« Tunas are here!? | トップページ | 招かれざる客(魚のコトだよ!) »

2012年7月 2日 (月)

噂を信じて、、、

コンディション:
  干潮: 9:10am
  満潮: 4:31pm
 
  日没: 7:06pm
  V.V-Buoyの位置: 最北端にあり。


実釣報告:
土曜日の朝、ライチーやリリコイ(パッションフルーツ)やドラゴンフルーツを買いにKeauhou Farmer's Marketへ行った。そこで、いつも魚(Ono、Ahi、Mahiなど)の切身を売っているオジサン(オニイサンかな?C-Buoyで遭遇した事がある)に、
Are Ahi (Tuna) biting at C-Buoy?
とちょっと情報収集してみたところ、
Yes, some big ones like 40~80 pounders were biting at C-Buoy this week.」
という期待していた以上の返事が返って来た。
こりゃえらい事だ!サイズも大き過ぎないし、イヤらしいシワハイルカ(Steno Dolphin)も来ていないという。チャンス到来か?、、、という事で、単純にこの話だけを信じて今日はC-Buoy遠征と言う事に相成った次第。安易に噂を信じると、こんなはずではなかったに、という事になるのはよく解っているのだが、、、。まあ天使のような、人を信じる事しか知らない性格は今更どうしようもない。

C-Buoyの状況が変わっていない事を祈りつつ一路南を目指す。今朝はキンキンは1本だけにして、曳くのはマグロ狙いの大きいルアーが2本。そこそこ大きいヤツが掛かっても、Ysさんと二人なら何とかなるだろうという甘い考えだ。出来るだけ100ポンド前後(以下でも可だが、以上はチト困るかも?⇒変な漁師だよ、まったく)のマグロだけ食ってきてくれと祈りつつ、、、。
しかし、、、あ~ぁ、南部戦線まったく異常無しである。片道2時間半程度のクルージング(トローリング)だが、大きいのも小さいのも食って来ない。こうなると「もう何でもいいので何か食って来てくれ!」という事になる。しかし何も食って来ない。

C-Buoyが見える位置まで来た。C-Buoy近辺に小舟が数隻いるが、C-Buoyから大分離れた所にも小舟が数隻いる。ナンだろう???まあ取り敢えずはC-Buoyへ行ってみる事にした。C-Buoyに着き早速ジギング開始。近くに居た小舟が数ポンドクラスのマグロを釣った、ジグをシャクりながら周辺の様子を窺うが、40~80ポンドが上がっているような雰囲気はない。皆さん、結構暇そうにしているようで、小さいのもあまり釣れていない感じである。Ysさんと私のジグには反応無し。こうなると別の場所の小舟集団が気になって仕方が無い。あの場所では40~80ポンドのマグロが食っているのかもしれない、、、。とうとう結局辛抱し切れずに、そちらへ移動してみる事になった。

小舟集団に近づいてよく見ると、数隻の小舟がある1点を中心に円状に止まっている感じだ。中にはゆっくり動いているヤツもいる。そしてYsさんがこんなモノを見つけた。
P1130699
<海藻などが付着した結構長いロープが浮かび、その下でシイラが泳いでいるのが見えた>

小舟集団の狙いは、どうもこれだったらしい。Floater(浮遊物)の近くで我々もジギング開始。何かの理由で(忘れた)私が電動の高速でジグを巻きあげていると、何かが食って来た。上げてみると、、、。
P1130696
<こんな小型のシイラ(Mahimahi)だった。こんな小さいヤツでも、船上は血で戦場みたいになった> 

Floaterの近くにシイラが寄っているらしい。コマセを撒くとアミモンガラがいっぱい寄って来た。その中にシイラのきれいなブルー色がチラチラ見える。コマセの中にエサを入れてみたが、何故か食って来ない。そんな賢いはずはないのだが???ジグをキャスティングしてみるが、これにも反応無し。いっぱいコマセを貰って腹いっぱいなのかな?Ysさんもいろいろやっているようだが釣れない。結局、シイラは1匹あればいいだろう、という事でトローリングしながらC-Buoyに向けて帰りかける、、、と、Ysさんの買ったばかりのピカピカのルアーにアタリがあった。似たようなサイズのシイラだった。
P1130705
<同サイズのシイラ。スピードもパワーもあるので結構楽しい>

C-Buoyに戻ってジギング開始。やっとYsさんにアタリがあったが、噂の40~80ポンドではなさそうだ。噂のマグロに一口で呑まれそうなマグロが上がって来た。
P1130707_2
<小さいが、これはこれで十分有り難い。文句を言うとバチが当たる>

私には水深80m前後で何かがヒットしてきた。この深さなら相当な大物だろう、と思いきや、、、。
P1130709
<カツオが釣れた。あ~ぁ、良かった。これで明日来るRockさんに、コナ産新鮮カツオのタタキを食べてもらえるよ。ホッと一安心>

2時くらいまでC-Buoyで頑張ったが釣果は上がらず。近くの船もたまに小さいマグロ(カツオかも?)が上がっているだけで、殆どアクションは見られない。とうとう船を近づけて雑談を始めたグループが出て来た。
40~80ポンドのマグロの噂はウソではなかったと思うが、ここ2~3日で状況が変わったのだろう。だいたい噂を信じて行くと、時既に遅しと事が多い。マグロ達は泳ぎ回っているので、状況は刻一刻と変わって行っているのだ。

そろそろC-Buoyを撤収しないと白身魚を釣る時間がなくなる、という事でKealakekua方面に向けてトローリング開始。この1時間のトローリングも、、、ナンの異常もなくRed Hill沖到着。まず水深150m前後で、Opaka狙いのエサを落とす。エサ盗りのアタリが出る。そして今日もゴマテン君が来た。
P1130712
<ゴマテングハギモドキ。リリースしたが、、、、、ちょっと難しいかな?>

私に待望のアタリがあった。
P1130713
<Opakapaka(オオヒメ)。私が釣ったのに、何故かYsさんが持って写真を撮っている。これには深~~~い事情があるのだ(ウソだよ)>

しかし後続が来ない。深場へ移動してみたが、Ehuからの音信も無し。「困った時のHrさん頼み」、とばかりKailua Bay沖のPoint-40へ移動。しかし日が暮れる、、、時間が無い。Point-40は1投だけやってみて撤収する事にしてOpaka狙いのエサをいれる。最近はこのポイントも不調が続いているので、多くは期待できないなぁ~、、、なんて言いながらコマセを振ると、Ysさんにも私にもアタリあった。なかなか希望の持てる感じのアタリだ。キャプテンが「立派なオジサンかもヨ」 とチャチャを入れる。いろいろ誹謗中傷()を受けながら上がって来たのは、そこそこのヒメダイ達だった。
P1130716
<合わせ技でヒメダイ(Kalekale)のトリプルヒット。良かった、良かった>

今日はこれでおしまい。

Fishing Report用メモ:
Ahi: 1匹 5ポンド?
Aku: 1匹 5ポンド?
Mahi: 2匹 15ポンド
Paka: 1匹 1.5ポンド
Kale: 3匹 3ポンド
Kala: 2匹 リリース

|

« Tunas are here!? | トップページ | 招かれざる客(魚のコトだよ!) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 噂を信じて、、、:

« Tunas are here!? | トップページ | 招かれざる客(魚のコトだよ!) »