« 小物 DAY | トップページ | クロシビカマス他11目 »

2014年9月29日 (月)

小っせぇなぁ~!

最近のパターン通り、朝7時過ぎ出港の11時半帰港、短時間決戦だった。
今日もShimaichiのGr君が乗船、私が日本へ帰った後のYsさんのFishing Partnerとしての地位を着々と固めつつあるようだ。

今日は思い切って、片道1時間かかるRed Hill沖(Kealakekua Bayの手前)でOpakapakaを狙ってみる事にした。釣りの時間がかなり短くなるが、さてどうなる事か?

Red Hill沖での朝一の第1投目、それらしいアタリがあった。
Weke ula(リュウキュウアカヒメジ)かOpakapaka(オオヒメ)だろう
と言いながら巻上げると、Opakapakaだった。
Imgp0003
<久しぶりのOpakapaka(オオヒメ)。2ポンド前後か?>

順調な出足だった。
この調子だと、今日は1~2時間でOpakaが5~6匹は釣れるかな?」
と、いつもの”獲らぬ狸の・・・”をしながらの第2投目、微かなアタリで上がって来たのはキントキダイだった。最近は柳の下のドジョウも減った。
Imgp0005
<誰かさんにまた”小っせぇなぁ~!!”と言われても仕方がない大きさのかわいいAweoweo(Arrow bulleye=ミナミキントキ)。”大きくなって帰って来いよ”とリリース>

すると、先程リリースした魚が、すぐ大きくなって帰って来た。ハワイではナンでも成長が速いのダ!
でも肝心のOpakapakaはどうなってしまったんだろうねぇ~?
Imgp0006
<前のよりは”遥かに”大きいが、これも”小っせぇなぁ~”と言われても納得せざるを得ない大きさ>

2匹目のOpakapakaが釣れないまま、運転席のYsさんが近くにナブラを発見。
追いかけてみよう
と言う事で、急遽トローリングに変更。
Oioi(ソウダカツオ)みたいですが、時々ちょっと大きい魚も見えます
とYsさん。
何度も鳥とナブラの中を走り抜けるがアタリが無い。
おかしいなぁ~、どうして食わないんだろうなぁ~?」
とワタクシ。
ボートが近づくとナブラが他所へ行ってしまいますねぇ~
ラインを120mくらい出して流してみましょうか?」
というYsさんの提案あり(周辺にボートは居ないので出し放題)。
取り敢えずセンターの竿だけラインを120m出してトローリング続行。
すると、Ysさんの狙い通りセンターにアタリがあった。
Fish on、Stop
で船が止まり、巻き取り開始。
そこそこの感触を示しながら魚が上がって来た。
アッ、金色に光っている。マグロだ!」
と目が見えない老人が言った。
しかし上がって来たのは銀色に輝くカツオだった。
何処が金色なんだよ!
Imgp0015
<カツオ。5~6ポンドか?久しぶりにShimaichiで新鮮なタタキが出せる。良かった良かった>

カツオをもう2~3匹、という事でトローリングを続けたがダメだった。

早めに帰途につき、途中Keauhou Bay沖でエサを落としてみる。
Imgp0017
<またAweoweoが釣れた。小っせぇ~ぞぅ~>


Imgp0018
<最後は小ぶりのEhu(ハチジョウアカムツ)だった。これも小っせぇなぁ~

残念ながら白身ミッション未達のままの帰港となってしまった。
今日はずっとYsさんに運転してもらった。
Ysさん、お疲れさんでした。


Fishing Report用メモ:
Paka: 1匹 2ポンド
Ehu: 1匹 1ポンド
Aku: 1匹 5ポンド
Aweoweo: 2匹 1ポンド
Aweoweo: 1匹 リリース

|

« 小物 DAY | トップページ | クロシビカマス他11目 »

コメント

いい型のカツオだと思うが、スレンダーの感がありますねぇ。つまり皮下脂肪を蓄えていない、アスリートって印象です。引き締まった赤身がものをいうのでしょうが、この季節の日本ガツオで4㌔モンなら腹は大トロです。品川『あじろ』で、お待ちしております(笑)よ。

投稿: 西潟”魚屋”正人 | 2014年9月30日 (火) 07時08分

西潟さん:
こちらのカツオも、丸いのやらスレンダーのやらいろいろいます。一度10キロ(我が艇の記録は13.6キロ)を越えるOtaro(大型カツオ)を西潟さんに食べてもらいたいですね。
月曜日(10/6)はYsさんの要望で、夜明け前にクロシビカマス狙いで出てみます。美味いという話なので、首尾よく釣れたら今度は食べてみます。

投稿: A-Jack | 2014年10月 4日 (土) 05時12分

13.6㌔とは、すごい! 見たことがない…引き上げたのですか! なに、クロシビカマス? クロタチカマス科には小さなカゴカマスもいて、みな美味です。小骨が多いので厄介ですが、塩焼きはお勧めですね。別称”炭焼き”の通り、したたる脂をボウボウと燃やしながら焼くのです。ハワイプールの庭じゃ、似合いませんねぇ…。

投稿: 西潟”魚屋”正人 | 2014年10月 6日 (月) 06時53分

西潟さん:
カツオは船上測定でほぼ30ポンドでした。これだけ大きいのは珍しいですが、Otaroサイズのカツオはちょいちょい釣れます。

投稿: A-Jack | 2014年10月 9日 (木) 07時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小物 DAY | トップページ | クロシビカマス他11目 »