« 船中1泊・Southpoint遠征(その3) | トップページ | 本日(月)休業 »

2011年9月15日 (木)

連戦最終日

朝8時、我家のラナイ(ベランダ)から見えるV V Buoyに、釣り船が20隻くらい集結している。V V Buoyにこれだけの釣り船が集まるのは本当に珍しい。
さて、今日はHsさんの土産調達ミッションがあり、土産物店が開く9時前に我家を出発、買い物を終えてから釣りに、、、というスケジュールである。結局、出港は10時頃になった。当然行先はV V Buoy。出発前は、「V V Buoyまで一気に走ろう」というプランだったが、港を出た所で見てはならないモノを見てしまった、、、。港を出て走り始めた所で、知り合いのIa君が、今にも沈みそうな小さいボートで近寄って来て、「Sailfish(芭蕉カジキ)釣った」といって見せてくれた(後の計量では77ポンドとかあったらしい)。状況一転の場合はFlexibleに対応(というより確固たる信念が欠如)というのが私の持ち味、トローリングでSailfish(ナンでも可)を狙いながら、V V Buoyを目指す事となった。、、、、が結局アタリはないままV V Buoy到着。チッ、全速力で走れば良かったヨ!(いつもの事だ)。

ブイ周辺には25隻前後の釣り船がいた。4日前より更に増えている。なかなかよろしい。きっと30~50ポンドクラスのマグロがバカバカ釣れているのだろう、と勝手に決め付ける。釣り開始。Nnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn、、、、、、、、、、、、、???????どうなっとるんじゃ?何も釣れないじゃないか。エサにもジグにも反応が無い。注意して見ていても、周辺の船が上げているのはカツオばかり。25隻も船が集まっているのはガセかい?まあガセネタに踊らされる事はよくある事ではあるが、、、。Hsさんにもカツオが来た。ハワイ島で釣る初めてのカツオだ。彼は基本的に磯釣り師なので、これまでもカツオはあまり釣っていないと思うが、、、?
Img_0572
自分の体長の半分くらいあるジグに食って来たカツオ
<It is fun to catch Akus (Skipjack tuna) on a jig with light tackles.>

結局、しばらくV V Buoyを離れて「時合い」を待つ事になった。Kailua Bay沖、Keauhou Bay沖でカンパチとオパカパカを狙ってみたが、これまたジグにもエサにも反応無し。午後3時を過ぎたあたりで、再びV V Buoyへ、、、。途中のトローリングでカツオが釣れた。 ジギング、エサ釣り、トローリング合わせてカツオは7匹、底釣り用のエサが減ってきているので、ちょうど良かった。

ゴソゴソしているうちに、「夕まづめ」になった。近くの船が30~40ポンドと思われるマグロを2匹立て続けに上げた。さあ、「時合い」到来か?そして、やっとジグにアタリ、待ちかねた良型のマグロのようだ。Hsさんがファイトに入る。水深100m前後でヒットして、150~160mまで走られた。ファイト時間約10分。かなりの型のマグロが見えて来た。「ヨッシャー!」と思ったのも束の間、すぐ近くにゆっくりと近づいてくる大きな茶色い影が、、、。アッチャー、まずい、サメだ!。その後の私のギャフ入れは、普段と違って敏速で正確だったらしい(本人は必死だったので、あまり記憶が無い)。気が付くと、血をまき散らして無事マグロは船上に転がっていた。間一髪セ~~~フ!ホッ、危なかったヨ。ビン長マグロだった。
P1050666
Tombo ahi(ビン長マグロ=Albacore)。Kona Fishにて計量:47.5ポンド(21.6Kg)
<Tombo ahi (Albacore tuna) came on a 250g pink-colored metal jig. It took 10 minutes to be landed. Later it was weighed 47.5 lbs at Kona Fish Co.. Good job, buddie !>

しばらくしてまたヒット!今度は私の番である。これまた10分前後でBoatingされたのは、ほぼ同じサイズのビン長マグロだった。
P1050670
おなじくTombo ahi(ビン長マグロ=Albacore)。Kona Fishにて計量:46.5ポンド(21.1Kg)
<Second Albacore. 46.5 lbs.>
<The poor fishing day suddenly turned into an exciting fishing day. This is fishing ! This is why we keep fishing even when we do not get any bite all day..>

昼間は全く食い気がなかったのに、、、これも”This is fishing” なのだろう。だから釣りは面白い。


久しぶりにクーラーバッグを使った。 今回はHsさんがいたお陰で、魚の運搬は何とかなったが、Md-キャプテンと二人ではやはりきつい。これから大きいマグロは、1匹以上は釣らないようにしよう、、、とか言って、釣り始めたら前後の見境は無くなるだろう(保証書付き)。
今回は「
夕まずめ」を狙ったため、Honokohau港に帰って来た時、すでに日はとっぷりと暮れ、辺りは真っ暗だった。後始末を終え、食事をして家に帰ると10時、普段の私ならとっくの昔に寝てしまっている時間帯である。しかし、やはり釣りは「夕まづめ」がベストなのかもしれない。そうなると今のように朝4時に起きて、、、なんていう生活はよろしくない。釣りを終えてベッドに入るのが夜中の1時、朝9~10時起床、てな事になるのかな?多分そんな異邦人のような生活は出来ないだろうなぁ~。とはいっても「夕まづめ」狙いは大いに興味はある。

連戦最終日はカツオだけに終わるのか、と一時はかなり悲観的になったが、結果オーライに終わった。メデタシ、メデタシ。

HsさんとMd-キャプテン、連戦お疲れ様でした。
Hsさんの満足度は結構高かったとは思うが、大型カンパチ、500ポンドオーバーのブルーマーリン、100ポンドキハダマグロ、etc etc、課題は残った。またの機会かな?

Fishing Report用メモ:
Aku: 7匹 21ポンド
Tombo ahi: 2匹 94ポンド

|

« 船中1泊・Southpoint遠征(その3) | トップページ | 本日(月)休業 »

コメント

Rockです。

大変ご無沙汰しております。

公私共にゴタゴタが続き、貴殿へのコメントからすっかり遠ざかってしまいました。。。

しかし、我々のキングサーモン村であるWhitehallへはしっかり足を運んでおりました。

8月初旬に我が家の冷蔵庫にシャケ切り身 & サーモンフレークを発見。

愚妻に対して「サケなんか売るほど釣ってきちゃるけん、もう買わんといてネ」とサケ購入禁止令を施行、これがいけなかった。

今年の当方の釣果は実に「忍耐、忍耐、忍耐、忍耐の芸術であります」 by 開高健

8月初旬からほぼ毎週末通い、サケ合宿までボーズ。

キングサーモンと言えば、世界の釣師が生涯かけての夢としている王の王。

手強いはずなのに、今年のWhitehallはエールワイフが大量発生しているからか、当方以外の老若男女が軽々と生涯の夢を手に入れている状況。

当然釣り友たちも絶好調、更にモッテル男達集団チームHもサケ合宿で絶好調。

人間として失格なのでは? 落ち込み、打ちひしがれていた最中、その時は訪れました。

合宿最後の早朝に奇跡のナブラ発生!

表層でのスプーンファストリトリーブ(1投目)に、突然の暴力的なアタリ!!!

生死を賭けたキングとの1本勝負に無我夢中で格闘。

キングサーモンを釣ったことのある人は、大病を経験した人のように、生涯そのことを口走って止めようがない。。。 by 開高健

天国の開高さん、分かりますヨ!

まさにこの瞬間、一生涯忘れられません!

ちなみに当方の周辺にはもっと大きな
病を患った人ばかりですが。。。

と言うわけで、大病の治療を兼ねて今週末も気合を入れてキングサーモン村へ通院。

そして自身の記録となる「95センチ、15ポンド」をゲット!!!

シビレました。。。全身ガクブルです。

こんな当方も、日本への夏ごろ帰任(東京勤務)予定、これが最後のシーズンです。

名残惜しいことこの上ないのですが、こんな貴重な体験が出来て、幸せモンです。。。

改めて貴殿とWhitehall発見のきっかけをつくって頂いた奥様に感謝・感謝であります。

Steelheadのシーズンまできっちり勝負して帰任します。

取り急ぎ、長文・乱文失礼しました。

それでは、また。

投稿: Rock | 2011年9月18日 (日) 05時25分

A-Jack様,Rock様
Macです。A-Jack様からはメールの返信頂戴し、ありがとうございます。睡眠を削ってWhitehall病院に通院したお蔭でキング3匹という想像以上の結果を出せた鮭合宿でした。ただ大病は深刻さを増し、「鮭ならなんでも」となり、次は新潟県でチャムサーモンを狙いに行きます。年末はニュージーランドへの家族旅行で、キングを狙うことを画策中です。
そちらのサウスポイント遠征も眩しい釣果で、素晴らしいですね!!
Rockさんのキングも凄いサイズで、次はもう開高御大のようにアラスカ行って50ポンド級を背中に担ぐしかないですね!!
皆さんの次なる釣果、楽しみにしています。小生も新潟に向け、また楽しい準備を始めることにします!!
では、また。

投稿: Mac | 2011年9月18日 (日) 22時30分

連戦お疲れさまでした。素晴らしい釣果ですね。羨ましい限りです。次は是非、愛艇でマーリンを!!

投稿: fisheater | 2011年9月19日 (月) 04時06分

Fisheaterさん:
今回はうまくマーリンが釣れましたが、マーリン釣りは一日中走り回ってガソリンを浪費しているだけ、の方がはるかに多いです。それだったマグロか美味しい底物を狙った方が、、、と現実的な打算が働いてしまいます。また間違って大きいブルーマーリンでも掛かろうものなら、家内と二人ではとても扱いきれません。一度マーリンに食い付かれた事があり、「アッチャー、どないしよう」と思ったら、うまくハリを外してくれました。良かった、良かった、、、ということで、特別な機会以外はマーリンは狙わない事にしています。

投稿: A-Jack | 2011年9月19日 (月) 05時46分

Macさん:
サケ合宿とWhitehallの状況は、いろいろな人達のレポートを読ましてもらって楽しんでいます。ミシガンに住んでいても、爆釣に近い状態に遭遇するはなかなか難しいのに、今回の合宿は本当にラッキーでしたね。
ニュージーランドへ行ったら、是非20Kgのヒラマサ(King Fish)に挑戦してみて下さい。King Salmonの引きが幼稚園児の引きみたいに思えますよ。新潟のチャム釣りも頑張って下さい。日本はいろいろと制約があって、なかなか釣りづらい、、、のかな?

投稿: A-Jack | 2011年9月19日 (月) 06時07分

Rockさん:
「持ってる男」にも試練はあるのですね。でも生死を掛けたフィナーレ(まだかな?)を飾れて良かった、、、というより、まだこれからが勝負なのかも?例年通りなら10月に入っても、キングやコーホーが散発的ですが、釣れるはずです。スティールヘッドとともに心残りの無い(これは無理かな?)最後のシーズンを楽しんで下さい。レポート楽しみにしていますよ。私が多数の病人の根本原因を作ってしまったようですが、皆さん途中の交通事故だけには注意して通院に励んで下さい。こちらは、これから赤い美味しいBottom-Fishに入れ込みます。

投稿: A-Jack | 2011年9月19日 (月) 06時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1198905/41757652

この記事へのトラックバック一覧です: 連戦最終日:

« 船中1泊・Southpoint遠征(その3) | トップページ | 本日(月)休業 »