ヤガラ・ダツ・バラクーダ

2011年6月27日 (月)

GTはソコソコいるのかな?

『がっつーん!!』、朝一番のKaiwi Point沖、Onoレーンのトローリングで左舷の竿に強烈なアタリ。久しぶりに乗船したIaさんが竿を握る。最初の走りで、リールのドラグが焼けたような臭いがしてきたので、電動のスイッチをOFFにし手巻きでの対応となった。結構なサイズの魚らしいが、最初のひと走りが止まってからは走らなくなってしまったし重い。いつもより時間が掛かる。一進一退を繰り返しながら15~20分後に船べりにOnoが浮いた。幸先良し(=往々にして竜頭蛇尾という表現に置き換わる)である。大きなトローリング用のフックが、腹部の皮一枚に掛かった状態で上がって来た。バラシ寸前、、、危ない、危ない。おそらく最初はクチに掛かって一気に走ったのだろうと思うが、、、。
P1030387
Ono(カマスサワラ=Wahoo)、16キロ(35ポンド)。今日のOnoはIaさんが釣ったモノなので、1.8mのクーラーバッグは使わず、アタマとシッポを切り落としてクーラーボックスに入れた。明日捌いてIaさん初めご近所の皆さんに配ることになる。身が半分として8キロ、、、かなり食べでがありそうだ


Onoは2匹釣ると、重くて長くて運ぶのが大変なので(、、、というのは本当だが、)、1匹で十分というコトで(これはウソ、、、釣れるものなら取り敢えず運ぶ苦労は考えずにもっともっと釣りたいのだ)、そのまま空港沖のグラウンドに移動すべく、ルアーを引きながら走った。ところがNELHA(Natural Energy Lab of Hawaii : 最近GさんというNELHAで働いている人と知り合った。ちょっとしつこいと思われたかもしれないが、いろいろと質問して以前から持っていた疑問が一部解消された(時間不足)。原発が廃れていけば、NELHAの役割がドンドン重要になってくる。興味は尽きない、、、)の近くまで来ると、かなりグラウンド方面の海が荒れている事が判明。久しぶりの荒れ方だった。こういう時の決断は電光石火である。グラウンドLedgeにはキハダが来て、たむろして待ってくれているかもしれないが、今日は見逃してやろう、、、。即反転、Keauhou Bay沖へ向かう。今度はカツオか小マグロ狙いのルアーを流して南下、、、したが魚信なし。

Keauhou Bay沖に到着。水深80~100mあたりで魚探で魚の反応を探る。比較的反応が濃いポイントなのだが、今日は画面が真っ白である。潮が悪い(相変わらず、非科学的な表現だ。ナンとかならんのかい?)のだろうか?まあ深くは考えずにIaさんと二人でジグを落とす。Iaさんのジグに二度程バイトがあったが、残念ながら二回ともスッポヌケた。水深90mくらいの中層60mくらい(多分)で、私のジグに強いアタリ。ナンだろう?本日テストに持ってきたKwさんの新しいジギングザオがしなり、電動リールからラインが出て行く。マグロにしては魚探に群れの反応が無い。カンパチにしては浅いポイントの中層というのは解せない。ツムブリなどにしては大きすぎる。魚はかなりパワフルだ。新しい竿は細身の軽いジギングロッドだが、なかなかいい感じで対応している。これなら大丈夫だろう。Kwさんに内緒で私の竿と交換しようか、、、?やっと10mくらい下に、うっすらと魚体の輪郭が見えて来た。メタリックシルバー色の魚体のように見える。ゆっくり上がって来た。ヨッシャ~、Uluaじゃ!(White ulua=Giant trevally=ロウニンアジ)。食べる事はできないが、ジグで初めて釣った嬉しい1匹である。
P1030393
White ulua。計量する程の大きさではなかったので、急いで写真を撮ってリリース。元気に帰って行った。100ポンドオーバーになって、釣友達が来た時に食って来いよ!ジグで釣れたというのが嬉しい1匹であった。いつみても素浪人・月影兵庫(?)風の風格のあるふてぶてしい顔が可愛い???

この海にはGTはまだまだ結構いるのかも知れない。もう4~5匹狙って釣っておけばある程度確信が持てそうだ。一度頑張って船からポッパーを投げてみよう。ポッパーでコナの海でGTを釣るのは昔からの課題である。

今日の外道コーナー。
写真の こいつは、『コッ!』これまたデトロイト支部さんの表現を借用)という軽いアタリの代表選手だが、引きは結構強い。本気でハリを咥えられるとペンチを使ってもなかなか外せない。リリースするために投げた瞬間、手の肉を食いちぎられた事がある。
P1030401
Iaさんのカツオの切身に来た良型のアオスジモンガラ(Blueline triggerfish=ハワイ名は多分HUmuhumuナンとかだろう)。浅場のエサ釣りの代表的な税金みたいなもの。リリースしたが、助からなかったかな?

次は150cmはありそうな立派な外道。こいつはジグに来た。
P1030406
この個体は色があまり赤くないが、多分Red nunu( Red cornetfish=アカヤガラ)だろうと思う

Iaさんにカツオかマグロを釣ってもらいたかったが果たせず。まあ”This is fishing”というコトでご勘弁願おう。

Fishing Report用メモ:
Ono: 1匹 36ポンド
White ulua: 1匹 リリース
Blueline triggerfish: 1匹 リリース
Red nunu: 1匹 リリース

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

リベンジ on キハダジギング at C-Buoy

朝の7時前、家のラナイから海の方を見ると、雨がゆっくりとこちらに向かって来ているのがはっきり見える。そして、、、降ってきた。雨は嫌いだ。最近は、雨の中で釣りをする程の根性が無くなっている。止むまで待とう、という事で1時間ほど自宅待機後、港はもう降っていないだろう、という判断で家を出た。Honokohau出港がだいぶ遅れたが、めでたく出漁の運びとなった。

さて、今日のテーマは「リベンジ on キハダジギング at C-Buoy」である。タックルを強化し準備はした。今日はバラさないゾ!

Honokohau港を出た所で、まず最初にOno(Wahoo=カマスサワラ)狙いのルアー(トローリング)を流し、シャクり上げてルアーの位置を確認していると、いきなり何かがヒット。Honokohau出港後1分以内、最短記録である。でかいルアーに、ごついワイヤーのリーダーだ、小さい魚であるはずがない、、、Ono以外の魚は考えられない。渾身の合わせを3発かましたが、ちょっと様子が変だ。魚は釣れているが、引きが穏やかで、絞ったドラグからはラインが出て行かない、??? ナンだろう?巻き寄せてみると、、、、
P1010518
<Kaku(Barracuda=オニカマス)だった。オニカマスは歯が鋭い。自分の体長の1/3はありそうなルアーにアタックしてくる獰猛さは、大型の魚体になるとサメより危険とも言われる。むかしむかし、「嬉しがらせ~てぇ~、、、」という歌があったっけ?ガッカリである。こいつは次回のコマセの材料になってもらおう。因みにバラクーダは見た目ウマそうでないので食べたコトがない。>

そして5分後、場所はKaiwi Pointの沖、たまたま中央に出していたOno用のルアーが流れているあたりを見ていたら、長い魚の背中が見えた。心臓がドキドキする間もなく、中央の竿が曲がりラインが出始めた。今度は間違いなくOnoである。焦ってフッキングを忘れたままファイトに入る、、、と、竿から反応が消えてしまった。惜しい!痛恨のOnoのバラシである。じっと後方の水面を見つめるが、Onoは帰って来ない。ルアーのスカートが無惨に切り裂かれていた。

Keauhouを過ぎたあたりで、4~5ポンドのカツオが釣れた(カツオはキンキンだよ!)。
P1010522
<これで冷凍エサ在庫が5匹になる>

今回も前回同様、Kealakekuaまでは岸沿いにOno狙いのトローリング、その後はマグロ狙いでC-Buoyまで走ったがアタリ無し。さてさて、C-Buoy周辺は前回の15隻とは打って変わって静寂が漂う。2隻いたチャーターボートも何処かへ行ってしまって、我々がC-Buoyを独占するコトになってしまった(後程1隻小さい船が来たが)。ナンだかおかしい、どうしたんだろう?ブイの近くに船を停めて準備をしていると、「サメが3匹もいるよ。White tip sharkだよ」というMdキャプテンの声。
P1010525
<ヨゴレザメ(White tip shark)。大型になると、釣れたカジキを噛み切って行くらしい>

コイツらは大きくはないが楽に2mはあるだろう。ヒレの先端が汚れたように白いので、日本では「ヨゴレ」とか「ヨゴレザメ」とか、ちょっと気の毒な名前を頂戴しているWhite tip sharkであるが、名前とは裏腹に均整のとれた風格ある雄姿(?)だ。ご丁寧にボートの周りを3匹がパトロールしてくれている。ブイ周りで場所を移動してもしっかり付いてきてくれる。こりゃアカン。今日は腕が折れるまでジギングして、10ポンドオーバー(買ってもらえる条件)のキハダを最低5~6匹は(言うのはタダ)、、、と思って張り切って2時間半も掛けてC-Buoyくんだりまで来たのに、、、。しゃーない、涙を呑んでC-Buoyは諦め、F-Buoyへ向かう。表題の「リベンジ on キハダジギング at C-Buoy」は大ウソという事になってしまった。

GPSを頼りに、前回F-Buoyがあった場所近くまで来てみたが、ブイの影も形もない。近くに1隻の船さえも見えない。F-Buoyは、南北にビックリするくらいの距離を移動する。さて、どうすべぇ~?F-Buoyを探すか、それとも港へ向かうか、、なんて考えながら走っていると、思いがけなく右舷のマグロ用ルアーにアタリがあった。スワッ、大マグロか!と思いきや、シーラ(Mahimahi=Dolphin fish)がジャンプ。まあ嬉しいけど、少し肩すかし気分でラインを巻く(電動の楽チン巻き)。15mくらいまで寄ってきたところで、再び魚が走る。シーラは常に諦めが悪いので困る。そして渾身の(かどうかは知らぬが)ジャンプ。ありゃりゃりゃ、また外れた。またまたバラシ、情けない!シーラとファイトするために左舷のルアー(キンキン)をリトリーブしたが、アチャ~、こちらは大切なキンキンが取られてしまっていた。いろいろと実績を残した歴戦の勇士、「ルアー殿堂」入り間近の功労者だったのに、、、。途中、ウトウトしていたのでアタリを見逃したようだ。リーダーに傷が入っていたのかな?

今日は時間も十分ないので、F-Buoy捜索はやめて帰途に着くコトにった。帰りは水深1000Fathom(1800m)前後を中心に流しながら、大型のマグロを狙おうという算段に、、。アタリさえなかなか無い釣れない釣りである。時々ウトウトしたりしていたが、たまたま右舷の竿を見ていた時に待望のアタリが来た。道糸100ポンドテスト(アメリカ製のPEライン)、リーダー100号ナイロンである。ドラグはかなり絞ってあるが、それでも煙が出そうなくらいのスピードでラインが出て行く。ジャンプはしない。大型マグロだ(かどうかはわからんが、可能性大)!思わず「釣れてしまったら港で運ぶの、どないしょ~?」とか思ってしまった。
P1010537
<残念ながら、これは今日の夕方、港の給油所で見た知り合いが釣った181ポンド(82キロ)のキハダマグロである。うちのもこれくらいあったのかも知れんのに、、、、一瞬こんなマグロの横に自分が立っている光景が頭に浮かんだのだが、、、現実は甘くなかった、、、(涙、涙、涙)

フッキングするべく竿に飛びついたその瞬間、、、魚は外れた。バラシというか、ハリにしっかり乗らなかったというか、、、。こんな重いアタリは、一年前(かな?)のカジキ以来だろう。惜しい、痛恨の極みである。ハリ先が格別悪い訳ではなさそうだが。それにしてもバラシが多すぎる。

次にキンキンにアタリがあり、こいつは4~5ポンドのキハダマグロだった。小さい魚はバラさずに上手に上げるんだけどねぇ~。大物とは昔からちょっと相性が悪いのかも?
P1010534
<Ahi(キハダマグロ=Yellowfin tuna)。4~5ポンドだろう。こいつは明日の晩にアボガドマグロ丼にされる運命である。>

さて、今日のホームストレッチ、Kaiwi Point沖を港に向かって、南から北へOno狙いで水深70~80mレーンを流す。すると、先ほど大物をバラした右舷の竿に再び強いアタリだ。ラインが飛び出て行く。かなりの大物らしい。竿を手に取り思い切り合わせを入れるが、ラインが走っているのでスカを食ったような感じ、、、思わず生の左の親指でラインを押さえてしまった。イッチッチッチッチ(イッタッタッタとアッチッチッチが一緒になった)、熱い、痛い、火傷だ(後で見てみると、0.25平方センチくらいの水ぶくれが出来ていた)。電動リールのレバーを倒し巻きにかかるが、モーターがウナリをあげるだけで、逆にラインは出て行く。かなり大きい!モーターを助けるためにポンピングを始める、、、と魚がこっちへ向かって泳ぎ始めたようだ。電動が全速力でラインを巻き取るが、ナンだか反応が、、、。ドンドン巻いて行くが魚の反応が戻って来ない。またまたバラシである。こんなところ(危ないくらい岸の岩場に近い)でマグロが食うはずがないので、多分これまで釣った事のないくらいの大型のOnoだったのだろう?Mdキャプテンは「ひょっとしたらUlua(GT)だったかもよ」という。確かにUlua Pointと言われる場所なので、可能性は十分ある。せめて姿だけでも見たかった、、、。

という事で、表題とは似ても似つかない内容の「トローリング・大物バラシ」の釣行となってしまった。ただ、大物がヒットするルアーが解ったのはちょっと進歩だった。

以上、私のブログには誇張やウソや作り話はいっさいありません。安心して信じて読んで下さい。

Fishing Report用メモ:
Aku: 1匹 4ポンド
Ahi: 1匹 4ポンド
Kaku: 1匹 4ポンド

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

Gindai、Kalekale、Kamanuなど

今日は、ポイント(空港沖の水深80Fathom前後)がカンパチとモロに重複するOpakapaka(オオヒメ)とKalekale(ヒメダイ)狙いで出船。ハリとエサを極力小さくしてカンパチの目を逃れる作戦に出たが、、、結果や如何に???

空港沖水深150~160m(80Fathomは144m)で、カツオの小さい切身を投入し、ドリフトに入る。しばらくすると、明らかにカンパチとは異なる上品で(日本の高級魚カンパチに対して失礼かな?)控えめなアタリがあった。Opakapakaか?と思いきや、、、Deep-7の一角をを占める高級魚Gindai(シマチビキ)だった。これはこれで大いに結構、幸先良し。Gindaiはかって一度禁漁期間中に釣っているがリリースしたので、まだ食べた事は無い。OnagaやEhuに負けない美味な魚だと言われている。

R00137171
<Gindai(シマチビキ=Brigham's snapper)、実測2ポンド。透明感のある淡いピンク色と黄色の縞模様が上品で綺麗な魚である。>

次に良型のEhuが来た。カンパチ回避作戦極めて順調なり。

R00137221
<Ehu(ハチジョウアカムツ=Ruby snapper)。味の良さは十分実証済み。>

中層にもエサを入れていたところ、「水深60mあたりに反応」というキャプテンの声。しばらくしてアタリがあり、水面での一暴れで痛恨のバラシ。Kamanu(ツムブリ=Rainbow runner)だった。ツムブリは日本で結構釣っているが、ハワイ島での実績はない。ハワイの初物だったのでバラシは悔しい。その後、水面でのツムブリバラシが続く。ナニかがおかしい。電動リールで強引に巻きあげると、ハリが掛かっている部分の傷が大きくなりハズれ易くなってしまうのだろう、という解釈でネムリバリに変更。4匹目でやっと何とかランディングに成功。ブリやヒラマサの仲間で、見事な流線形の姿が美しい魚である。綺麗で美味しい(はず)初物は嬉しい。水深60mと浅いし、スピード満点のランナーなので、ジギングで狙うのにはもってこいのターゲットだが、遭遇する機会は少ないのかも???

R00137331
<Kamanu(ツムブリ=Rainbow runnner、実測4ポンド)、日本でも南方でよく釣れる魚である。大型は数十ポンドにもなるらしい。Hawaii State Recordは30lb15oz(約14Kg)。>

次に中層に出した竿に大型のOpelu(ムロアジ)が来た。上がって来た時は、一瞬小ぶりなツムブリと思ったが、これまで見たこともないような大きいムロアジだった。
ところで、ハワイ島近海に住むOpeluには2種類いるらしい。どっちがどっちか、私にはまだ判別がつかない。
1)学名Decapterus moroadsi ムロアジ Amberstripe scad ハワイ州記録4.4ポンド。
2)学名Decapterus pinnulatus クサヤモロ Mackerel scad ハワイ州記録2.8ポンド。
まあ、現地の人達と同じように、両方Opelu(ムロアジ)と呼んで差支えないだろう。

R00137361
<大型のOpelu(ムロアジ)。釣れたのは久しぶりだった。できれば泳がせたかったが(生きエサとして投入という意味)、、、準備不足。>

コマセ釣りをしていると、船の周りにコマセがこぼれて魚が寄ってくることがある。今日はダツ(最初はバラクーダかと思った)が3匹ほど、船の周りをウロウロし始めた。あまり興味は無かったが、キャプテンが写真を取りたい(二人ともバラクーダだと思っていた)というので、イワシを放り込んだら即食いついて来た。ハリ掛かりすると猛烈なスピードで水面を走り、ジャンプを繰り返すファイターであり、釣趣は満点で面白いが、食べた事は無い。2匹釣ってダツは終わり。

R00137541
<Aha(ダツ=Needlefish)。2匹、コマセ用に確保。>

次は底でWahanui(イシフエダイ)が釣れたが、リリースするタイミングを逸した。シガテラ毒の可能性があるので、コマセ用として確保。

R00137641
<Wahanui(イシフエダイ=Forktail snapper)。シガテラ毒の実績があるらしい。>

次はDeep-7の一つである高級魚Kalekale(ヒメダイ)が初めて釣れたが、かなり小ぶりだった。

R00137781
<Deep-7 Bottomfishとして州政府によって保護されているKalekale(ヒメダイ=Von siebold's snapper)。レストランでも重用される高級魚であるが、こいつはちょっと小さかった。>

これでDeep-7 Bottomfishで釣れていないのは、Hapupuu(Hawaiian Seabass)とLehi(オオグチイシチビキ=Silverjaw snapper)の2魚種となったが、これからはなかなか進まないかも?

その後、レギュラーサイズのムロアジが釣れた。カンパチはかなり頑張って回避してきたが、やはり釣ってしまった。1匹はランディング→リリースしたが、もう1匹はバラした。そして最後は小ぶりなEhuだった。写真は省略。

今日は8目釣りを達成した(大して意味無し)が、主役のOpakapakaが釣れずちょっと残念だった。

今日はカツオが釣れなかった(というより鳥山が無かったので、釣ろうとしなかった)、、、なんて思っていると、港でチャーターボートのオジサンがカツオを1匹くれた。以心伝心?

Fishing Report用メモ:
Gindai: 1匹 2ポンド
Ehu: 2匹 3ポンド
Kamanu: 1匹 4ポンド
Opelu: 2匹 3ポンド
Aha: 2匹 6ポンド
Kalekale: 1匹 0.5ポンド
Wahanui: 1匹 1.5ポンド
Kahala: 1匹 15ポンド リリース







 

| | コメント (2) | トラックバック (0)