« ドラマ無しも満遍なく | トップページ | 不退転の決意? »

2012年9月 6日 (木)

あわやオデコ @ グラウンド

コンディション:
 
  満潮: 8:44am
  干潮: 2:53pm
 
  日没: 6:34pm
  V.V-Buoyの位置: 最北端にあり。

予定:
先週グラウンドで50ポンドのキハダマグロが釣れたという話を友人から聞いた。行ってみたいが、今朝も「Small Craft Advisory」は解除されていない。ウネリの様子を見にグラウンド入口まで行ってみるという手はあるが、ダメだと1時間が無駄になる。10ポンド以下のマグロ狙いなら直接F-Buoyの方が遥かに確実性はある。さてさて、、悩ましい。

潮は引き続き北へ行っている。ワタシは最近グラウンドでマグロを釣っていないが、やはりマグロは来ているようだ。グラウンドは釣れればマグロもカツオも型が良いし、海が穏やかならOnagaの可能性もある。やはりBuoyより魅力的だ。U-Turnのリスク含みだが、取り敢えずグラウンドの入口を覗いてみる事にした。

実釣報告:
グラウンドは比較的穏やかで、釣りに支障はなさそうだった。チャーターボートと小舟が合わせて数艘、主にトローリングをしていた。マグロ狙いの小舟の集結無し、、、ガッカリ。いつもの事だが、朝のグラウンドは鳥も少なく跳ねる魚も殆ど見えない。静かなものである。
適当な所にボートを停めて、左舷はエサ釣り、右舷はジギングでマグロを狙うも全く反応無し。ボチボチと鳥が飛んでいるのが見える。ジギングに疲れてきたのでトローリングに変更。しかしトローリングもカツオが釣れる気配無し。

底釣りに変更。ONA-3ポイントまで足を伸ばしOnagaの竿を出す。しかし底潮が速く極めて釣りづらい。いつもはコンコンと来るヒシダイのアタリさえ無い。結局Onagaは3投程ほどで断念。更に北上しOpakaのポイントへ行ってみたが、モンガラが1匹釣れただけでOpakaは不発。南へ戻ってPoint-7でEhuを狙ってみたが、これもスカ。すぐ近いPoint-38でアタリがあったが、こいつはアタリが良すぎた。「99%ゴマテン」を宣言され、「間違いであってくれ!5~6ポンドのOpakaであってくれ!」と無理な祈りをされながら上がって来たのは、、、。
P1150534
<やはりゴマテン(ゴマテングハギモドキ=Spotted unicornfish)だった>

結局Opakaは1匹も釣れず。場所を変えて時々ジギングにも精を出すが、こちらも音信無し。

午後3時近くまでクーラーボックスは見事に空のままだった。グラウンドでこれほど何も釣れないのは珍しい事である。血の色が全く付いていない無色透明の氷水が入ったクーラーボックスの中が妙に綺麗な感じがした。グラウンド周辺には小さいボートが1艘だけマグロ釣りをしていたが、釣れているのかいないのか???
時間も無くなって来たので、底物とマグロは諦めカツオ1本に絞る事になった。今日は、先日の様な濃いワクワクする鳥山やナブラは全く無し。散発的に飛んでいる鳥を追ってキンキンとフライを曳く。
他のトローリングボートがいないと、遠慮無しに何処でも走れるので気持ちがいいわ
とキャプテン。
これで釣れると、グラウンド独り占めなんだけどねぇ~
今日は本当に丸ボウズかも知れんゾ
と覚悟し始めたところでやっと「ピンク・青・白」のキンキンにアタリがあった。虎の子の1匹になる可能性があるので絶対にバラしたくない。電動巻きを使わずゆっくり手巻きでやっていると、キャプテンに、
バラすのイヤだから慎重に巻いているんでしょ?
と見破られた、、、という程のモノでもないが、まあ結構ナンでもお見通しである。 
祈りを込めたカツオは無事Boatingされた。まずはメデタシ。これでナンとか「オデコ@グラウンド」は回避。因みに「オデコ」と言うのは釣り用語で、何も釣れない状態の事。オデコには毛が無い→ケが無い→気が無い→気配が無い→釣れない。「ボウズ」とまったく同じ意味で使われるが、共に標準釣り用語かどうかは不明。これからはちょっと差し障りのありそうな「ボウズ」はやめて「オデコ」を使う事にしよう。いずれにしてもあまり使いたくない言葉ではある。 
P1150536
<大事な大事な「オデコ回避」のカツオ。8~9ポンドかな?こいつをバラすとつらかっただろう>

やはり時合が来たのだろうか?すぐダブルヒットが続いた。
P1150539
<大きい方が10ポンドジャスト。オタローには届かないが、チュウタローの長男ぐらいの良型である。3匹確保して一安心>

次のダブルヒットは1匹がバラシで、1匹だけランディング。
P1150542
<11ポンド、もうちょい頑張れば晴れてオタロー。だんだんよく鳴る法華の太鼓>

また来た!
グラウンドでトローリングをしているのは我々1艘だけ、しかも一転トローリングでカツオが爆釣モードに入った。本当にわからないモノである。
しかしこいつは小さかった。
P1150547
<Oioi=Keokeo(ヒラソウダ=Frigate mackerel)>

次に来たのは引きに重量感があり、てっきりマグロだと思ったが大きいスマガツオだった。
P1150550
<Kawakawa(スマガツオ=ヤイト=Mackerel tunaなど英語名多数)。14ポンド(6.4キロ)。いつも書いているが、スマガツオは本ガツオより美味で、ホンマグロと同等あるいはそれ以上、と言う人もいる。赤みが非常に濃い、確かに美味しい魚である>

結局最後の1時間くらいで、10ポンド前後のカツオが7匹、スマガツオが1匹、ヒラソウダが1匹釣れた。
そして一番最後に来たのは悪人ヅラしたこいつだった。
P1150554
<Kaku(オニカマス=Barracuda)。目つきが悪く、歯が大きくて鋭い危険な魚である。トローリングで釣れたのは2回目だと思う。リリース>

今日はオデコ覚悟が一転爆釣モードに変わった変な日だった。不本意な釣りではあったが、良型のスマガツオが釣れたのでまあ良しとしよう。


Fishing Report用メモ:
Aku: 7匹 50ポンド
Kawakawa: 1匹 14ポンド
Kaku: 1匹 リリース
Kala(ゴマテン): 1匹 リリース
モンガラ: 1匹 リりース

|

« ドラマ無しも満遍なく | トップページ | 不退転の決意? »

コメント

ああ! もったいない バラクーダ

味噌漬けにすれば美味しいのに。。。この次は切り身にして
冷凍保存して置いてください。うちのバキュームパック器を使えば1年でも大丈夫なのになぁ

投稿: matt | 2012年9月 7日 (金) 06時58分

Mattさん:
バラクーダの味を知っているとは、、、なかなか通ですねぇ~。私はまだ食べた事がありません。次に釣れたら味噌漬けにして冷凍保存しておきましょう。

投稿: A-Jack | 2012年9月 7日 (金) 18時20分

食べるのちょと待ったー!私が食べたいのではありません。コナのバラクーダは、シガテラが、、オノは食べれるのに(コナの友人に聞いた様な気がします)と思いました。味噌ずけ、粕ずけ、美味しそうですが、ピリピリッと来ると大変です。
師匠試してください、いやいや調べてください。
mattさんご無沙汰しています。又ご一緒して沢山飲みたいものです。あー早くコナに行きたい。
そうそう、mattさんポールさんのことお聞きになりましたか? 師匠失礼違う業務連絡になってしまった。

投稿: 釣り道落人ボラボラ | 2012年9月 7日 (金) 19時49分

落ちボラさん:
そう言えばそうでした。シガテラの事をすっかり忘れていました。しかし、小さいヤツなら大丈夫なのでMattさんに食べてもらって様子を見る事にしましょう。Mattさんならちょっとやそっとでは中毒にならないはずです。
またコナへ来て下さい。オタロー君が待ってますよ。

投稿: A-Jack | 2012年9月 7日 (金) 20時58分

Rockです。

カツオ好きの当方にとっては堪らない釣果ですね。

ハワイ島で食べたカツオのタタキが忘れられません!

さて、我々ミシガンアングラーにとってのサーモンX Dayがついに先週日曜日に訪れました。

Hrさんの3匹を筆頭に、Pierではお祭り騒ぎでした。

先週急に水温が下がったことが大きな要因と思われます。

当方と言えばこの祭りに全く踊らせてもらえず、網入れでのバラシ、ファイト中のフックアウトと良い所なしでした(泣)。

まあ、今年は3本、それも全てメスをゲットしていますので、十二分に楽しませてもらいました。

これ以上欲を出すと、バチがアタリそうで。。。

今週末にはおそらくPierでの釣りは終了するものと思われます。

今年も悔いなし、WHに感謝・感謝です!

投稿: Rock | 2012年9月10日 (月) 13時54分

Rockさん:
バラシもあったようですが、Bnさんレポートによると結構楽しんだのでは?例年ならまだ2~3週末は大丈夫のように思いますが?まあまたすぐSteelheadも始まる事だし。
最後のWhitehall、十分に楽しんで下さい。

投稿: A-Jack | 2012年9月11日 (火) 07時29分

A-Jackさん
釣り道落人ボラボラさんに私のメールアドレスをお送り頂けませんか? すみません業務連絡になってしまい
ポール君のことが気になるもので。。。何かあったのかな?

投稿: matt | 2012年9月11日 (火) 11時49分

Mattさん:
送りましたよ。

投稿: A-Jack | 2012年9月11日 (火) 13時21分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あわやオデコ @ グラウンド:

« ドラマ無しも満遍なく | トップページ | 不退転の決意? »