« WEB魚図鑑に登録(27)(クロハギ) | トップページ | 漁夫の利 »

2012年7月23日 (月)

昔なら大満足の2匹

コンディション:
 
  満潮: 7:40am
  干潮: 1:12pm
 
  日没: 7:04pm
  V.V-Buoyの位置: 何だか北へ南へフラフラしているが、昨日から最南端に
               近い所にいる。良い傾向ではない。


予定:
長い間Small Craft Advisory(小型船舶注意報)が出続けていて、グラウンド方面はずっと波が高かった。一昨日やっと解除された、、、と思ったら、また今朝発令された。前回は荒れ気味のグラウンド入口で、無念のマグロバラシが2回あった。今日もグラウンドでマグロを狙ってみようという事になった。南行きの潮なのでグラウンドは不調かもしれないが、波の状態が許すようなら更に北(北西)のOT-Buoyへ行ってみたいし、途中久しぶりにグラウンドのOnagaポイントやOpakaポイントでも竿を出してみたいがどうだろうか?

実釣報告:
今日も少々迷いながらグラウンドを目指す。左舷にOno用ルアー、右舷とセンターにキンキンを配し出発したが、アタリ無くグラウンド入口のPoint-9に至る。Point-9の少し北で小舟が3~4艘、マグロ狙いの釣りをしていた。彼らが撒いたコマセが効いていそうな場所にボートを停めジギング開始。しばらくしてYsさんのジグにアタリがあったようだが、ハリに乗らず。続いて私のジグにもガッツ~~~ンと重いアタリがあった。しかし残念ながらこれも乗らず。ジグをチェックすると、深い鋭い歯型が残っていた。どうもOno(カマスサワラ=歯が剃刀のように鋭い10~20キロくらいの魚で、Ono狙いの時はワイヤーリーダーにワイヤーのアシストフックが必要)がいるようだ、、、と思った時点で二人ともOno対策(ワイヤーリーダー)をするべきだった(いつもながらアクションが遅い!)。次いでYsさんが、 
来ッた~~~!
そして、
アッ、バレた
リーダーを噛み切られ、ジグを盗られていた。間違いなくOnoがいる。ここでYsさんはワイヤー仕掛けに替えたが時既に遅く、その後Onoからの音信無し。

マグロ狙いのエサ釣り(天秤+クッションゴムの吹き流しに大きいカツオの切身⇒Ono対策無し)に変更した私の竿に強烈なアタリがあり、竿先が水面向けて激しく突っ込んだ。
よっしゃ~!マグロじゃ!
と叫んだ直後、竿先の反応が消えた。巻きあげてみるとハリが無くなり、リーダーに鋭い歯型が残っていた。
あ~ぁ、マグロは取り敢えず無視してOno対策をしておくんだった
と悔やんでもOnoは戻らず。 

その後アタリは途絶えたが、近くのボートが20~30ポンドクラスのマグロを揚げるのを目撃、当方もテンションが上がる。Ysさんのジグや私のハリを咥えたOnoの事は取り敢えず忘れて、マグロ狙いに徹する事にした。
そして水深100mくらいの所で、私のエサ釣りに何かがヒット!コイツは上手くハリに乗った。走る!そして止まった。ファイト開始。
中層でのアタリではあるが、マグロにしては走りがイマイチ”切れ”に欠ける。Onoかな?
マグロじゃ~!」
なんて叫ぶとカッコ悪い事になる可能性もありそうなので、口を貝のように閉ざしておく事にした。結構重い。
「???昔だったら大喜びしたあの魚か?」
上がって来たが、シルエットが銀色に輝いておらず、茶色っぽい。
あ~ぁ、がっかり
P1140296
<昔だったら大喜びしたカンパチ。底物なら底物らしく底に居て、中層まで上がってくるなよ、、ったく> 

私が、 
疲れたので休憩
と言うと、Md-キャプテンが、
それじゃあ、私がOnoでも釣ってあげましょうネ
と前方のデッキでジギング開始。Md-キャプテンは、このポイントの近くで20~30ポンドのOno2匹をジギングで揚げている。
最近ジギングのフォームとリズムが良くなって来たねぇ~
なんて褒めていたら(お世辞ではなく、形が出来てきたのだ)、しばらくして、
来たヨ!
の声。
見ると竿が大きく曲がっている。
ウヌヌヌッ、おヌシなかなか出来るな!」
マグロか?それともOnoか?
そこそこ大きい魚のようではある。
大丈夫?
と聞くと、
問題無いヨ
との心強い返事が返って来た。
5分経ったか、10分経ったか、、、銀色に光る魚が見えて来た。間違いなくカンパチではない。徐々に上がって来る。そして、3人が声を揃えて、
スマだ!
ツマがスマを釣った!」(下手なオヤジギャグでゴメン) 
それはそれは、久しぶりの立派なスマガツオだった。
でかした、キャプテン
ひょっとしたら私がボートを操縦して、キャプテンが釣った方がいいのかも(Kwさんなら喜んで、”そうだそうだ、そうしたらいい”って言うだろうなぁ~)?
P1140297
<スマガツオ(Kawakawa=Mackerel tuna)。Ysさんが持ってくれているが、Md-キャプテンが釣った(間違って”Ysさんが釣ったスマ”なんて書かないようキャプテンに念を押された⇒確かにやりかねない)。6.5キロ(約14ポンド)。26ポンド強(12キロ)というハワイ州記録には遠く及ばないが、立派なスマだ。ホンマグロより美味である、という人もいるくらいの魚である。Ysさん大喜び、”これでMtさんに出すモノが出来た”、、、とか。最近は白身魚が心細いので、まずは一安心である。Mtさん、キャプテンにご褒美を!ハンドバッグでなくてグリーンバックでいいですよ(これ秀作だよね)> 

しかしマグロが釣れない。Ysさんも私もジギングしたり、エサ釣りに替えたりしてマグロを狙うがアタリが来ない。ボートが浅い所まで流された時、魚探に濃い反応が出た。エサ盗りでも釣れるかな?と思っていると、私のエサ釣りの竿が絞り込まれた。
マグロか?」
多分違うだろう。しかし大物である事は間違いない。電動リールが巻けないので、ポンピングでアシストする。大分時間が掛かったが上がってきた。
うわぁ~、メタリックシルバーだ!
といってもちょっと汚ない気味のメタリックシルバーの魚体が見えてきた。
今度は3人揃わず(一人変な事を言ったように思うが、よくは思い出せない)、 
GTだ!Uluaだ!
P1140299
<久しぶりのGT(Ulua=ローニンアジ)。重くて手が震えている。計量せずにすぐリリース。>

思えば私はGTとカンパチを釣りたいがためにハワイ島に移住してきたのだった。昔なら大満足の「両横綱制覇」だ。しかしハワイ島に来てからは、「食べて美味しい魚」に趣味が変わってしまっている。 その後、浅場でYsさんがムロアジを釣って喜んだ。
ムロアジの唐揚げは、結構お客さんが喜びはるんです
とのコト。
P1140302
<良型のOpelu(ムロアジ=Mackerel scad)。3本バリにパーフェクト3点掛けだったが、1匹は揚げる直前にエスケープ。こいつを生きたまま泳がせたら、GTが飛びついて来るだろうなぁ~。そのうちにやってみよう。問題は、ムロアジを昼間狙って釣ろうとすると、なかなか釣れないコトである> 

キンキンを流してトローリングするとカツオが釣れた。
P1140303
<Aku(カツオ)>

P1140305
<2匹目のカツオ>

午後になって白身魚の調達を試みたが、相変わらず釣れない。やっとこさ、Mtさん用のOpakapakaが1匹釣れた。
P1140308
<Opakapaka(オオヒメ)>

Pakaはこの1匹だけ。EhuやOnagaは釣れず。
底物はしばらく(あと2~3カ月かな?)辛抱しないと仕方ないのだろう。その代わり、こんなのが4匹も釣れたヨ。
P1140310
<ご存知ゴマテン君。4匹の大漁だ。メデタシ、めでたし>

今日はマグロは釣れなかったが、昔のユメだった魚が2匹釣れたので一応ヨシとするかな?


Fishing Report用メモ:
Aku: 2匹 10ポンド
Kawakawa: 1匹 14ポンド
Opelu: 2匹 2.5ポンド
Kahala: 1匹 リリース
Kala: 4匹 リリース
Kahal: 1匹 リリース
Ulua: 1匹 リリース

|

« WEB魚図鑑に登録(27)(クロハギ) | トップページ | 漁夫の利 »

コメント

GT良く撮れてますね!あこがれる写真です。

投稿: デトロイト支部 | 2012年7月27日 (金) 21時26分

デトロイト支部さん:
このGT、色が黒くて「孤高の浪人」的風格がありました。多分20~25ポンドくらいでしょう。大型の電動リールでも自分では巻きあげるパワーが十分でないので、ポンピングしながらの電動巻きで、リーダー20号フロロで楽勝でした。ポッパーで1匹釣ってみたいけど、気力と体力が不足しています。ジギングの方が確率は高そうな感じがします。
今日あたりケビンロングかな?爆釣した?

投稿: A-Jack | 2012年7月29日 (日) 05時00分

Kevinガイド行ってきました。
爆釣とは程遠い結果でしたが、夏のセントクレアに癒されました。
初っ端に大きいのをバラしたのが惜しかったですが・・・
逃げたお魚は常に大きいですね。

投稿: デトロイト支部 | 2012年7月30日 (月) 15時36分

デトロイト支部さん:
ブログ読みました。
セントクレアリバーは、何だか小生が好きなチューブワームが活躍する釣りのようですねぇ~。一度行ってみたい気もしますが、多分機会はないでしょう。海釣りばかりしていると、時々川や湖の釣りが懐かしくなります(贅沢と言えば贅沢かな?)。Rockさんも頑張ったようですね。Rockさんのムショ暮らし延長で、今年のWhitehallもまた賑わしくなりそうな雰囲気?

投稿: A-Jack | 2012年7月31日 (火) 06時05分

そうなんですよ~。Whitehallは今週末に先発隊が調査予定です。去年は8月頭に釣れてますので、今年は・・・?そろそろ開幕です!

投稿: デトロイト支部 | 2012年7月31日 (火) 15時48分

デトロイト支部さん:
強い東風でも吹いて急に水温が下がるといいねぇ~。キングが釣れる確率はかなり低いだろうけど、水が濁っていれば楽しむ事はできるのでは?
Good Luck!

投稿: A-Jack | 2012年8月 1日 (水) 15時13分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昔なら大満足の2匹:

« WEB魚図鑑に登録(27)(クロハギ) | トップページ | 漁夫の利 »