« 釣りにも格調は必要か? | トップページ | ハガツオ »

2014年3月24日 (月)

マグロの女神様

コンディション:
  干潮: 6:44am
  満潮: 11:45am
  
  日出: 6:25am
 
  日没: 6:37pm
  風の予報(NELHA沖 @11:00am): 9 mph
  波の予報(NELHA沖 @11:00am): 高さ 2.6m 周期 14 Sec
 
  Small Craft Advisory(小型船舶注意報): 発令中。
  Cage Buoy:北の定位置(我が家の前)に定着。
          
  潮流(正しいかどうかは不明だが、それらしい予報サイトが見つかった):       
      グラウンド 表層は南東から北西へ。水深200mでは南から北へ。
      Kailua-Bay: 表層は東から西へ。水深200mでは北西から南東へ。
      Kealakekua-Bay: 表層は南から北へ。水深200mでは北から南へ。
      この情報を信じるならEhu釣りには、底潮が南から北へ流れるグラ
      ウンド方面が良いと思われるが、、、?

予定:
潮の情報を信じて、今日の朝一は少し北へ走り、Ehu & GoKaleを狙ってみよう。その後はCage-Buoyでマグロをという事になるだろう。

実釣報告:
5時45分に港の駐車場でYsさんと待ち合わせたが、毎朝4時とかに目が覚める私は、時間を持て余して5時半に港に着いてしまった。5分程待つとYsさんが来た。年寄りと付き合うのは本当に大変だよねぇ~。Ysさんは睡眠時間が3~4時間らしい。
トットと釣ってトットと帰って来よう
という事で6時出港。
今日は上記の潮の関係から、北方面(グラウンド方面)へ走る。「Small Craft Advisory」が出ているので北方面の海の状態が心配だったが、釣りに支障が出るような波ではなかった。港を出て10分程走ったところで船を停め、Ehu & GoKale狙いの仕掛けを落とす。だいぶあたりが明るくなって来た。
さあ、一気にツ抜けだ」 (どうせダメなんだから、言わない方がいいのだがクセになっている
と気合が入る。
しかしたまには、
朝の第1投でMission完了
というのもあってもいいのではないかと思うが、、、。
オモリが着底した。
ほぼ同時に、
来た、来た!!
じゃなくって
Fish On!!!
である。
ひと~~~つ
追い食いを待つ。
新しい引込みがあった(ような、、、?)。
ふた~~~つ
み~~~っつ



にゃな~~~つ
はい、落ちた!
何が落ちたのかはわからないが、テレビドラマの見過ぎじゃ。「医龍4」も「相棒12」や「隠蔽捜査」も終わってしまった。いつも3月と9月はちょっと寂しくなる。最近はYou Tubeで、日本のテレビドラマがほぼReal Timeで見えてしまう。お蔭で毎週TV-Japanでの放送を待つ楽しみが無くなってしまった。有難迷惑とはこの事か???

Ysさんにもアタリがあったようだ。
同時に巻き上げ開始。

X氏によると、
フルスピードで巻き上げると電動リールの寿命が短くなりますよ」(前にも書いたかな私の釣り友は、Kwさんを筆頭にジイサンが多い。皆さんが忘れているといけないので何度も書くかも?なお私自身はまだまだいけます ⇔ ウソだろう?
・・・・という事なので、最近は7~8部のスピードに落として巻いている。私のような「苛ち」(これって標準語だよね?)には220mの海底が更に遠くなって辛いが、「お竿様」や「御リール様」には大いに敬意を表し、ヨメのように(あるいは人によってはそれ以上に)大事にしないといけません。

途中で得意の「イラン話」が混入し、ワケが解りにくくなったが、、、。
何だろう?
と期待する程の引きではない。
因みに、
にゃな~~~つ
というのは7匹食って来たというのではなく、ヒマにまかせて何故かアベサダが演じる「医龍4」の金髪の荒瀬医師を思い出して、単に数えてみただけである。
黄色いヤツが上がって来た。
Ouch、One got away!
ではやはり緊迫感が表現出来ない。
アッ痛ッ、一つバレた
タマ、タマ、タマ
Ysさんが玉網を取りに走ってくれたが、Golden kalekaleが1匹、船べりから落ちてゆっくりと海底へ帰って行った。
はい、落ちた!
というのは、この事だったのかと妙に納得。
まあ大切な命を一つ助けたのだ、ヨシとしよう
とは思わない。
Holy Sxxx!あぁ~~~、大事な白身魚が、海の藻屑と消えてしまった(違うだろう、藻屑にはならないだろう?)
汚ない、いわゆる「Curse WordsCuss Words)(ののしり言葉かな?)」は、日本語よりアメリカ語の方がはるかに発達しているようで、まことに使い勝手がいい(人間の品格が疑われそうだが)。
元キャプには、よく
やめなさいよ!
と怒られるが、なかなかやめられない。タバコをやめるのは簡単だったのだが、、、。
どうも最近は知らない間に、話題が釣りから逸脱する事が多い。年のせいで脳ミソの中身が支離滅裂な状態になっているのだろうか?
Imgp0001
<Golden kalekale(ハワイチビキ)が2匹。1匹は無事逃亡。良かったね>

何か釣れていたYsさんの方は外れたみたいで空で上がって来た。
第1投目で「一気にツ抜け」の予定が大幅な下方修正に終わった。どこかの会社の決算の予測みたいだねぇ~。
いずれにしても、これからはあまり過大な目標は立てない事にしよう。

第2投目も2匹だけだった。朝マズメの「ツ抜け」は絵にかいた餅に終わってしまうのか?
Imgp0002
<Kalekale(ヒメダイ)とGolden kalekale(ハワイチビキ)>

その後は空振りも交えて、キントキダイの一荷。
Imgp0003
<ともにAweoweoと呼ばれるが、ヒレの形が明らかに異なる。上の小さい方がミナミキントキ(Arrow bulleye)で、下がHawaiian bigeye(キントキダイ系のハワイの固有種)>

他にKalekaleが3匹ほど釣れた。
Imgp0004
<ヒメダイ(Kalekale)。これでもかなり小さいが、もう1匹は更に小さく(自慢にはならないが)写真に写らないくらいだった>

完全に明るくなり、太陽がHualalai山の山頂から顔を出した。
さあ、Maguro Timeだ
という事で、底物釣りは一旦中止、Cage-Buoyへ走る。

Cage-Buoyには釣り船が10艘前後居た。皆さん、ほとんどがトローリングをしている。マグロ狙いの小舟も走っている。立釣りは釣れていないのかも知れない。取り敢えず「所定の場所」(何処かは極秘)に船を停め、ジグを落とす。
ビシッビシッビシッビシッビシッビシッビシッビシッビシッビシッビシッビシッビシッビシッビシッビシッビシッビシッ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
音沙汰無し。
ビシッビシッビシッビシッビシッビシッビシッビシッビシッビシッビシッビシッビシッビシッビシッビシッビシッビシッ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」(しつこい!)
あ~ぁ、疲れた。
今日もマグロ君は留守かい?
釣れそうにない時のジギングは気持ちがクジけそうになる。

学校が休みのせいか、最近のチャーターボートには家族客が多いようだ。トローリングでは子供が、ぼちぼちと小さいマグロらしい魚を揚げている。
走ってみようか
という事でトローリングを始めてみた。
しばらく走っていると、
来ました!
というTsさんの声が聞こえた。
Fish On!!!
ではあるが、如何せん引きが弱い。
あっという間に上がって来た。
カツオであってくれ
の祈り空しくマグロだった。
Imgp0005
<Ahi(キハダマグロ)。前回と同じ4~5ポンド)>

その後、トローリングにもジギングにもアタリ無し。今日は昼前までに港に帰る予定なので、これにてCage-Buoyでの釣りはおしまい。

もう2~3匹底物が欲しいという事でKailua Bay沖のPoint-40に立ち寄ってみたが、Opakapakaは釣れず。
港に近いKaiwi Point沖でGindaiが釣れた。
Imgp0006
<思いっ切りPhotogenicでないGindai。 でも味は変わりないだろう>

Nomさん(Ysさんの奥さん)が、
私はマグロの女神かも?
と言っているらしい。
考えてみると、前々回はNomさんが乗船していて100ポンドオーバー(合わせ技)のメバチマグロが釣れた。やっぱりマグロ釣りには「マグロの女神様」が居ないとダメなのか?
そういや、ずっと前にNomさん母娘が乗って来た時は、巨大なジンベイザメがボートに寄って来てしばらく遊んでいた。300回以上の釣行で、たった一度の貴重な経験だった。
201286point40

<2012.8.6の写真。ちょっと解りにくいが、大きいYsさんの頭より更に大きいジンベイザメがボートの下をくぐっている。Ysさんは飛び込みかったらしい>

Nomさんはボートに乗り込んで来て、助手席でコックリコックリと船を漕いでくれているか、オヤツか弁当を食べているか、写真を撮っているか、キャビンに寝っ転がってRc(娘さん)と戯れているかだが、ひょっとしたらウンは持っているのかも知れない?すべてが「タマタマ」の事で、全然ウンとは関係ないのかも知れない、、、が?でも「タマタマ」の出来事をウンというのかもネ?
まあどっちゃにしても、乗って来るのはWelcomeなので、次はOnagaでも一発大きい運を頼みますヨ、女神様。KwさんのOnaga16ポンドを更新しておかないと、死んでも死に切れないのだ。

あ~ぁ、今日も氷が空しく無駄になってしまった。もったいないので冷凍庫をフルに活用して次回のために冷凍保存して(氷も冷凍保存というのかな?)おく事にした。
そのうちに面倒臭くなって、持って行く氷の量が減って行くだろう。十分少なくなったところでまた、
ドカ~~~ン
と来るかも。
なかなか世の中、思った通りには動いてくれない。

Fishing Report用メモ:
Ahi: 1匹 5ポンド
Go.kale: 3匹 3ポンド
Gindai: 1匹 1ポンド
Aweoweo: 2匹 1ポンド

|

« 釣りにも格調は必要か? | トップページ | ハガツオ »

コメント

へ!わたしマグロの女神だったのっ?`;・(゚ε゚ )ブッ!!

座敷童子の部類じゃないの?
マンボウが水面で飛びはねたり
ジンベエザメが寄って来たり
 
たしかに変なことが起きた時たまたま居合わせてました
偶然か、はたまた必然か?ww

長丁場の釣りには寄りつかない座敷童子より

投稿: にゃ~ | 2014年4月18日 (金) 10時11分

にゃ~さん:
今頃気づいたんかい?遅い!
座敷童子にしては年が行き過ぎてるような、、、まあいいか。

投稿: A-Jack | 2014年4月18日 (金) 16時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 釣りにも格調は必要か? | トップページ | ハガツオ »