« C-Buoyへ | トップページ | Fly Fishing @ F-Buoy »

2012年5月10日 (木)

珍しく朝から雨

コンディション:
  干潮: 8:35am
  満潮: 3:20pm
 
  日没: 6:48pm
  V.V-Buoyの位置: 最南端から微動だにせず。こりゃアカン!


実釣報告:
珍しく朝から雨が降っていた。港まで行って様子を見よう、という事でいつもより半時間ほど遅れて家を出た。港へ行ってみると雨は降っていなかった。出港。南の方は雨雲で空が真っ黒、選択肢無しで北のグラウンドを目指す。
V.V-Buoyは南に流れたまま動かない。この状態で北へ行くのもチョットねぇ~、、、ではあるが仕方なし。久しぶりにOnagaの顔を見たい気はする。南(南西)にあるF-Buoyにもマグロが付いたらしい。一昨日、知り合いのチャーターボートのキャプテンが港で魚の揚げ物をしていたのをご馳走になった。25~30cmくらいの小さい魚とAhi Belly(マグロの腹身)の揚げ物で、共にF-Buoyで釣ったとの事だった。その小さい魚は、ナンとF-Buoyで釣ったカンパチだと言う。F-Buoyは水深3000m近いが、そんな場所に果たしてカンパチの幼魚が付くのだろうか?次回はF-Buoyでカンパチ狙いにトライかな?

さて、キンキンを曳いてグラウンドTop(西端)のONA-3ポンントを目指す。今日は思い切り浅い所(水深80~100m)を走ってみたが、魚の気配無しのままONA-3に到着。早速水深250~260mの底へエサを落とす。ヒシダイらしい微妙なアタリがあった。Onagaの追い食いを狙って待つがOnagaは来ず。
P1120177
<ヒシダイ(Senbei fish=Deepbody boarfish)。最近とみにその食味が高く評価され始めた。どんな料理法でもOKだが、特に味噌漬けは最高でOnagaより上だとYsさんは言う。食べてみると確かに美味い。これからは”外道”なんて失礼な呼び方はやめて、「ヒシダイ様」と呼ぶ事にしよう>

しばらくやっているとOnagaらしい小気味良いアタリがあった。ニコニコしながら巻きあげる。ところが水深60~70mまで上がって来たところで、強烈な引きが加わりポンと竿先が水平に戻った。 
「やられた!」
巻きあげてみると、ハリはあったがOnaga(多分)は盗られていた。大マグロの仕業だ、、、んなコト無いか?昼までONA-3で頑張ったが、結局釣れたのはヒシダイだけだった。

ランチタイムになってOnagaはギブアップ、Opakaポイント(Point-43)へ移動。しかしここも不調でOpakaは釣れず、ゴマテンだけはしっかり釣れた。ひょっとしたらOnagaの食い気が戻っているかもしれない、と淡い期待を抱いてONA-3に戻ってみたが、やっぱりダメだった。下手すりゃ今日は○ボウズかい、、、???

マルボウズは避けたい。港方向に戻り、Point-38でOpakaを狙う事にした。今日は何となく釣れる気がしないな、、、なんて思いながらやっていると、久しぶりに強いアタリがあった。しかし、上がって来たのは予想通りアイツ(税金クン)だった。次はもっと強烈なアタリで、ハリを取られた。大きいカンパチだろう。今日はいよいよほんまのボウズか、と思い始めた時、、、竿がポンポンと元気よく上下に跳ねた。「曳き方に品がないよなぁ~」とか、「99%アイツ(ゴマテン)だよ」とか、、、それでも一応巻き上げないといけない。バラシは気にせず全速力で雑に巻きあげる。上がって来た。
「ムムッ、ゴマテンじゃないゾ!」
真に失礼しました。立派なOpakapakaでした。
「コラッ、紛らわしい曳き方するな!」アホ!、お前の目が悪いんだよ。何年ゴマテン釣りやってるんだ!って言われるのがオチかな?)。
P1120179
<Opakapaka(Opaka=Paka=オオヒメ=Pink snapper)>

これまでの不調がウソのようにOpakaが3連発で釣れた。
P1120183
<2匹目のPaka>

今日は写真が少ないので、ついでに3匹目も載せてやれ。
P1120184
<全く同サイズの3匹目>

これは爆釣モードか、、、と喜んだ。そして、またまたいいアタリだ。これがPakaならかなりいいサイズだろう。ゴマテンの可能性もかなり高いが、、、。残り数メーターまで上がって来た所で、かなりの大きさの赤い魚が2匹見えた。
ウワァ~、Onagaか?それともEhuか?
ポイントが全然違う事を忘れて一瞬大よろこびしてしまった。そして間違われた期待を背負わされて上がってきたのは、、、
P1120191
<リュウキュウアカヒメジ(Plufer's goatfish=Weke ula=Red weke=Weke nono=Aka wekeなどいろいろなハワイ名があるようだ)。美味しい魚ではあるが資源保護のため()リリース>

その後何故かまた絶不調に逆戻り。Pakaの食いが遠のいてしまったまま時間切れとなった。

朝の雨がいけなかったのか、満足感に乏しい釣行だった。まあ、潮が南に流れている時はセオリー通り南へ行け、という事かな?

Fishing Report用メモ:
Paka: 3匹 7ポンド
Weke ula: 2匹 りりーす
Senbei fish: 5匹 1ポンド
Kala: 2匹 リリース

|

« C-Buoyへ | トップページ | Fly Fishing @ F-Buoy »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 珍しく朝から雨:

« C-Buoyへ | トップページ | Fly Fishing @ F-Buoy »