« Quiz | トップページ | 写真が2枚だけだよ »

2014年9月 3日 (水)

朝の3投

コンディション:
  
  満潮: 11:27am
  干潮: 6:40pm
  日出: 6:10am
 
  日没: 6:38pm
  風の予報(NELHA沖 @11:00am): 12 mph
  波の予報(NELHA沖 @11:00am): 高さ 3.6m 周期 19 Sec
  
 
  Small Craft Advisory(小型船舶注意報): 解除されている。
  Cage Buoy:中間点(Keauhou沖)
          


実釣レポート:
2~3日前、知り合いの漁師Ds君に会った。
今年はOpakapaka他のBottom-fishが本当に釣れない。どうしたんだろう?」
と嘆いていた。
底物が不調なのは私だけでないようだ、、、とちょっと安心?
エルニーニョ?異常水温?はたまた世界的な異常気象の影響がコナのBottomfishにも出ているのか?

さて、今日はグラウンド方面の海も穏やかそうな感じなのでグラウンドを目指す事にした。港の出口からトローリングを開始したが、アタリのないままグラウンドに到着。
一気にOnaga(ハマダイ)ポイントまで走ろうか?」
という話も出たが、Onagaポイントは遠い。時間の制約もある事だし、グラウンド入り口から15~20分走ったPoint-77周辺の水深200~220m付近で、たまたま竿を出してみる事になった。

Ehu狙いの朝の第1投目。
オモリ着底と同時にアタリがあった。
Ysさん、来たよ、ヨシヨシ
と言いながら追い食いを待つ。
追い食いを待っているうちに釣れていたヤツが逃亡、というパターンでの泣きも結構多いが、300m近く出ているラインを1匹だけで巻き上げるのももったいない気がして、、、。
そのうちに、
こちらも来ました
とYsさん。
Ehuかな?今日は朝から順調な気配だねぇ~
しばらく待って引き上げる。
Imgp0001
<そこそこの型のEhu(ハチジョウアカムツ)がYsさんに2匹、ワタシに1匹(追い食いは、どないなったんじゃ?)。でもまあ最近に無い順調なスタートだ>

やっぱり底物は南よりグラウンドの方がいいようですね
とYsさん。
第2投目も落とすとすぐ両方にアタリがあった。
これでMission Completedでしょうかねぇ~
とYsさん。
なろう事なら、朝の第1投目に8~10点掛けで、「一気にMission完遂」と行きたいのだが、朝の2投目でMission完遂なら上々、文句は言えない。
上がって来たのは今度もEhuが3匹だった。
Imgp0002
<似たようなサイズのEhu(ハチジョウアカムツ)がYsさんに1匹、私に2匹付いていた>

最近我が家ではサケ以外の魚は食べていないよ。うちの分も釣ってきてね
と家内に言われている。
もうちょい頑張る必要あり。
第3投目を落とす。
ちょっと船の流され方が違ったが、すぐアタリがあった。
入ったポイントがちょっと違ったようで、今度はGolden kalekaleだった。
Imgp0003
<Golden kalekale(ハワイチビキ)が3匹。Deep-7-Bottomfishに次ぐハワイ固有の底物であり、色が少々ケバいが中身は立派な白身魚である>

朝一の3投で今日の白身魚のお仕事はほぼ完了という事になった。
即カツオ狙いのトローリングに移ってもいいのだが、何となくもったいないような気がして
未練がましく第4投目を入れる。Ysさんにアタリがあった。前回よりいいアタリの様子だ。何が釣れているのかちょっと楽しみである。魚が水面近くまで上がって来た。
アッ、走った
とYsさん。
いきなりラインをひったくるように何かが横に走ったらしい。
直後にラインが切れた。
どうもサメの動きではなかったようですね
釣れたEhu(かな?)にカジキが食って来た可能性は十分ある。あるいは歯の鋭いOno(カマスサワラ)だったか。せめて姿だけでも見たかった、、、とバラシの後はいつも思う。ただし、見てしまうと、花ちゃんのように「想像の翼」を広げる事は出来ない。「見ないが花」なのかも?1匹は強奪されたが、Ehuが1匹無事上がって来た。
Imgp0004
<本日「ツ抜け」となるEhu>

白身魚はこれで良し。
たまにはUku(アオチビキ)でも釣りに行こうか?」
という事になったが、GPSに入れてあったUkuのポイントが何故か消えてしまっていた。水深120m辺りを彷徨ってみたが、魚探に全く反応が出ず断念。インプットしておかないと、、、。

多分ダメだろうけど、Point-38へ行ってOpakapakaを狙ってみよう
という事になった。
長い間Opakapakaが釣れていない(殆どPaka釣りに時間を掛けていないせいもある)。夜釣りの漁師が釣れないと言っているのだから、この周辺に居ないのかもしれない。
移動の途中で魚探に非常に濃い反応が出た。慌てて船を停め、エサを入れる。
いい所をエサが漂っているはずだがアタリが無い。そのうちに反応が消えたので移動。
Point-38に到着。
1~2投してダメだったら、トローリングでカツオを狙ってみよう
Opakapakaは食って来ない、という事を前提にした感じで竿を出してみた。
すると、、、
オッ、来た来た
私にアタリがあった。
オヨヨヨヨ、なかなかいいアタリだよ。ひょっとしたらOpakapakaかも?
との期待が高まる。
いい引きをしているが、カンパチやゴマテン君(最近トンとご無沙汰しているゴマテングハギモドキ)にしては引きがちょっと弱い。Weke ula(リュウキュウアカヒメジ)の可能性は十分にある。
さあ何だろう?
見えて来たのは、久しぶりの懐かしい色だった。
よっしゃ~、Pakaだ!
Opakapakaを1匹釣って喜んでいるのもチト情けないが、久しぶりの再会が嬉しかった。
Imgp0006
<本当に”Long-Time-No-See”だったOpakapaka(オオヒメ)。2ポンド前後だろうか?>

その後Opakapakaは釣れず、ちょっと珍しい魚が一荷で上がって来た。
Imgp0009
<Lined coris。ハワイ名:Malamalama。日本名:WEB魚図鑑には私が登録したラインドコリスそのままで掲載されている。日本には居ないのかな?持ち帰って煮物にしたら美味しかった>

2012524
<ハタタテダイ(Pennant coralfish)。過去に2~3度釣った事があり、食べた事はないが食べると美味しいのかも知れない。君は「あじろ定置網」へ行きたいか???この店は最近品川駅の海側、東京水産大学近くに開店した魚料理のレストランで、網代の定置網に掛かった変わった魚を食べさせてくれる面白い店らしい。次回東京へ行った時は是非寄ってみたいと思っている>
<「あじろ定置網」の西潟総料理長の話では、ハタタテダイは刺身でも塩焼でも何でも美味しいらしい。今度釣れたらは食べてみようと思うが、そう簡単に釣れる魚ではない>

さて、Otaroだ!」(OtaroはOotaro、Otaruなどとも呼ばれるが、大型のカツオのハワイでの通称
と言う事で、ルアーを曳いて走ったが鳥も居ないし魚も跳ねない。
ところでコナ(とはいっても極めて限定された範囲ではある)には、「Dr.Mtがコナに来るとグラウンドで鳥が渦巻きカツオが跳ねまくる」という都市伝説(?)がある。

   鳥は居ないし カツオも跳ねぬ 早く来い来い ミツギさん

南行きの潮が悪い、、、と言う事で、今日の釣りはおしまい。

港の近くまで帰って来たところで、
アッ、シーラだ!」
というYsさんの声。
シーラが群れで泳いでいたらしい。
もし間違って釣れようものなら、クーラーバッグを引っ張り出して、氷をクーラーバッグに移して、売り先や配る先考えて、重いバッグを車まで運んで、私のSUVの中に血みどろの水が垂れて、いろいろとややこしいので(ナンチャッテ漁師ここに極まれりかな?)、今日のところは勘弁しておいてやろう、、、という事にした。まあ時間切れという事でもあった。

Fishing Report用メモ:
Ehu: 7匹 10ポンド
G.kale: 3匹 3.5ポンド
Paka: 1匹 2ポンド
Lined coris: 1匹 0.8ポンド
Pennant coralfish: 1匹 リリース

|

« Quiz | トップページ | 写真が2枚だけだよ »

コメント

malamalama? ベラ科のようですね、味わいに〇☓の激しい魚です。どうでした?
ハタタテダイは、美味! 刺し身、塩焼きで捨ててはおけませんよ~!

投稿: 西潟”魚屋”正人 | 2014年9月 6日 (土) 02時31分

西潟さん:
Malamalamaは名前がイマイチ上品ではありませんが、転げる感じの語呂は悪くないですね。煮物にして食べました。美味しかったですが、家内はキスジアカボウの方が美味しいと言っていました。MalaチャンはWEB魚図鑑に私が投稿した1件だけ「ラインドコリス」そのままで載っているようです。おそらく日本にはいないのでしょうね?
ハタタテダイはあまり身がないと思いますが、今度釣れたらリリースせずに食べてみましょう。
Mr.Abaloneは張り切って「あじろ」へ食べに行かれましたか?楽しみにしていたようですよ。

投稿: A-Jack | 2014年9月 6日 (土) 05時24分

Mr abalone は説明してもよく理解できないまま、アカエイの肝、オキザヨリの刺し身、テングダイの刺し身など眼をさらに丸くして、美味しい! と食べていましたよ。奥さんが非常に明るくておもしろい人で、閉店後も大盛り上がり。いやぁ…すごいパワーで従業員も圧倒されていましたよ。重量級の『日本産・魚料理大全』を4冊も買われてA-jack さんにも届けると言い、日本へ送る手はずだと説明、これもよく理解できないまま大きな眼が不満そうでした(笑)。

投稿: 西潟”魚屋”正人 | 2014年9月 6日 (土) 18時28分

テングダイはもちろん食べた事はありませんが、ハタタテダイに似た魚ですね。多分オヤピッチャみたいな感じの味なんでしょうね?アカエイの身はあまり美味しくないみたいなかんじですが、おそらく肝は美味しいのでしょう。オキザヨリというのはダツの仲間ですね。ハワイで釣れるダツはシガテラの可能性があるので私は食べませんが、日本のダツは旨い魚なのですか?Mr.Aは無理して「美味しい」と言ってる可能性もあるので(失礼)、今度会ったらいろいろと本音を聞いてみます。
写真は拝見しました。Mr.Aが一番溌剌としている感じがします。美和子さんも駆けつけて来ていたのですね。
重量級の本の件ではお手数お掛けします。Mr.Aは4冊も買ってどうするんだろう?

投稿: A-Jack | 2014年9月 7日 (日) 06時05分

Test

投稿: Test | 2014年9月 8日 (月) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Quiz | トップページ | 写真が2枚だけだよ »