« イルカの代わりにサメが | トップページ | バレた大マグロ(?) »

2013年9月23日 (月)

ヤイトが四つ

コンディション:
  
  満潮: 7:23am
  干潮: 2:12pm
  日出: 6:14am
 
  日没: 6:20pm
  風の予報(NELHA沖 @11:00am): 13 mph
  波の予報(NELHA沖 @11:00am): 高さ 0.8m 周期 13 Sec
  V.V-Buoyの位置: 最南端にあり。
  Small Craft Advisory(小型船舶注意報): 昨夜解除された。

予定:
潮は南でよろしくないが久しぶりにグラウンドへ行ってみよう。ひょっとしたらOnagaが釣れるかな?
久しぶりに来る予定だったヤスさんは残念ながら今日も欠席。West Hawaii Todayによると、Waikoloaの山側で木が光ファイバーケーブルを切断してしまい、ハワイ島西側でのCredit Cardや電話が長時間不通になったとの事。レストランなどにとってはかなり大変な事らしい。

実釣報告:
グラウンドには鳥がボチボチ、魚もピチピチと散発的に跳ねていたので多少期待したが、やはりカツオは釣れないままOnagaのONA-3ポイントに到着。
モタモタしているうちにグラウンドでのアクションがないまま夏が過ぎ去って行ってしまった。ミシガンではWhite Hallの堤防からのKing Salmon釣りが佳境に入る頃だ。Hr君が18ポンド、釣友のトビーさんが22ポンド(10キロ)を上げたとの事。White Hallは今年は大物Yearなのかも?ハワイ島も頑張らにゃあ完全に負けてるぞう!

Md-キャプテンがワタシのコーヒーカップにOnagaの絵を描いて祈願してくれた。
P1230793_31
<Onagaの尾っポのChina Paint。>


さあミシガンを上回る23ポンドのOnagaよ来い!
・・・・・・・なんて張り切ったが、まず釣れたのがこんな小物だった。
P1230855
<水深250mの常連、ヒシダイ君(Senbeifish=Deepbody boarfish)。このヒシダイ君は恒例の塩焼きは免れそうだ。「煮てみようか」とキャプテンが言っていたので、、、>

昼近くまでOnagaポイントで頑張ってみたがOnagaからの音信は無し。
打倒ミシガン」ならず。

失意のままOpakapakaポイントへ移動。グラウンドでOpakaが釣れたのは忘れてしまうぐらい昔の事だが、最近ちょいちょいKTA(スーパー)でOpakapakaを見掛けるのでひょっとしたら食い気が戻って来ているのかも知れない。ダメモト的な気持ちではあったがエサを落とす。すると、、、、
オッ、来た来た!
いいアタリだ。
ゴマテンではなさそうね、バラさないでね
とキャプテン。
Trust me!
とは言わなかったが、本人はもうOpakaが釣れた気になっていた。
電動で巻き上げを開始、心地よい引きが竿先を揺らしている。
Opaka爆釣か?
なんて思いながら他の事をやっていたが、、、ふと竿先を見ると、、、
無い!
竿先の反応が無くなっていた。しばらく微かな希望を持って竿先を見つめていたが、バラしたのは間違いないようだった。
あ~あ、久しぶりのOpakapakaだったのに
ひょっとしたら浮いてくるかも知れないので、しつこく周りの水面に気を配っていたが、元気に海底へ帰って行ったのだろう。まあ、生き物の命を大切にする事は悪い事ではない()。

今日は愛艇の下150mの海底にOpakapakaがウジャウジャいるのかも知れない
と気を取り直して2投目を入れる。
来たぞ!
以下、上記の会話とほぼ同文。
そして
この子はバレず無事上がって来た。
P1230857
<Opakapaka(オオヒメ)。最近なかなか釣れない貴重な寿司ネタである>

さあ、Opakapaka爆釣劇の始まりか?
と思いきや、その後Opakaからの音信はぱったりと途絶えてしまった。
この海底にはOpakaは2匹しかいなかったんだろうか?
1~2匹釣れた後、食いが止まるのはよくある事だが、イマイチよく解らない。
仕方ないので水深を変えたりしながら流しているとKalekaleが釣れた。
P1230861
<Kalekale(ヒメダイ)>

ちょっと珍しい魚も釣れた。
P1230863
<キビレマツカサ。メンパチ(アカマツカサ)の仲間なので美味しいはず。ヒシダイと一緒に煮物かな?最近あまり釣りに行っていないので魚を食べていない。ちょうどいい>

ミシミシミシ
竿受けが不気味な音を立て、竿先が水面向けて突っ込んだ。
よし、来た、、、、?
とは言ってもねぇ~。
チッ、カンパチかい
とワタクシ。
ひょっとしたら大きいLehi(オオグチイシチビキ)かもよ
とキャプテン。
慰めてくれるのは有り難いが、それはチャウだろう!
電動リールがオーバーヒートするのでGimbalを付けて150m以上を「ウンセ、ウンセ」と手巻きで巻いた。結果は予想を外す事なくこいつだった。
報酬無き労働
まあ、「無償の愛」みたいなものだろうか?
Nnn、全然違う?
P1230867
<Kahala(ヒレナガカンパチ=Almoco jack)>

底釣りをしていると中層反応がよく出るので右舷に2本バリの竿を出しておいたところアタリがあった。かなり強いアタリで、12号ナイロンの限界近くまで絞ったドラグからラインが引き摺り出されて行く。
マグロか?
12号ナイロンでは心もとない。手持ちで対応開始。
ラインが止まった。
重いぞう
とワタシ。
なかなかポンピングが出来ない。またラインが出される。100ポンドオーバーのマグロだろうか???四苦八苦しているうちにバレてしまった。12号ナイロンを切られていた。
ちきしょう~、大マグロだったのに???
逃がした魚は何とでも言えるのでロマンがあっていいねぇ~(その割には書き方がネバくない。マグロの感触ではなかったのかな?)。

中層反応の主はムロアジのようで、20号ナイロンの胴突き仕掛けにムロが食って来た。しかし全部バレた。硬い竿と242号相当のオモリでは無理なし。

カツオを釣らなきゃ
という事で、再び鳥を追いかけるがアタリが無い。諦めて港の方向に帰り始めたところで右舷の竿にアタリ。次いで左舷、センターにも、、、
トリプルヒットだぁ~!
キャプテンが運転席から降りて来て手伝ってくれるが3本のラインが交錯、放置しておいた1本からは魚が逃げてしまった。近くまで来た魚を見て、ちょっとがっかりしながら、
Oioi(ヒラソウダ)かい、まあエサにはなる
なんて言ってると、
おなかにヤイトの斑点があるよ。スマガツオだよ
とキャプテン。
ほんとだ、ヨッシャー!
とワタシ。
P1230869
<Kawakawa(スマガツオ=屋久島ではオボソと呼ぶらしい=黒斑がヤイトの跡のように見えるのでヤイトと呼ぶ地方もある)のダブルヒット。カツオより美味と言われている>

そしてまたスマのダブルヒット。
P1230870
<2度目のダブル。上出来なり>

火曜日はShimaichiに美味しいスマガツオがあるよ。 


最後にグラウンド入口近くで1投したところKalekaleが釣れた。
P1230872
<ヒメダイ(Kalekale)>

ヤスさん情報では、相変わらずコナ沖ではOpakapakaは釣れていないらしい。ヒロ沖ではOpakapaka中心にDeep-7が揚がっているようだ。Opakapaka爆釣の日はいつ来るのだろう?


Fishing Report用メモ:
Kawakawa: 4匹 15ポンド
Paka: 1匹 1.3ポンド
Kale: 2匹 2ポンド
Kahala: 1匹 リリース
Kibirematukasa: 1匹 0.4ポンド
Senbeifish: 1匹 0.4ポンド

|

« イルカの代わりにサメが | トップページ | バレた大マグロ(?) »

コメント

スマガツオ美味しそうですねー!

今年のキングサーモンの季節は早く始まり、早く終わってしまいました。
正確には7月下旬からポロポロ釣れはじめ、9月の上旬に二日間だけ爆釣したようで、翌日(小生参戦日・・・涙)からぱったりと渋くなって、早くもほぼ終了のようです。

駐在してすぐの2008年シーズンに連れて行って頂いて、毎年本当に楽しませて頂きました。ありがとうございました。
小生の釣りトモもたくさんWhitehallへと足を運びました。みなさん、初キングの後は「一生の思いで」とおっしゃっています。
そんな思い出深いサケ釣りも、小生にとっては今シーズンが最後のようです。
年末に家族が帰国し、小職は少しだけ居残って春ごろに帰任ということになりそうです。

なかなかお邪魔できませんが、ご一緒させてもらうのが小生の釣り分野の夢です。

次回の釣行記も楽しみにしてます!

投稿: デトロイト支部 | 2013年9月25日 (水) 14時51分

デトロイト支部さん:
今年のミシガンは寒くなるのが少し早いのかな?昔より1~2週間シーズン終了が早いような気がするけど、、、。その分Steelheadが早くなるのかもね?
今回はスマを1匹持ち帰って刺身にし、アボカド・スマガツオ丼にして食べました。やっぱり美味かった。デカいスマが釣れるともっといいんだけどねぇ~。
Hr君が帰任してもサケ釣りの後継者はトビーさんほか何人かいるのかな?ミシガンの日本釣り文化(?)の火は消して欲しくないですねぇ~。

投稿: A-Jack | 2013年9月25日 (水) 17時31分

グリーンカード取得予定の釣りトモにも伝授してますし、噂が噂をよんで、堤防には結構な数の日本人アングラーが通っています。顧問のDNAはホワイトホールにサケが戻ってくる限り不滅です。

アボガド・スマガツオ丼・・・良い響きですねぇ~!

投稿: デトロイト支部 | 2013年9月29日 (日) 03時08分

デトロイト支部さん:
そうですか。結構な事です。
せめてKingのシーズンがもっと長くて、場所がもっと近ければいいのにねぇ~。

投稿: | 2013年10月 1日 (火) 08時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1198905/53343895

この記事へのトラックバック一覧です: ヤイトが四つ:

« イルカの代わりにサメが | トップページ | バレた大マグロ(?) »