« WEB魚図鑑に登録(25)(オキエビス) | トップページ | Deep-7-Bottomfishの保護(その1) »

2012年3月 1日 (木)

さあ来いマグロ!

本日の予定(前日か当日の朝出発前に書く)
さあ来いマグロ」なんて入れ込んだ表題付けて、、、オッチャン、大丈夫かい?釣りもゴルフも、張り切っている時に限ってズッコケが多いものだ。でも今日はボウズに終わっても表題は変えんゾ、、、要するにマグロを釣ればいい訳だ。

前回()は、グラウンド(コナ空港沖の海)に久しぶりにマグロが戻って来ている事が確認出来て嬉しかった。今日はもっと大きいマグロを狙って、腕が抜けるまでジグをシャクッてみよう。しかし、10投してくらいして1度もアタリが無かったら、簡単に腕は抜け、エサ釣りに変わりそうだなぁ~。久しぶりに新鮮なカツオの切身がエサなので食いがいいかも?その上、KTAの生エビに冷凍イカにイワシミンチ、、、エサだけで相当豪華なオカズが出来るヨ。もったいないけど、、、まあ宿命かな(意味違う?)。

突然ここで1句浮かんだ。
エビにイカ カツオイワシの 豪華エサ 行かずに食べよか 今日の釣り  
お粗末!

キンキンも復活してきたようなのでトローリングもちょっと楽しみになって来た。マグロも戻ったようだし。これで底潮が落ち着いて、OnagaやEhuが釣れやすくなると言う事は無くなるのだが、、、まあちょっと望み過ぎかな?現実はそう甘くない事が多い。


コンディション:
  満潮: 8:00amごろかな?(何故か記載無し
  干潮: 3:56pm
  月 : 半月(上弦)の1~2日後
  日没: 6:29pm
  V.V-Buoyの位置: 相変わらず最北端に張り付いている。そのまま頑張れヨ!


実釣報告:
前回、久しぶりにマグロにカツオにと活躍したキンキンに期待しながらグラウンドへ向かう。そして、、、アタリは無かった。朝一でカツオくらいは釣れると思ったのに、、、やはり入れ込み過ぎのタタリか???

グラウンドに到着すると小舟が1隻だけいた。浅い所にいるので多分Paka狙いか何かだろう。マグロ狙いの船に、いっぱいコマセを撒いてもらってマグロを寄せたいところだが、、、。魚探に時々まばらな反応が出る。まず右舷で、水深80mくらいでコマセを撒き、新鮮なカツオの切身で待つ。同時に左舷で120mくらいまでジグを落とし、シャクり上げ始める。期待していた第1投目は何事も無く通過。気持ちが萎え始めた10投目前後で、、、
ガッッッツ~~~ン!
よっしゃ~!

ラインが出て行く。マグロか?そこそこサイズのようだが、いまひとつ ビシッビシッビシッ というスピード感が無いような気はする。しかしマグロと信じて(?)気合を入れる。スプールを押さえスベリを止めながらのポンピングで、ゆっくり上がって来た。しかし、、、途中でガツッガツッガツッといった感じの強烈な引きが加わり、竿先が水面に突っ込んだ。アイタッ~、と思ったが時既に遅し。直後に生きた魚の反応が消えた。しかし重さは残っている。海の中で何が起こったかはかなり正確に想像出来た。せめて魚の上半身だけでも取り込んで次回のエサに、という事でめげずに頑張る。想像通りの無惨な姿になって魚は上がって来たが、マグロではなかった。海の中を見ると、中型のサメが追って来ている。しかも2匹だ。
P1100225
<サメにやられたカンパチ>  

やられたのがマグロでなくカンパチで、妙に気持ちが救われた気がした。水面近くでウロウロしているサメに、このカンパチを投げてやった。当然すぐ食べに来ると思いキャプテンがカメラを構えて待っていたが、しばらく周辺を回った後、2匹とも食べずに姿を消した。なかなか警戒心が強いようだ。苦いトラウマがあるのかも?

こりゃ釣りにならん、と言う事で移動。北上しながら魚探の反応を探し、ジグをシャクるがマグロからの音信は無い。時間が過ぎて行く。そろそろ白身魚の調達をと思い、Point-7でEhu目当ての底釣りを始めたが、前回同様潮が速く釣り辛い。しばらくしてやっとアタリが出た。しかしEhuらしい元気さが無い。重いだけの手ごたえで上がって来たのは、大きくクチを開けたHogoだった。
P1100235
<Hogo(
ヒオドシ=Large-headed scorpionfish)。ハワイ州記録が6.98ポンドなので、この4.9ポンドはかなりの良型である。怖い顔をしているが、白身魚として十分通用する魚である>

その後、やっとEhuが1匹釣れた。
P1100237
<Ehu(
ハチジョウアカムツ=Ruby snapper)。釣れるには釣れたが、自己最小記録更新の赤ちゃんEhuだった> 

220~250mの深場は釣りが難しいので、150m前後のOpakapakaポイントに移動。しかしここも活性が低い。しばらくアタリがなかったが、やっと来た。ゴマテンの心配をするくらいの強い引きで、いい型のOpakapakaが上がって来た。
P1100241
<Opakapaka(
オオヒメ=Pink snapper)。Sima-ichi計量:3.1ポンド>

突然、
クジラだよ!の声が聞こえた。キャプテンの指差す方向を見るまでもなく、すぐ近くに2頭の巨大なクジラが背中を見せながら船に近づいて来るのが見えた。デカイ!キャプテンは完全に職務放棄で、カメラのシャッターを押している。私もしばらく見ていたが、出していた釣り糸がスクリューの方へ流れているのに気が付いた。しまった、まずいぞ、PEラインが右のスクリューに巻き付いたようだ。エンジンを停め、ティルトアップしてスクリューを水から出してみると、ラインが30重くらい巻きついている。ニッパで撒きついたラインを切ろうとするが、変な姿勢なのでなかなか手が届かない。思うように切れない。今日は波が静かなのは不幸中の幸いだったが、、、、足が滑った。
ドブ~~ン!
また身体の1/3くらいがサメのいる水に落ちた。焦って這い上がる。
小一時間かかったが何とか無事作業が終了。約170mのPE10号がダメになった。あ~ぁ、、、、、。
P1100270
<クジラのお陰でダメになったPEライン約170m> 

気を取り直してOpaka釣り続行。あと2匹は欲しいが、なかなかアタリが無い。我慢の末やっと来た。ゴマテンかと思わせる元気の良いアタリだ。期待を込めて撒きあげていると、キャプテンの「
サメだよ、すごく大きい!の声。最初はジンベイザメかと思った。どうも巨大なタイガーシャーク(イタチザメ)のようだ。
P1100271
<写真では大きさがよくわからないが、巨大なTiger Shark(
多分)だった> 

サメは毎回のように船の近くに来て、挨拶代わりに釣った魚を失敬して行ってくれるが、こんなデカイやつを見るのは初めてである。200キロ?300キロ?先日港で見たヤツより大きい。 、、、、、といっても、感心している場合ではない。釣れた魚が途中まで上がって来ているのだ。あと50mくらいまで上がって来たところで巨大ザメが姿を消した。魚の存在に気づいて潜った、、、のか?元気にポンポン跳ねている竿先を見守る。これがゆっくり絞り込まれると万事休すである。あと20m、10m、、、魚の姿が見えた。チッ、Pakaでなくゴマテンだった(
だろうとは思っていたが)。こいつなら遠慮なく自由に盗ってくれても良かったのに、、、。
P1100273
<巨大ザメを回避して上がって来たゴマテングハギモドキ。ナンだったら、ヤラれてくれてもよかったのに、、、 >

その後PakaもEhu釣れず、3時になってしまった。そういや今日のメーンテーマは「
さあ来い(ジギングでマグロの意味)」だったのを思い出した。
再び中層反応を求めてカツオレーンを戻る。時々まばらな反応があり、ジグを落とす。しばらくシャクっていたら、

来ったぁ~~~!
と言っても、ビッビッビッと竿先が振動している。一瞬、「
ナンだ、子カツオかい?」とガッカリ、、、。ところがこいつが一気に走りだした。間違いなくマグロの疾走である。
よ~し、マグロじゃ!
キャプテンよりいつもの激が飛ぶ(
キャプテンはバラシが大嫌いだ)。
バラさなでヨ!
走りが止まった。大物ではなさそうだ。マグロの引きは常に心地いい。うっとりしながらファイトをしていると、キャプテンから、

サメが来るかもヨ、速く巻いて!
との指令。そういやすっかりサメの事を忘れていた。
必死に頑張ったかいあって無事ランディングに成功。
P1100276
<キハダマグロ(
Ahi=Yellowfin tuna)。船上」計量:約12ポンド(5.5キロ)>

このクラスならあと2本欲しい、ということでジギングを続ける。また何かがヒットした。まあまあのサイズのようだが、いまいちスピード感に欠ける。上がって来たのは・・・
P1100277
<尻尾も付いたまま無事上がって来た小型のヒレナガカンパチ>

何かがジグに当たったような気はしたのだが、、、ジグがエビチン(
ジグの尻部に付けたハリが、ラインに絡んでエビ反り状態になるため抵抗が大きくなり、アタリと勘違いする事がある)になったのかと思って巻きあげてみると・・・ 
P1100281
<なんと、ジグと似たような大きさのOioiが釣れていた。上のハリに、フライ用のキラキラする飾りを付けた効果だろう>

タイムアップ。キンキンを流しながら帰途に着くと、、、両方の竿にアタリ。 
P1100282
<カツオのダブルヒット。キンキン君、汚名を少し挽回かな?>

今日は船にガソリンを入れる日だ。このままトローリングを続けているとFuel Dockが閉まってしまうので、全速力で走り始める。Fuel Dockは5:30までオープンのはずなのだが、その前に閉まってしまう事が多い。今日は5:00にDockに到着。セーフ!だろうと持って給油機の前まで行くと、鍵が掛かっていた。窓口へ行ってオッチャンに、「
5:30まででしょう?」と言うと、「そうかそうか、今日はFridayではなかったねぇ~」との返事。でもオッチャンよ、窓口に「Monday-Friday 7:00am~5:30pm」って書いてあるでぇ~、、、。でも機嫌よく鍵を開けてくれたので許そう。
Mission Incomplete魚調達使命未達)の一日だった。やはり朝から入れ込み過ぎるとロクな事はない。クールに行こうゼ!

Fishing Report用メモ:  

Ahi: 1匹 12ポンド
Aku: 2匹 6ポンド
Ehu: 1匹 1ポンド
Paka: 1匹 3ポンド
Hogo: 1匹 4.9ポンド
Oioi: 1匹 1ポンド
Kala: 1匹 リリース
Kahala:: 1匹 リリース
Kahak: 1匹 サメに食われた

|

« WEB魚図鑑に登録(25)(オキエビス) | トップページ | Deep-7-Bottomfishの保護(その1) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さあ来いマグロ!:

« WEB魚図鑑に登録(25)(オキエビス) | トップページ | Deep-7-Bottomfishの保護(その1) »