキにしてもらった。やはり新鮮なカツオは最高に美味い。
おれ、明日白身魚(Hapupuu)食べたいなぁ~
とMtさん。
私も食べに来ようかな?」
とFsさん。
結局二人のプレッシャーでHapupuuを買わされる羽目になったYsさん。ゴメンよ。

でもこれで明日の朝、Hapupuuの行商に行く必要が無くなった。ありがたや、ありがたや。

Fishing Report用メモ:
Aku: 6匹 30ポンド
Ahi: 2匹 8ポンド
Hapupuu: 1匹 8.5ポンド
Kahala: 1匹 リリース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月13日 (月)

ご尊顔を拝し恭悦至極、、、

コンディション:
  
  満潮: 6:37am
  干潮: 11:50pm
  日出: 5:50am
 
  日没: 6:52pm
  風の予報(NELHA沖 @11:00am): 10 mph
  波の予報(NELHA沖 @11:00am): 高さ 1.6m 周期 10 Sec
  V.V-Buoyの位置: 最北端にあり。

予定:
南のC-Buoy(Kealakekuaよりさらに南のHookena沖)でボチボチ小型~中型のマグロが釣れているという話を聞く。Steno Dolphin(シワハイルカ⇒釣れたマグロを横取りしていく極悪非道のイルカ)が居る可能性はあるが、F-BuoyやOT-Buoyが流されてしまい最近あまり選択肢が無くなってしまった。今日はC-Buoyまで足を伸ばしてみよう。帰途Kealakekua沖~Red HillでBottom Fishing(EhuやPaka狙い)という事になる。

実釣報告:
最近コナは雨が多い。今日も早朝は雨模様だったが、出港の頃には何とか上がった。港を出て左(南方面)へ舵を取る。早速ワイヤーリーダーのごついルートビアーカラーのルアーを流す。もちろんOno(カマスサワラ=Wahoo)狙いである。既にOnoのシーズン入りしているので可能性は十分ある。出港して数分、右舷に出していたYsさんの竿にアタリがあった。激しくラインが飛び出て行くのを私が見て叫ぶ。
来ったぁ~!ストッ~~~プ!
Ysさんが竿を持って臨戦態勢に入る。しかし、、、、
抜けたようです
とYsさん。
竿先から魚の反応が消えた。うまくハリに乗らなかったようだ。
Sho~~~ot、、、残念
ラインを巻き取ってルアーをチェックしたところ、スカートが噛み裂かれていた。
P1210248
<Onoに噛み裂かれたルアー。今シーズン第1号Onoはバラシだった>

本来はそのままKaiwi Point沖を通過してV.V.Bouy経由でC-Buoyに向かう予定だったが、
引き返して同じ場所をもう一度流してみようか
というキャプテンの提案あり。
Yes
という事で、U-ターンしてもう一度Kaiwi Point沖を流してみる事になった。港の出口近くまで戻ってみたがアタリ無し。再度U-ターンしてV.V.Buoy方向を目指す。向こうから来ていた知り合いのチャーターボート・SD号が止まった。何かを掛けたようだ。行きかいながらYsさんがOnoを確認。
あ~ぁ、本当ならうちのルアーに食って来たはずなのに、、、残念
これで2匹損したヨ
とワタクシ。
グチグチ言っていると、再度Ysさんのリールが唸りを上げた。煙が出そうな勢いでリールからラインが飛び出て行く。
来ました~~~!!!
とYsさんの叫び声。
今度はうまくHookingしたようだ。しかし電動リールで割合簡単に寄って来ている。Onoである事はほぼ間違いないだろうが、小さいのか?ちょっとガッカリしながら、ギャフを手にYsさんのファイトを見つめる。姿が見えそうな距離まですんなり寄って来たが、取り込みの態勢に入ったところで、魚が猛然と反抗を開始した。一気に走る。危ないくらいのスピードでリールが逆転する。Ysさんが必死に支える。2~3度抵抗があって、やっとはっきり姿が確認出来た。
小さくないぞ。いい型だ
私が振ったギャフが一発でOnoの頭に入った。
せぇ~の~
でボートに引っ張り上げる。
ボコッ、ボコッ、ボコッ
Ysさんが無慈悲に魚のアタマをバットでなぐり付ける。Onoは歯がサメのように鋭いので、しっかり臨終させておかないと噛まれると大怪我をする。
ビビビ、、、、、
Onoの身体が小刻みに震えながら動かなくなった。
P1210261
<ド~ヤ! Ysさんの初Ono(カマスサワラ=Wahoo)。実測32.5ポンド(15キロ弱)>

今日はマグロとカツオを釣らないといけない。Onoはこの1匹だけで勘弁してやり、C-Buoyに向けて走る。水深1000 Fathom(1800m)あたりを大型のマグロ狙いで流してみたが反応無し。11時前にC-Buoyが見えて来た。
イルカは見えないですね
と目の良いYsさん。
先着のボートが3艘見える。活況ではなさそうだが、イルカがいなければ、マグロとカツオの可能性は高くなる。ただサメが居るかも知れないので安心は出来ない。Buoyの近くまで来ると、
魚探に反応が出てるよ
とキャプテン。
モンガラカワハギの反応かも知れないが悪くはない。
Ysさんがジギング、私がマグロ用の胴突き3本バリで実釣開始。
ハラワタ撒いてみたら?」
とキャプテン。
持って来ていたカツオのハラワタ撒いてみた。しばらく反応無し。
何も寄って来ないねぇ~
とか言ってると、、、、
来た、来た、カツオがいる、マグロも居るかも?
銀色に光る魚体が撒いたハラワタに高速で突っ込んで行く。
久しぶりに目にする麗しい光景だ。しかし見とれている暇はない。早速ウキ釣り用の竿を取りに走り、焦ってエサを刺して投入する。カツオらしい魚がエサに向かって突っ込んで来た。
来たぁ~!」
と思ったが、エサを口にする寸前に顔をそむけ、横を通過して行った。そして次のヤツも。
オイオイ、ハリスは細~~~い 8号だよ
比重ゼロの磯釣り用のウキを使い、小さい噛みつぶしのオモリを付けてあるので、エサはゆっくりと沈んで行く。
ハリスを5号まで落とさないと食わないのかなあ?」
なんて考えていると、沈んで見え難くなっていたウキが走った。直後に竿先が引っ手繰られた。 
よっしゃ~、来たぞぅ~
昔ミシガンでKing Salmon釣りに使ったリールからラインが出て行く。
強い、強い
最高に楽しい釣りだ。ハリスは8号、あまり無理は出来ない。少し時間を掛けて寄せた。
エサ釣りに変更していたYsさんもカツオを上げていた。
P1210274
<カツオのダブルヒット。推定5ポンド程度かな?Good tataki size。上々なり>

大半の魚がエサに付いている8号のハリスを見切っているようだが、中には目が悪いヤツもいるのだろうか?結構なテンポで食って来る。まあ爆釣と言ってもいいだろう。それほどしょっちゅうは無いSituationなので二人で楽しんだ。途中でマグロも混じって来た。
P1210285_2
<小さいながらもマグロはまぐろ>

P1210276
<こっちはもうちょい小さい>

P1210289
<C-Buoyの常連さん、アミモンガラ(Spotted Oceanic triggerfish)も釣れた。
Nomさんのお土産にしよう
とワタシが言ったら、
Ysさんが顔で、
そんなモンいらん
と言っていた>


カツオと小マグロを十分確保したので、水深80~100mくらいまでエサを落としてもっと大きいマグロを狙ってみたが、こちらはダメだった。
釣りの途中で近くに小さいながらも鳥山ができナブラが立った。
P1210293
<そのうちにこういうのが大きくなってくる。大きい鳥山をみると本当にワクワクする>

結局カツオが12匹小マグロ3匹を確保。

昼食後、Kealakekua沖のEhuポイントへ移動。
深場は、やはり潮が速く釣り辛かったが、Ysさんが得意の底物を上げた。
P1210298
<Hogo(ヒオドシ)。綺麗な白身の淡白系の魚>


P1210300
<Golden kalekale(ハワイチビキ)。上等の白身魚>

Red Hill沖のOpakapaka Pointへ移動。
年初にはOpakapakaがよく釣れた場所だが、最近はさっぱりである。
今日もダメだろうなぁ~
と思いながら155mくらいの水深へエサを入れる。コマセを振るが反応無し。エサ盗りがビリビリと竿先を震わせる。
やっぱりダメか
と思い始めたところで、竿にそれらしいアタリが出た。Opakapakaを確信。
99% Opakapakaだ!宣言」を発令してしまった。
ぜんぜんアテにならないのよねぇ~
とキャプテン。
ワタシのCredibilityを一身に背負って魚は上がって来た。
さあ、ナンだ?」
オジサン?
・・・・・・・・・
よっしゃー!
P1210301
<見たか!それ見ろ、やっぱりOpakapakaだったゾ。2ポンド強くらいかな?>

次のアタリも同じような展開となった。
久しぶりのPakaは非常に嬉しい。
P1210304
<2匹目のPaka>

あまりにも釣れないので、一時は 
もうコナの海にはOpakaは居ないのかも?
なんて悲観的になったが、居る事が確認されて良かった。嬉しいねぇ~。
おPaka様、ご尊顔を拝し恭悦至極に存じ上げたてまつりまする
だよ?やはりOnagaとOpakapakaに対する思い入れは格別である。

おまけ:
今日は左の親指にハリが刺さってしまった(焦っていたので惨状の写真を撮るのを忘れていた、、、お見せできなくて残念)。押しても引いても、こいつが抜けない。ハリのモドリが完全に肉に食い込んでしまっているようだ。しかし幸い今回はハリ(グレバリでカツオを狙っていた)が小さい。Ysさんがペンチを持って来てくれた。右手に持ったペンチでハリを掴む。目をつむる。息を停める。切腹する時の心境はこんなもんだろうか?しばらく迷ったが、、、思い切って、
オゥリャ~!」
渾身の力を込めてペンチでハリを引っ張った。
抜けた!
血が出て来た。しかし最近は傷の手当てはお手の物になっている。傷は深そうだが、しっかり消毒して化膿どめの軟膏を塗って、ハイ一丁上がり。これで左手は無傷の指が2本(しかも使い物にならな小指と薬指)だけになってしまった。因みに、お陰さまで右手はまだ中指以外の4本が健在である。

Fishing Report用メモ:
Aku: 12匹 50ポンド
Ahi: 3匹 10ポンド
Ono: 1匹 30ポンド
Paka: 2匹 4ポンド
Hogo: 1匹 5ポンド
Triggerfish: 1匹 リリース

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

Angler's and Hunter's Kitchen

コンディション:
  干潮: 8:54am
  満潮: 1:52am
  
  日出: 6:57am
 
  日没: 6:21pmpm
  風の予報(NELHA沖 @11:00am): 8mph
  波の予報(NELHA沖 @11:00am): 高さ 2.0m 周期 8Sec
  V.V-Buoyの位置: 北へ南へフラフラ。昨日はほぼ中間点にいた。

予定と紹介:
東京・大井町にある全国的にも有名な(、、、かどうかは定かではないが)割烹・小料理の店・勇才(”食べログ”や”グルナビ”参照の Owner・Chef であるNkさんが乗り込んで来た。人呼んで(人ではなく自分がそう呼んでいるようだが)「猟師釣師の台所」。英訳すると「Hunter's Kitchen」という事になるらしい。しかしAnglerを無視するのは片手落ちのように思えるのは私だけだろうか?もし希望を言わせてもらえるなら、釣師を前に持って来て「釣師猟師の台所」とし、英語訳に厳格な者としては「Angler's and Hunter's Kitchen」にして欲しいかも?(放っといてくれ、大きな御世話じゃ、、ってか?)。Nkさん自身が釣って来た新鮮な鯛やヒラメ、鉄砲で撃ってきた鴨などを美味しく食べさせてくれる店である。自分の農園で育てた野菜まで出すこだわりの店でもある(らしい、、、残念ながまだ私は行った事がない)。ついでにAngler's and Hunter's and Farmer's Kitchenにしたらどうだろう???
食べログ”のコメントには、
しかし、この店、すげーです。大将のNkさんも、キャラクターが濃い、、、
とある。一緒に釣りに行くのがちょっと怖い気もしたが、、、実際に会ってみると意外とそうでもなく、笑顔が可愛くキラキラと輝いている(目が、、、だよ)人だった。因みにNkさんは房総半島や東京湾を主戦場にしている「テンヤ釣り」のベテランでもあるらしい。
<参考:テンヤ釣り http://homepage2.nifty.com/toru_tanaka/tenya.htm

すぐ近くにある、美人姉妹(ほんの2~3年前までは”若い”が付いていた、、、かな?)のいると言われる焼き肉・栄養楼にも寄ってみよう(こっちも美味いらしいヨ)。大井町は美味い店だらけ、、、かい?東京へ帰ったら一度散策に行ってみようぞ。

Nkさん、早く東京へ帰って店を開けないと、100万人は下らないと言われる(言われてない!)私のブログを読んでくれている人達が押し寄せて店の前がごった返しているかもよ???

今日は久しぶりに海の状態が良さそうなのでグラウンドへ行ってOnagaを狙ってみる事にした。東京ではなかなかお目にかかれないし、高価な魚でもあるので、是非Nkさんに釣ってもらいたとの願いを込めての出港となった。

実釣報告:
ウネリは少し残っていたが、グラウンドの海(コナ空港沖)は穏やかだった。キンキンを曳きながら一路 ONA-3ポイント(Onagaのポイント)を目指す。NELHA沖を過ぎたあたりで小魚がピチピチ跳ねているのが見えた。そしてキンキンに何かがヒット。しかしラインの出方が弱く、予想通りのOioiだった。 
P1190513
<Oioi(ヒラソウダ)。カツオかマグロだったらよかったのにねぇ~。残念。でも Thank you、いいエサです>

ShimaichiではYsさんが超新鮮なカツオのタタキを作るべく、包丁研いで待ってくれている。
カツオよ食ってきてくれ!」 
の祈り空しく その後は何事も無くONA-3ポイントに到着。早速水深 250~270mの海底へエサを落とす。Nkさんの竿にも私の竿にもモゾモゾとした小さいアタリはあるが、Onagaのシャープな引き込みは無い。
P1190516
<深場の外道。上がヒシダイ、下がキスジアカボウ。小ぶりだがともに美味な魚である>

しばらくONA-3ポイントで頑張ったが、Onagaからの音信はなかった。未練を残しながらOpakapaka(オオヒメ)のポイントへ移動。
Opakapakaポイントは水深150~160m程度で、深いOnagaよりははるかに釣りやすい。早速Nkさんにアタリがあった。強いいい引きのようではあるが、、、Opakapakaではないかも???
P1190519
<小ぶりなゴマテン君(ゴマテングハギモドキ)。いい笑顔ですねぇ~。ゴマテンは食べずにリリース。Nkさんに食べてもらったらよかったかな?多少シガテラ毒の心配がある> 

今日はOpakapakaも食って来ない。冬場になってOpakapakaが釣れない日なんて殆どなかったんだけどねぇ~???本命達が「テンヤの達人」のホトバシる殺気にビビッてしまったか?代わりにこんな可愛い魚が釣れた。
P1190521
<ハタタテダイ。こんな小さいおちょぼ口で、よく大きなハリに掛かるものだと感心。リリース>

その後もOpakapakaを狙って移動したがNo Luckだった。 
こうなるとあまり選択肢が無くなってくる。最後の頼みはPoint-7のEhuやOnagaだ。
Point-7は水深200~250m、Ehuに混じって時々Onagaも釣れるポイントである。
まず私にアタリがあった。Onagaの強さはないので、多分Ehuだろうという事で巻き上げてみると、予想に反してGindaiだった。
P1190527
<Gindai(シマチビキ)。Deep-7-Bottomfishの1魚種である美味しい魚。白身魚一部確保!>

NkさんにもEhu的アタリがあり、こちらはEhuだった。
P1190529
<Ehu(ハチジョウアカムツ)。この魚もDeep-7-Bottomfishの一つ>

Ehuがもう2~3匹欲しい」 
という事で引き続き頑張る。
Nkさんの竿に強いアタリだ。この深さにはゴマテンはいない。カンパチのテリトリーとしてはちょっと深いし、、、。
 Nkさん: 「5キロくらい魚の感じでしょうかねぇ~
 ワタクシ: 「10ポンドクラスのOnagaかも?
船上に活気が戻って来た。
魚は期待を一身に背負って上がって来たが、下の方で見えて来たシルエットは赤色ではなく、ハズレ色の茶系だった。今日はカンパチ君がいつもより深い場所に出張してきていたらしい。
P1190540
<Kahala(ヒレナガカンパチ=Almaco jack)。4~5キロだろうか?元気にリリース> 

Nkさんはこのカンパチを持って帰る気満々で、今にも血抜きして締めそうな雰囲気だったが、「シガテラ毒テシガラでもテガシラでもありませんヨ)」の可能性を説明したら、「それじゃ、俺が食べてみて問題なければヨメに食べさせたい」(どう言ったかは正確には覚えていない。逆だったかも?)と未練な事を言う。確かに日本でこんなカンパチが釣れたら、それだけで凱旋帰宅だろう。途中で魚屋さんに寄っておみやげを買う必要も全く無し。結局このカンパチが本日のBottom-fishingのトリを務める形になってしまった。

こうして、得意とする長~~~いクド~~~い文章で取り繕うと結構釣れたような錯覚に陥るが、残念ながら本日のBottom-Fishingは貧果だった。
Nkさん、真に申し訳ない。まあ”これもまた釣りですね。

時間も来たのでキンキンを曳きながら帰途に着く。途中3本出した竿が全部一緒に曲がった。
来たぁ~、右、左、真ん中も、トリプルヒット!
といってもラインの出方が弱い。いかんせん魚が小さいのだ。Oioiのトリプルヒットだった。
P1190556
<Oioi(ヒラソウダ)のトリプル。有り難い、何よりも重要な次回のエサ確保!> 

ヒラソウダが全部で6匹釣れた。
マグロかカツオが釣れたらいいのに、、、」
というのが3人の思いだった。私は特に、
今晩のタタキ用のカツオが欲しい
と思っていたのだが、、、。

デッキの掃除をしていたら、ふと「シュルルルルル」というような音を聞いたような気がした???」と思って竿を見ると、右舷の竿がしなり、リールからラインが飛び出して行っている。
来たぁ~!ストップ!」
といつもの叫び声。
ボートが停まる。Nkさんが竿を持ってファイトに入る。Oioiでない事は間違いない。大物でもないが、4~5ポンド程度の魚でもなさそうだ。Nkさんがニコニコしながら巻き寄せる。慎重に、慎重に、、、。ボートに近づいた所で魚が反転して走った。結構な引きのようだ。
よしよし、頑張れ頑張れ」(Nkさんではなく、魚を励ましている
魚体が見え、金色のヒレが目に入った。キハダマグロだった。カツオでなかったのは残念だが、久しぶりのマグロは嬉しかった。もう少しするとこういうのがバンバン釣れ始めるかな?
P1190553
<Ahi(キハダマグロ)、9ポンド強(約4キロ)。9回裏2死からの1匹にしては上々である>

今日は天気も良く、グラウンドの海も最近にしては珍しく穏やかだった。何度かクジラも見えたし、イルカの群れがボートを追い掛けて来たりもした。
Nkさんがさかんに、
この海の色はすごい、房総沖なんかと全然違う。いいですねぇ~
と感心していた。
その差が解らない私も、一緒になって 
ああ、そうなんだ
と感心。

まあ合格点の1日だったとしよう。
Nkさん、お疲れ様でした。

Fishing Report用メモ:
Yellowfin: 1匹 9ポンド強
Ehu: 1匹 1.6ポンド
Gindai: 1匹 1.4ポンド
Oioi: 6匹 8ポンド
Kahala: 1匹 リリース
Senbei fish: 1匹 0.4ポンド
Kisujiakabou: 1匹 0.7ポンド
Kala: 1匹 リリース

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月)

C-Buoy不調

ゴルフ余談:
シニアーPGA(プロゴルフ)2013年の幕開け戦である「Mitsubishi Electric Championship at Hualalai」が昨日終わった。私は今年もOsさん夫妻と一緒にボランティアーとして3番ホールのTee GroundやGreen上で観衆の整理に当たった。Tom Watson、Fred Couples、David Frost、John Cook、Tom Lehman、Tom Kite、Bernhard Langer、Hale Irwin、Ben Crenshaw、Jeff Sluman、Larry Nelson、Mark O'Meara他の錚々たる一流シニアープロのスーパーテクニックを見るのは非常に楽しい。彼らのDriver Shotの迫力やIron Shotの安定感もさることながら、Green外からのApproach ShotやBunker Shotの距離感の正確さは感動的でさえある。ただ、一昨日は強風でさすがの皆さんも苦労していたようだ。最終日の日曜日は風もあまり強くなく良好なコンディションの中、皆さんスコアーを伸ばた。John Cook、Bernhard Langer、Fred Couplesあたりが1~2打差でリーダーのDavid Frostを追う展開となり、最終ホールでJohn Cookが追いつきプレーオフとなった。結局John Cookが逆転優勝、初日から最後の最後までトップを守って来たDavid Frostには気の毒だった。個人的には、ご近所(という程には近くないが)に家を持つよしみでTom Watsonに勝って欲しかったが、、、。
3番ホールのTee GroundにTom Watsonが残して行ったTeeを拾ってしまったヨ(サインが欲しかったかもなぁ~?)。
さあ、これでまた一度だけだがHualalai G.C.でプレーが出来る(
嬉々)。
見返りを期待するのはボランティアーとは言わない
とMd-キャプテンは言うが、こんな見返りはあった方が嬉しいのは間違いない。


コンディション:
  干潮: 9:44am
  満潮: 11:33am
  
  
 
  日没: 6:11pm
  風の予報(NELHA沖 @11:00am): 9mph
  波の予報(NELHA沖 @11:00am): 高さ 2.8m 周期 13Sec
  V.V-Buoyの位置: 最南端にあり。

予定:
ここ数日、コナの海は年に一度あるかどうかという荒れ模様だった。昨日、南方面へ出かけていた知り合いのIa君達は、「海は Super rough だった」との事で、釣りの途中で引き返して来たらしい(Ysさん情報)。まあ日頃は穏やかなコナの海といえども無理と油断は禁物である。
今日は海の状態はある程度回復しているとは思うが、ウネリはまだ残っているだろう。おそらく北方面のグラウンドは厳しいと思われる。可能なら南方面C-Buoyまで足を伸ばしてみる事にしよう。マグロとカツオが欲しいが、海の状態次第ではRed Hillあたりで底釣りという事になるかも知れない。

実釣報告:
やはり港の出口からKaiwi Pointにかけてウネリがあった。Kailua Bay沖まで来ると穏やかになる場合が多いのだが、今日はウネリは続いた。C-Buoyは少々きついかなと思いつつ進むが、Kailua Bayを過ぎたあたりでやっと穏やかになって来た。そのままC-Buoyを目指す。時間節約のためキンキンは流さず走る(ガソリン浪費)。

C-Buoyに到着。先客は2艘、うち1艘では太い重そうな竿でチカラのこもったジギングをしていた。その体力が羨ましい。
久しぶりのC-Buoy、さあ闘開始だ。Ysさんも私もジギングからスタート。私はちょっと欲張って大きめのジグ、Ysさんは控えめの小さいジグを使用。しかし、やはり人間何事も控え目の方がいいようだ。
来ました!
とYsさん。
でも小さいです
久しぶりのマグロは小さかった。しかし、
マグロはマグロ
である。
P1180829
<可愛いキハダマグロ>

マグロはいる。イルカやサメは居そうな感じではない。比較的順調な出足かな?
Ysさんのジグに同サイズのマグロが3連発で来た。Ysさん好調の一方、何故か私のジグには反応がないので、エサ釣りに換えてみた。するとすぐアタリがあった。
アミモンガラかな?」
と思ったが、引きはモンガラより強かった。
こちらは久しぶりのカツオだった。上々である!
P1180830
<普通サイズ()のカツオ>

もう2~3匹カツオが欲しいな
まあこのペースなら楽勝だろう、、、と思いきや、マグロもカツオも後が全く続かない。
割合穏やかな釣り日和だった。エサを下ろしたまま、ボ~としていると突然大きな水音が聞こえた。
ドッボ~~~ン
同時にボートの左前方で激しい水シブキが上がった。
Ysさんが大マグロを抱きに飛び込んだ
と一瞬思うくらいの水音だったが、見るとYsさんは後デッキにいる。イルカは居る気配は全く無い。
何だろう?カジキかな?
大きな魚がマグロやカツオを追い掛けているのかも?
ひょっとしたら何か思いがけないサプライズか?」
ちょっとワクワクしたが、ジャンプはその一回きりで、結局正体は解らずじまいだった。

4艘にまで増えていたボートが、1艘そして1艘と引き上げて行く。
そして、
あ~ぁ、誰もいなくなってしまった
誰もいなくてもマグロやカツオが釣れればいい
のだが、、、何も釣れない。
ジギングにもエサ釣りも反応無しである。
あの大きな魚が全部追い払ってしまったのかも?」

そうこうしているうちにランチタイムになってしまった。
せめてカツオをもう2~3匹
という事で頑張ってみたが釣果は伸びず。
少々後ろ髪を引かれる思いではあったが時間切れである。C-Buoyを撤収してRed Hillへ向かう。

Red Hill沖のOpakapakaポイントでは、第1投目でYsさんにも私にもアタリがあった。当然Opakapakaだろうと思ったが、予想に反してKalekaleが上がって来た。
P1180837
<Kalekale(ヒメダイ)>

P1180841
<Kalekale(ヒメダイ)の3点掛け>

そして、今日もゴマテンは食い気十分だった。
P1180843
<ゴマテングハギモドキ>

短時間ながらゴマテンが全部で5匹釣れた。
もちろん本命のOpakapakaも釣れた。
P1180844
<Opakapaka(オオヒメ)>

本命Pakaが全部で3匹のみ。「ゴマテン vs オパカ」レースでは今日はゴマテンに軍配が上がった(ガッカリである)。

冷凍のカツオやマグロは在庫が完全に底を突いているので、このままでは次回の底釣り用のエサが無い。白身魚はそこそこ確保したので、次回のエサを釣りにKailua Bay沖のムロアジポイントへ移動。
今日はPoint-48ではムロアジが入れ食い状態の活況を呈した。
早速Ysさんは、釣ったムロアジをワイヤーハリスを付けたハリに掛けて「ムロの泳がせ釣り」開始。
入れるとすぐ、
ジジジジジ
リールからラインが引き出される音が聞こえた。
来ました!
Ysさんの興奮気味の声が海原に響く。
竿に飛び付き臨戦態勢に入るYsさん。
しかし、、、、、、、その後竿先が絞り込まれる事は無かった。
食い込まなかったようです
とYsさん。
あ~ぁ、残念
巻き上げてみると、
P1180855
<ムロアジはハリが刺してある部分を除いて見事に噛み切られていた>

Onoかな?バラクーダかな?いずれにしても歯の鋭い魚ですね
とYsさん。
2投目も同じような形でムロの下半身を噛み取られた。せっかく付けた孫バリも効果なく、似たような事が4~5回続いた。かなり強く締めたドラグを物ともせず一瞬ラインを引っ張り出すので、決して小さい魚がムロをかじっている訳ではない。ワイヤーハリスに傷が付いているとの事なので、一旦はムロを丸ごと咥えている可能性もある。ワイヤーの違和感で吐き出すのだろうか?結局ハリに乗る事はなかったが、正体を見てみたいものだ。Ysさんの次回の課題である。

一方、ムロアジはよく釣れたしよくバラした。
P1180856
<ムロの 「Perfect 6点掛け」。Opkapakaで達成してみたいものだ。多数掛けは嬉しいのだが、貴重なサビキをワヤクチャにされてしまうのはチト辛い>

クーラーボックスの中にはムロが全部で42匹収まっていた。Ysさんが泳がせ釣りのエサにしたのが5匹とすると全部で47匹釣れた事になる。次回の底釣り用のエサは十分出来た。
有り難や、有り難や、、、そういや昔むかし、守屋浩という歌手の「有り難や節」という歌があったなぁ~。

有難や、有難や、 有難や、有難や、、、金がなければ くよくよします、女に振られりゃ泣きまする。腹  がへったら おまんまたべて、寿命尽きれば あの世行き。有難や、有難や 、有難や、有難や、、、恋  というから 行きたくなって、愛というから 会いたがる。こんな道理は 誰でもわかる、それを  止め 、、、、

Fishing Report用メモ:
Ahi: 3匹 8ポンド
Aku: 1匹 3ポンド
Paka: 3匹 5ポンド
Kale: 4匹 4.5ポンド
Opelu: 47匹 15ポンド
Kala: 5匹 リリース

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

さあ潮が変わった

コンディション:
  干潮: 9:12am
  満潮: 1:56pm
 
  日没: 5:43pm
  V.V-Buoyの位置: 潮が変わり、4~5日程前にV.V-Buoyが最北端へ移動した。
              8月14日ごろ北へ移動し、10月12日頃に南へ戻って以来、
              約1ヶ月半ぶりの北行きの潮である。
              グラウンドにアクションが戻って来るか?まあ、それ程の
              事はないかもしれないが、少なくとも何かは変わるだろう。
              楽しみではある。

予定:
1ヶ月半待ってやっと潮が北へ流れ始めた。ひょっとしたらチャンス到来かな?
因みに、何故北へ流れる潮が良いのかを簡単に(といっても大した事は知らない)説明しておこう。
コナ空港沖のグラウンドと呼ばれる海域は、テーブル状の遠浅の海底が大きく西(日本の方向)へ張り出している。潮が北へ流れると、そのテーブル状になった海底のLedgeと呼ばれる駆け上がり部分に潮が当たり、プランクトンが巻き上げられるらしい。プランクトンを求めて小魚が集まり、その小魚を求めて中型魚、そして大型魚と海の食物連鎖の配役達がグラウンド近辺に勢ぞろいする事になる。当然、北へ流れる潮に乗ってマグロ他の魚が南の方から北上してグラウンドへやって来る、というのが最も肝心なポイントではあろう
とはいうものの、これはあくまで目安。潮がどっちに流れても釣れる時は釣れるし、釣れない時は釣れない。何はともあれ、期待が膨らむという事は良い事である。
ワクワクするのはアルツハイマー予防にもなるようだし、、、。どんどんワクワクして、どんどん釣りに行って、しっかりアルツハイマー予防をするのだ! 

実釣報告:
キンキン(カツオ用の小型のトローリングルアー)を曳きながらグラウンドを目指す。しかしグラウンドに近づくに従って風が強くなり波が高くなってきた。コンディションはよろしくないが、鳥がパラパラと見えるのでトローリングを続けているとYsさんにアタリ。時々何者かにナイロンを噛み切られてルアーを盗られるのが悔しいと言う事で、Ysさんが初めてワイヤー(ナイロンコート)リーダーを使ったキンキンである。釣れたのはOioi(ヒラソウダ)だったが、ワイヤーでもOioiが食って来るのが確認できたのは大きな収穫だ。小さいOioiが釣れるならマグロやカツオもワイヤーリーダーでも食ってくるだろう。場合によっては歯の鋭いOno(カマスサワラ)が来ても取り込める可能性大である。
私のキンキンには小さいKawakawa(スマガツオ)が食って来た。 
P1170574
<左がKawakawa(スマガツオ)、右がOioi(ヒラソウダ)>

魚探の反応を探してジグを落とすと、もう1匹Oioiが釣れた。しかし、北上するにつれて海のコンディションが悪くなって行く。結局グラウンドは諦めてKailua Bayへ引き返す事になった。まあ当面潮はこのままだろう。グラウンドは次回に期待しよう。

キンキンにアタリのないままKailua Bay沖のPoint-40に到着。Opakapakaポイントで水深150~160mの海底へエサを落とすとすぐアタリがあった。
P1170569
<Kalekale(ヒメダイ)の一荷>

Point-40ではKalekaleが4匹程釣れた。しかし本命のOpakapakaからの魚信が無いので更に南下、Keauhou Bay沖のPoint-29の水深150~160mをチェックしてみたところ、まずYsさんにアタリがあり、まあまあの型のGindaiが釣れた。
P1170578
<Gindai(シマチビキ)。Deep-7の中でMd-キャプテンが一番好きらしい魚だ。ワタクシにはどれがどのように美味いのかよくわからん、、、みな美味い。料理人になる素質は無い>

私に結構強いアタリがあった。
ゴマテンかな?」
ちょっと違うみたい
とか言われながら上がって来た。
黄色いよ
Gindaiだ、大きいゾ
P1170580
<Photogenicで綺麗な良型のGindai(シマチビキ)だった>
<家に帰ってからYsさんより、「ひょっとしたらハワイ記録かも知れないので正確に計量してみた方がいいですよ」という連絡が入ったので計量したところ1460gだった。4ポンド3オンス(1900g)のハワイ記録には届かず。あ~ぁ、残念>

一応白身魚を確保して一安心、更に南下してKeauhou BayとRed Hillの中間あたりに差し掛かった所で薄いながらも鳥山に遭遇。曳いていたYsさんのワイヤーリーダー付きキンキンにアタリがあった。 
引きがちょっと違います。首を振っています、Onoかも?」
とYsさん。
ワイヤーリーダーにOnoなら狙い通りであるが、、、上がって来たのはマグロだった。私はかってワイヤーのアシストフックを付けたジグでマグロを釣っている。今回のYsさんの試行でワイヤーリーダーのキンキンにもマグロが食ってくる事が証明された。目が良いのでワイヤーでは釣れにくいとされるマグロなので、貴重な試行結果である。特に歯の鋭いOnoが多いシーズンはワイヤーで流すと比較的安心の上マグロも釣れる、、、という事になる。ただちょっと型の良いOnoなら、50lbテスト程度のワイヤーは簡単に切ってしまうかも知れない。
P1170584
<10ポンド弱のマグロだが、ワイヤーで釣れた貴重な1匹>

鳥山を追い掛けているうちにRed Hill沖に来てしまったので、底釣りに変更した。
ここでもOpakapaka狙いの150~160mへ仕掛けを落とす。コマセを振ると、、、即アタリがあった。
ようし来た、Pakaだ追い食いさせるぞ
キャプテンが、
早く上げないと逃げられるヨ
という人を不安にさせるような事を言う。
バラシに不安になりながらも欲深く追い食いを待つ。
しかし、、、竿のゴトゴトが無くなった。
アイタッ、バレた
痛恨のバラシ、、、と思いながらしばらく待っていると、またゴトゴトが始まった。
1匹目はバレたけど2匹目が食って来た」(ホンマかいな?
ゴトゴトが強くなった。
さあ、もう1匹食ったゾ」(???
まあ海の底ではどうなっているのか皆目解らないが、待ちの我慢も気持ち的に限界に達した。電動リールのスイッチを入れる。上がって来る。
何匹付いているかな?」
結構ワクワクする時である。大騒ぎしたが、結局釣れていたのは2匹だった。
一方、Ysさんの方は、「男は黙ってサッポロビール(古い!的に静かにクールにOpakapakaを上げていた。
P1170591
<Opakapaka(オオヒメ)が3匹>

さあ、今日はOpakapaka大漁か?」 
1投目で釣れるといつもそう思うが、殆どそうは問屋が卸してくれない。何故かアタリが続かない事が多い。食っている時に一気に数釣るのがポイントかも知れない。という事で、今日はアタリがあっても我慢して(これがハラハラドキドキして、ひ弱い心臓に良くない)追い食い狙いに徹する事に決めた。
さあ、竿がゴトゴト始めた。
バレるなよ!」
と祈りながら我慢する。我慢、我慢、我慢、、、、。
ナンだか反応が無くなった、、、
どうもPakaにおちょくられている、、、?
待つ、待つ、待つ、、、、
またアタリがゴトゴトが始まった。
とうとう待ちきれなくなり電動レバーのスイッチを入れる。
上がって来た。
さあ、何匹付いてる?
P1170602
<まあまあの型(2.5~3.0ポンドかな?)のOpakapakaが2匹。数に不満ではあるが追い食いは一応成功>

横では、Ysさんは男らしく静かにPakaを上げていた。
P1170599
<ウヤウヤしく、Opakapaka様>

Opakapakaとカンパチの一荷もあった。
P1170603
<良型のOpakapakaと小型のカンパチの一荷。カンパチは引きが強いので、10ポンドオーバーのOpakapakaが釣れたのかと思ってしまった。それにしても綺麗で美味そうなカンパチだった。この大きさのカンパチならシガテラ毒の心配も殆ど無いのではないかと思うが、食べてみる程の度胸は無い>

昼食後の1時間半程度(だったように思うがもっと長かったかな?)だったが、Opakapakaが12匹程釣れた。すべて2~3ポンドの食べごろサイズだった。Opakapakaの「つ抜け」は久しぶりだ。因みに「つ抜け」とは、目的魚を10匹以上釣った事を表す釣り用語である。 日本の数の数え方で、. 一つ・二つ・三つ・四つ・五つ・六つ・七つ・八つ・九つ. と、9までは””が付くが、10以上から””が付かなくなる事から来ている表現である。
参考までに100匹以上の魚を釣る事を「
束(そく)釣り」という。「一荷」は一度に2匹釣る事、、、などなど、釣りにはひねった表現が多い。釣り人にはひねくれた人間が多いのかな?自分の事を考えると、決してそんな事はないように思うが?

V.V-Buoy方面に3~4艘のボートが見えたので、ひょっとしたらビンナガマグロが来ているのかなと思って帰途V.V-Buoyに立ち寄ってチェックしてみたが何も釣れなかった。


Fishing Report用メモ:
Ahi: 1匹 8ポンド
Kawakawa: 1匹 2ポンド
Oioi: 2匹 4ポンド
Gindai: 2匹 5ポンド
Paka: 12匹 30ポンド
Kale: 3匹 3.2ポンド
Kahala: 1匹 リリース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

Thanksgivingは半ドン

コンディション:
  干潮: 5.37am
  満潮: 11.20am
  
 
  日没: 5:43pm
  V.V-Buoyの位置: 依然として最南端にあり。

予定:
Thanksgiving Dayである。しかし”なんちゃって仏教徒”はお構いなしに今日も行く。
ええっ、Thanksgivingも釣りに行くの?」
と言いながらも気持ち良く(だろうと信じる)付き合ってくれるキャプテンに感謝。

今日はThanksgiving dayの所用あり、半ドンで決着()をつける必要がある。各BuoyはSlowな状態のようだし、当然Buoyまで行く時間は無い。近場のグラウンドで手早くOpakapakaを釣って白身魚を確保、トローリングでカツオとマグロを釣ってサッサと引き上げる、という心づもりである。

実釣報告:
グラウンドに入って、曳いていたキンキンにアタリがあり、小ヒラソウダ(Oioi)が連発で来た。キンキンではなくサビキのハリに食っていた。かなり小さいが、まあ底釣りのエサには使える。わき目も振らずOpakapakaのPoint-38に到着。2~3投で必要なOpakapakaを確保する予定で水深150~160mへ仕掛けを落とす。2投目にいいアタリがあった、、、しかしこれはアタリが良すぎた。
いきなりゴマテンかい?
と言われながら上がってきたのは、、、
P1170462
<まずはゴマテンが露払い。当然、”まずは、、、”のはずだった>

3投目、4投目、5投目、、、、竿先にかすかな反応が出る程度で、6個付けたエサをすべて盗られる。何モンだろう?一般的に午前中は底物の食いが悪い傾向はあるが、Opakapaka 3~4匹程度ならすぐ確保できるだろうと軽く考えていたのだが、、、。何も釣れないまま、あまり無い時間がお構いなしに過ぎて行く。焦っても効果なく、、、。 

結局OpakapakaはギブアップしてEhu狙いで深場のPoint-7へ移動。水深250mくらいだが、3ポンド(363号相当)のオモリがなかなか着底しない。350mくらいラインが出てやっと着底。100mもラインが余分に出るのでは、Pointも何もあったものではない。コンディションは最悪に近い感じだ。2~3投やってみたがここもギブアップ。

OnagaのポイントであるONA-3も多分似たような悪条件である事はほぼ間違いないが、一応念のためトライしてみる事にした。しかし予想通りここもPoint-7同様に潮が速くオモリが激しく流される。せめてEhuかヒシダイでもと思ったが果たせず。 

ONA-3も早々に諦め、再びOpakapakaを求めてPoint-38に戻ってみた。しかしエサ盗りの攻撃は変わらず。何も釣れないままとうとう昼が来てしまった。カツオとマグロを釣らないといけないのにあまり時間が無くなってきた。結局底物は諦めキンキンを曳きながら帰途につく事に。

帰りは薄いながらも鳥山があり、ピチピチ程度のナブラも立っていた。
魚が跳ねてる、来るよ!
というキャプテンのアナウンスに忠実に魚が食って来る。
アッ、来たぁ~!、、、、、、バレた
再度、
アッ、来たぁ~!、、、、、、またバレた
どうもヒラソウダ(Oioi)が、キンキンではなくハリの小さいサビキの方に食って来て外れるようだ。今日はバラシが多い、しかしそれでも小マグロと小カツオが釣れた。 
P1170466
<可愛い小マグロと小カツオ。せめてこの倍の長さがあったらなぁ~>

途中スマガツオが食って来た。
P1170465
<Kawkawa(スマガツオ)も小さい。しかしこいつは有り難く歓迎>

上がり前の最後の1~2時間でかなりバラしたが、トローリングの入れ食いに近い状態は続いた。 
P1170471
<本日の釣果。短時間にトローリングで釣ったもの。右上の一番大きいマグロが約50ポンド(ハハハ、”だったらいいのに、、、”という願望だよ)。キハダマグロ()の他、スマガツオ()、カツオ()、ヒラソウダ()>

小さいながらも頻繁にアタリがあるのは楽しい。
今日もグラウンドにはイルカ(シワハイルカ=Steno dolphinと思われる)が居た。幸い今日はイルカによる被害は無かったが、卓抜したテクニックで容赦なくマグロやカツオを横取りしていく悪漢達が跋扈しているのは真に困ったものである。

12月になれば潮が変わり、もっと大きいマグロやカツオがグラウンドに回遊してくる事を祈りつつ、 Happy Thanksgiving、今日のささやかな収穫に感謝!

Fishing Report用メモ:
Aku: 2匹 3ポンド
Ahi: 5匹 15ポンド
Kawakawa: 1匹 3ポンド
Oioi: 4匹 6ポンド
Kala: 1匹 リリース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

マグロ爆釣!?

コンディション:
  
  満潮: 8:31am
  干潮: 3:48pm
 
  日没: 5:44pm
  V.V-Buoyの位置: 3日程前、久しぶりにBuoyが北へ流れ期待したがすぐ最南端
              の定位置に戻ってしまった。 

予定:
1週間半ぶりの出漁である。Ysさんによると、相変わらずコナではマグロが品薄らしい。マグロは期待できないので、今日もグラウンドでOnagaとカツオを狙う事にしよう。目指すは15ポンドオーバーのOnagaとOtaro(大型のカツオ)だ。

実釣報告:
今日は久しぶりにNomさん(Ysさんの奥さん)が乗り込んで来た。
引っ越しの荷物もだいぶ片付いたかな?
という聞くと、
ゼ~~~ンゼン
との事。まあ時間はある、ぼちぼち行こう。
さて、キンキン(カツオ用の小型ルアー)を曳いて出発だ。グラウンドを目指してヒタ走る。
Nomさんは、今日は感心な事にいきなり爆睡モードには入らず、結構頑張っていた(もちろん寝なかった訳ではない)。グラウンドに到達したが、鳥も飛び跳ねる魚も全く見えない。キンキン不発のままグラウンドを突っ切りONA-3ポイントまで来てしまった。
ONA-3ポイントで、
大Onagaよ、さあ来い
と竿を出す。1投目、2投目、3投目、エサ盗りがエサをかじるだけでOnagaからの魚信は無し。そのうちに根掛かりで3ポンド(362号相当)のオモリを取られた。しかし巻きあげているとナンだかちょっと重い感じがする。
ゾウリでも引っ掛けたかな?
と思っていると、、、上がってきたのはグロテスクなヤツだった。
P1170375

P1170377
<多分Viper Moray(Enchelynassa canina)というウツボだろう。WEB魚図鑑には記載がないので、日本にはいないのかも知れない。こいつは体長約1m。最大2.5mくらいまで成長するらしい。ラインにグニャグニャと絡みついてハリを外すのがやっかいな一番嫌な外道である。リリース>

ボチボチと深場の美味しい外道が釣れた。
P1170380
<出ベソが出ていてPhotogenicでないが、型のいいキスジアカボウ。美味しいベラの仲間だ。オジサンが歯をむき出しているが、いきなり魚に噛みつくつもりではない> 

P1170383
<YsさんにHogo(ヒオドシ)。カサゴの仲間で美味しい深海魚> 

ONA-3ポイントでかなり頑張ってみたが、結局昼までOnagaのアタリは無し。
Onagaは午後になったら釣れるヨ
とか、いい加減な事を言うヤカラがいて、昼食後もちょっと頑張ったがダメだった。

OpakapakaのPoint-38へ移動。
オモリが着底しコマセを振るとすぐ私にアタリがあった。Opakaらしいいいアタリだ。本来はそのまま放っておいて「向こう合わせ」でいいのだが、念のため合わせを入れたら、”ガツッ”という感触と共にスッポ抜けた。真に残念。そのまま放っておいたら、またすぐにアタリがあった。これまたいい感じのアタリだ、、、、と思っていると、独特の”ポンポンポン”というリズミカルな強い引きが始まった。 
Lehiかも?
という希望的観測もあったが、、、
P1170385
<やっぱりゴマテンだった> 

Ysさんにいいアタリが来た。
ゴマテンだ
と言うと、
いや違います。2ポンド強くらいのOpakaです
というしっかりした返事。
ホンマかいな?
と思っていると、上がってきたのは、
P1170387
<そのものズバリ、2ポンド強のOpakaだった> 

Ysさんがまた掛けた。
P1170396
<2匹目もまったく同じサイズのOpakapakaだった>

さあ、Simaichiで美味しいOpakapakaが食べられるヨ。

そして私にもアタリがあった。今度はゴマテンではない、Opakapaka間違いなしの引きだ。ところが残り50mくらいまで上がって来た所で、激しく竿が絞り込まれた。
大変だ!Opakaを大マグロが食ったぞ(ホンマかいな?)!
急遽臨戦態勢突入だ。YsさんにGimbalを付けてもらい渾身のファイトに入る。
P1170397
<ハリスは30号、かなり強い。敵は絞り込んだドラグからラインを引きズリ出そうとする。重~~~い!!! ラインが巻けない。必死にこらえるだけ、、、、。しばらく耐えていたが、激しい衝撃と共に魚が外れた。200ポンドくらいのマグロだったのか???、、、誰だ「、ンな訳ねぇだろう」なんて言ってるのは?「逃がした大物は、みな大マグロと決めてあるんだよ」。ハリが鋭く噛み切られていた。それにしてもオッチャン、シッポが生えていて尻のあたりが変だよ、、、Photogenicではないねぇ~>

大マグロとおぼしき魚(?)はバラしたが、意外と残念さは無い。
またOpakapakaを釣っても大マグロ(?)に横取りされてしまうのがオチだろう。時間も押し迫って来た事だし、これでOpaka釣りは終了とし、再びキンキンを曳いてカツオ狙いのトローリングを開始した。

朝は全く居なかった鳥が結構飛んでいる。
P1170410
<それ程濃くはないが鳥山が出来ていた>

いい傾向である。ピチピチ程度ではあるが魚も跳ねている。他にボートは1艘もいない。独り占めだ。キャプテンが鳥山目指してボートを突っ込んで行く。
来るよぅ~!
キャプテンのアナウンスが終わらないうちにアタリだ。そしてこれが爆釣の始まりだった。
まずカツオがダブルヒット。小さいがカツオはカツオである。
P1170416
<Otaroには程遠い小タロウだった>

私の「キンキン+強力サビキ2本」の仕掛けにマグロが一荷で来た。
そして「パーフェクト3点掛け」が続いた。 
P1170404
<3点掛けといっても赤ちゃんマグロだ。 
まずキンキンにマグロが食い、魚の抵抗が始まるとサビキ(枝糸ナイロン12号)が躍動し更にマグロが食って来る、という設計である。設計通りの3点掛けに大いに満足、、、ではあるが、なろう事ならもう二回りくらい大きいマグロであって欲しかった>

当然Ysさんにもアタリがあった。
P1170414
<入れ食い状態になったマグロ>

そしてYsさんのキンキンに大物が来た(いうより多分キンキンに食った小マグロに何者かが食って来たのだろう)。
大きいですよ!
とYsさん。
ラインが出て行く。スピード感も十分なようだ。
大マグロだ!」(こればっかりだヨ
と私。
200ポンドか?しかしこれもバレた。前述のサメ大マグロよりは大分残念だった。
しかし爆釣は続く。キャプテンが、
来るよぅ~!
と言うと、ほぼ必ずアタリがあった。
小マグロ、小カツオ、小ヒラソウダ、今日は全部「小」付きではあるが、爆釣である事には間違いない。あっと言う間に20匹程釣れた。これだけ釣れてもクーラーボックスにはまだまだ余裕のスペースがある。

魚探を見ているキャプテンが時々、
下の方に大きい魚がいるよ
と言っている。
表層にいる小マグロや小カツオを狙って大マグロが下にいるのだろうか???そんな事を考えていると私にアタリだ。多分今日のレギュラーサイズの小マグロだろう、と思いながら巻いていると、突然強烈な引きが加わり、竿を持って行かれそうになった。
大マグロか?
と思った瞬間バレた。ナンだったんだろう?
すぐまた小マグロらしい魚が掛かった。巻き取っているとキャプテンが、
来てる、来てる、巻いて、速く巻いて
と叫んでいる。見ると大きなイルカがこっちに向いて全速力で泳いで来る。電動を最速にして懸命に巻く、、、しかし時既に遅し。
ガッツ~~~ン、ガクッ、ガクッ
でハイ一丁上がり。またやられた。キャプテンが、 
前の方にもイルカが3匹くらい居るよ
という。ボートで走って振り切ろうとしても余裕で追走してくる。まあ十分爆釣を楽しんだし、陽も落ちてきたのでグラウンドを後にする事にした。しつこくキンキンを曳きながらNELHA沖を通過したあたりで左舷の竿に強いアタリがあった。イルカは目が良く賢いので直接ルアーに食ってくる事は殆どない(聞いた事も無い)。今度こそ、
マグロか?
ラインが高速で走る。竿を手に取るとズシリと重い感触が伝わって来た。
デカイぞ!
と言った瞬間、、、、、、あ~ぁバレた。巻きあげてみるとルアーとハリが無くなっていた。そんな事が二度あった。3回建てのキンキンを2個取られると結構つらいものがある。
Ono(カマスサワラ)じゃないかな?」 
とキャプテンが言う。可能性は十分だろう。一度ワイヤーリーダーでキンキンを曳いてみよう。

土壇場での「マグロ爆釣!?」のお陰で今日は帰りが遅くなってしまった。
やっと港まで戻って来たところでキャプテンが、
あら、もう真っ暗になってしまったわ
と言う。
「??? 少し薄暗いけど、真っ暗という程ではないと思うけど。白内障の兆候か?
と思って少し心配していると、
ハハハハ、サングラスしてたヨ
だって。良かった良かった。
まあ、家の中で、「アッ、蚊が飛んでる!」とか言って、蚊もいないのにパンパン目の前を叩いている飛蚊症のオヤジよりマシだろう。

Fishing Report用メモ:
Opakapaka: 2匹 4.5ポンド
Hogo: 1匹 1.5ポンド
Kisujiakabou: 1匹 1.5ポンド
Kala: 1匹 リリース
Viper moray: 1匹 リリース
Ahi: 10匹 20ポンド
Aku: 6匹 12ポンド
Oioi: 4匹 8ポンド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

楽しいマグロのウキ釣り

コンディション:
  干潮: 4:30am
  満潮: 11:56pm
 
 
  日没: 6:06pm
  V.V-Buoyの位置: 最北端にあり。

予定:
NELHA近くの陸上から空港沖(グラウンド)の状況を観察しているが、海は穏やかにもかかわらず、ボートが集まっていない。グラウンドでマグロが釣れているという話も聞かない。従って、今日も「三点セット(マグロ・カツオ・Opakapaka」の確率が高いF-Buoyへ行く事にした。今日は事情があって早仕舞いをしないといけない。時間が足りなくなる可能性があるため、全行程を全速力(かなり遅いが)で走る事にした。

実釣報告:
40~50分でF-Buoyに到着。Ysさんがジギング、私が胴突きで釣り開始。共にしばらくアタリなし。先着の4~5艘のボートもあまり釣れていない様子だった。
マグロもカツオもいないのか?」
と心配しかけたところで、私の胴突き3本バリにアタリ。カツオだった。
P1160211
<カツオ(Aku=Skipjack tuna)>

Ysさんもジギングをやめて胴突き仕掛けに変更。カツオを釣った。
P1160214
<2匹目のカツオ>

Ysさんの胴突きにやっとマグロが来た。
P1160222
<本日の第一号マグロ。出足はちょっと遅れたが、、、>

持って来ていたカツオのハラワタを刻んだモノを投げてみたところ、マグロとカツオが寄って来て漁り始めた。私は当然楽しいウキ釣り(8号ハリス)を始めた。ウキ(大きい12号ウキ)が一気に沈む。
来た、来た!
一瞬合わすのが遅れたらウキが浮いて来た。どうも魚がウキの浮力に違和感を感じてエサを放したようだ。エサを付け替え、コマセで魚を寄せておいて再度投入。ウキの下に漂うコマセをマグロとカツオが激しく漁っている。しかしすぐには食って来ない。これだけ天気が良いと、8号ハリスは少し太いのかもしれない。やっとウキが沈んだ。今度は俊敏に合わせを入れたので、上手くハリに乗った。
結構チカラが強いヨ
ちょっと時間が掛かって上がって来たのはマグロだった。
P1160224
<マグロ第二号>

その後Ysさんは胴突き仕掛け、私はウキ釣りで大分釣った。しかしウキ釣りは、少し合わせのタイミングが遅れるとスッポ抜けた。やはり大きいウキに魚が違和感を感じるらしい。次回はこういうチャンスがあれば、5号ハリスに落とし、ウキやオモリも取り去って完全フカセでトライしてみよう。食いは良いはずだし、Hookingもより確実によりなるはずである。ただし、チカラがあるマグロやカツオが5号ナイロンでうまく取れるかどうか、、、。
Buoy周りでのマグロやカツオのウキ釣りはジギングと違った楽しさ(Sight Fishingの楽しさ)がある。しかし、マグロやカツオがコマセを追って水面近くまで上がって来る日は、残念ながら少ない。

近くにいた小舟が、多分30ポンドくらいあるだろうと思われるマグロを上げたのを見て、われわれも一気にテンションが上がった。

 
中型マグロは来なかったが、マグロとカツオのダブルヒットがあった。
P1160226
<カツオとマグロのダブルヒット>

投げたコマセに、明らかにマグロやカツオでない魚が寄って来た。
ムロアジだろうか?
と言っていると、ウキ釣りでムロアジが釣れた。Buoyでムロアジが釣れたのは初めてのような気がする。もしまたこんなチャンスがあったら、しっかり準備をしておいてムロアジを泳がせて中~大型のマグロを狙ってみよう。昔からムロアジの泳がせ釣りは一番好きな釣りだったのをしばらく忘れていた、、、。
P1160227_2
<かなり大きいムロアジ(Opelu)。2種類のOpeluが居るらしいが、はっきり識別できない。Sima-ichiの唐揚げ候補生()。美味しいらしい>

結局、昼前にマグロ4匹、カツオ10匹で「Mission Accomplished」。

「三点セット」の最後の関門Opakapakaを釣るためにRed Hill沖へ移動。
エサ盗りに邪魔をされながら、何とかOpakaを2匹ランディング。
P1160237
<Opakapaka(オオヒメ)>


P1160240
<2匹目のOpakapaka>

Ysさんに得意の底物外道。
P1160249
<見事なHawaiian deep anthiasの3点掛け。どっちかというとRareな魚なので、3点掛けはかなり難しいと思われるが、、、。2度とないかもね?>

今日も例外ではなく、ゴマテンが4匹(だったかな?)釣れた。
P1160239
<ゴマテン。何処に行ってもこいつは食ってくる。逞しいヤツである>

最後にKailua Bay沖のPoint-40でヒメダイが2匹釣れ、目出度く「三点セット」勢ぞろいという事になった。
P1160252
<ヒメダイ(Kalekale)の一荷>

順調にほぼ予定通りの時間配分での早仕舞いとなった。

Fishing Report用メモ:
Ahi: 4匹 24ポンド
Aku: 10匹 40ポンド
Paka: 2匹 3.5ポンド
Kale: 2匹 2.5ポンド
Opelu: 1匹 1ポンド
Kala: 4匹 リリース
Anthias: 3匹 0.6ポンド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧