« カツオが空を飛ぶ!? | トップページ | 漁師返上 ⇒ 釣り好きオヤジに »

2013年8月19日 (月)

どうにか Mission Accomplished

コンディション:
  干潮: 8:55am
  満潮: 3:48pm
  
  日出: 6:06am
 
  日没: 6:50pm
  風の予報(NELHA沖 @11:00am): 10 mph
  波の予報(NELHA沖 @11:00am): 高さ 0.5m 周期 13 Sec
  V.V-Buoyの位置: 最北端にあり。
  Small Craft Advisory(小型船舶注意報): 解除されている。

予定:
2~3日前グラウンドへ釣りに行ったDr.Mtより、
グラウンドでは鳥が渦巻いて、15分でカツオが2匹釣れ、Mahimahiが100匹くらい泳いでいましたよ」という情報が入っている。10キロのMahimahiが100匹釣れたら1トンか、、、ボートが沈むかも、、、なんて考えた。
今日はグラウンドの海は穏やかそうだ。
ご近所のKsさんから、
日本からのお客さんに食べてもらいたいので、是非美味しい白身魚を釣って来て下さい
とお願いされている。コナの美味しいカツオも是非一緒に食べてもらいたいが、こればかりは魚サイドの都合もあるので保証の限りでない。
任しなさい!
と安請け合いはしなかったが、軽く朝飯前(昼飯前か?)に
Mission accomplished!
と行きたいところである。

余談:
釣って来るぞと勇ましく、誓ってうち(我家)を出たからにゃ・・・・・・
最近NHKの番組「零戦~搭乗員たちが見つめた太平洋戦争~」を見てちょっとカブれた。もともと太平洋戦争の戦史には興味があり、若い頃いろいろな本を読んだ。私は昭和23年生まれだが、
もう30~40年早く生まれていたらどうなっただろうなぁ~?
なんて考えた時代もあった。
うまく合格すれば迷わず江田島の海軍兵学校へ行っただろうと思うが、、、超難関の学校だったらしいので、合格しなかった可能性はかなり高い。予科練もいいが、戦闘機で宙返りをすると目が回りそうで、、、。「桜に錨の7つボタン」に憧れたりもした。
小学低学年()の頃は、何故か「最後の戦闘機」という映画に強い興味を示していたらしい。学生時代は、戦記物の本を読みながら、自分をゼロ戦のパイロットや戦艦大和の乗組員に重ね合わせていろいろ想像していたように思う。
陸軍はイヤだった。「インパール作戦」の本などを読むと、爆弾で足を大腿から吹き飛ばされた兵隊が行軍について行けなくなり道端に取り残され、まだ生きているのにその傷に多数のウジがわいているような描写がある。悲惨この上無しである。不安も我々が想像しようのないくらい極限に達していただろう。彼らはどんな気持ちで死んで行ったのだろう、、、なんて考えもした?基礎体力に勝るアメリカに戦争に負けた事は仕方ないとして、局所的にはもっとマシな戦い方があったのではないかと思う。今も昔もリーダーの資質が問われるのは同じだ。 

実釣報告:
さて、
釣って来るぞと勇ましく、誓ってうち(我家)を出たからにゃ・・・・・・
と口ずさみながら勇ましく(でもないかな?)港を出た。
天気は上々のようである。グラウンドに入ると、鳥が飛んでいたが「渦巻いている」と言う程では無い。魚も「ナブラが立つ」と言う程ではないが、あっちでピチャ、こっちでピチャと跳ねていた。
いきなりキンキンにアタリだ。
来たぁ~、ストップ!
よ~し、カツオか?
と思ったが、引く力が弱い。Oioiだった。
P1230358
<Oioi(ヒラソウダ)。こんなのが3匹釣れた。これはこれで次回のエサが出来て有り難い>

カツオよ、食って来てくれ
と祈りながら北上を続け、OnagaのONA-3ポイントを目指す。
結局Oioiが3匹釣れただけでONA-3に到着。
3~4ポンドくらいOnagaが釣れたら今日のMissionにはドンピシャである。
第1投目、いきなり根掛かり。オモリを失くしたが、ヒシダイが2匹釣れていた。
オモリとヒシダイ2匹の交換、得か損か?
損したなぁ~という感じの方が強い。
P1230361
<2ポンドのオモリと交換のヒシダイ>

アタリがあった。しかしOnaga特有の元気いっぱいのアタリではない。
ヒシダイでない事は間違いない。おそらくEhuだろう
という予想だったが、、、。
P1230363
<Golden kalekale(ハワイチビキ)。どっちかというとEhuの方が良かったが、ゴーカレも悪くはない>

昼前までONA-3ポイントで頑張ってみたが、ヒシダイを何匹か追加しただけで結局Onagaは釣れず。さて困った。Missionが双肩に重い。泣きそうになってきたヨ。
最近グラウンドでは全くOpakapakaが釣れていない。
ダメな可能性が高いが、Opakapakaを狙ってみよう
とPakaポイントへ移動。
しかし予想通り、全くアタリさえ無かった。しかしエサは盗られていた。
Pakaは諦めてPoint-7へ移動し、Ehuを狙う事にした。
気持ちが少し焦って来た、、、が。
来た、来た
Ehu的ないいアタリがあった。
バラさないでね!!!」
とキャプテンよりいつもの指示。
巻き取り開始、、、したが何だか変。どうも魚が付いていない感じだ。竿を手で持ってみる。魚が抵抗する感触が伝わって来ない。
あ~ぁ、バレた
ガッカリである。
会心のTee Shotの後、2打目を見事にチョロするようなものか?

またEhu的ないいアタリがあった。
今度こそバラさないでね
とキャプテン。
バラしたくてバラしている訳ではないんだけどねぇ~。
チョロがゴルフに付きもの(Kwさんはこの限りでない)であるように、釣りにバラシは付きものなのよねぇ~。
重いMissionを背負った魚が無事上がって来た。
ありゃ、赤くないぞ
という事はEhuではないという事だ。
黄色いヨ
またゴーカレかなと思ったが、、、。
P1230365
<美しいGindai(シマチビキ)だった。荒川のヨシヨシ君だ。これで我家の白身魚Misshionは一応完遂。あとはShimaichi向けを釣ればいい>

その後、Point-7のちょい南で良型のGindaiが連発した。
P1230368
<写真写りのみすぼらしいGindaiだった。でも味は同じはず。1匹目と同じ魚とは思えないが、まあヨシとしよう。一安心である>


P1230389
<3匹目のGindaiは一番大きかったが、これまたPhotogenicではなかった>

さて、時間が無くなって来た。白身魚は一応これでヨシという事にしよう。

問題はカツオである。幸い朝より鳥の数が多くなってきた。多分Dr.Mtが言う「渦巻く鳥」というのはこれだろう。
P1230379
<大きいナブラではないが、グラウンドの夏はこうでなくてはいけない。船のすぐ近くの鳥の下にカツオらしい魚がが見えている>

ナブラを見るとワクワクしてくる。
さあ、行くぞ!
張り切ってカツオ狙いのトローリングに移る。
ボートがナブラのど真ん中を走り抜ける。
Fish on! ダブルだ!! トリプルだ!!!
あっ、バレた
さあ忙しくなってきたぞ。

**************************************************************************
~これからKohanaiki(新しいExclusiveな高級リーゾートゴルフ場)で初めてのプレー。ブログどころでなくなって来た。続きは後ほど~

「気を付けよう、チョロにシャンクにフォーパット!!!

Kohanaiki C.C.へ行ってきました。素晴らしいゴルフ場でした。まず、従業員教育はハワイ島のゴルフ場では断トツのベスト(Kukioは行った事がないので解らない)。非常に気持ちがいい。茶店にはアルコール類を含めた飲みモノやスナックがふんだんにあり、途中でランチ(美味しいミニハンバーガー)までくれる。アイスクリームやソフトクリームがあり女性は大喜び。18番ホールを終えると、サッとお絞りが出てくる。
工事中の場所がいっぱいあり景観はイマイチではあるが、ゴルフ場そのものはユッタリしていてやりやすい。当然フェアーウェイもグリーンもきれいだ。バンカーが多くグリーンは速くて難しい。しかしこんな所でゴルフをしていると、他のゴルフ場ではやりたくなくなるでしょうねぇ~。
さて、Mtさん

One Lotが$2millionとか()ですよ。早く買わないと、そのうちに自家用のジェット機を持っている人にしか売ってくれなくなるかも?Mtさんが買ってくれるといいなぁ・・・・・・・。
************************************************************************

閑話休題。
釣りの話に戻ろう。
アッ、サメがいる
とキャプテン。
指差す方向を見ると、デカい茶色のシルエットが見える。かなりの大物である。人食いザメと言われるTiger Sharkだろうか?釣れた魚は全速力で巻き上げないとサメに盗られてしまう。
センターの竿を手で持って必死にポンピングしているとバレてしまった。後でわかった事だが、ムリムリ巻いたため、キンキンの手前に付けてあったサビキのハリが伸ばされていた。
どうにか2匹はLandingに成功。この逆境の下では上出来であろう。
P1230396
<カツオのダブル。これで一安心である>

そしてまた釣れた。
P1230392
<3匹目>

結局短時間でカツオが5匹釣れた所で時間切れ。
どうにか「Mission Accomplished」である。

帰途、
アッ、ハンマーヘッドシャークだ
とキャプテン。
これからは釣った魚をだいぶサメに盗られそうだ。
ヤだねぇ~!


Fishing Report用メモ:
Aku: 5匹 20ポンド
Gindai: 3匹 7ポンド
Oioi: 3匹 5ポンド

|

« カツオが空を飛ぶ!? | トップページ | 漁師返上 ⇒ 釣り好きオヤジに »

コメント

その後のかつおの釣果とゴルフ場の情報、成績のレポートを首を長くしてお待ち致しておりますゾ!

投稿: Matt | 2013年8月20日 (火) 18時23分

Mtさん:
返事は本文にて。
ゴルフの成績なんていうモノは、無闇矢鱈と公表したりするものではありません。推して知るべし???

投稿: A-Jack | 2013年8月21日 (水) 07時00分

あっはっは!

投稿: Matt | 2013年8月21日 (水) 13時27分

Mattさん:
Mattさんが居なくなってから、「Kwさんのようにアイアンが上手なジイさんになりたい」という願望の下、集中的にアイアンを練習して来ました。お陰様で、アイアンは大して進歩が無い代わりに、得意の5-Woodと3-Woodがおかしくなってしまった。「下手の練習休みに似たり」、、、ですねぇ~。

投稿: A-Jack | 2013年8月21日 (水) 17時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1198905/52941289

この記事へのトラックバック一覧です: どうにか Mission Accomplished:

« カツオが空を飛ぶ!? | トップページ | 漁師返上 ⇒ 釣り好きオヤジに »