« 100ポンドキハダ? | トップページ | これが「究極のバラシ」だ »

2011年8月 8日 (月)

Where have all the tunas gone ???

グラウンド・Ledgeの本日のコンディション(予報中心):
  干潮: 05:02am
  満潮: 12:58pm(午前中上げ潮---なかなかよろしいかも?
  月 : 10日夜(上弦の月の2日ほど後
  風の予報(Keahole Point): 西南西から東北東へ方面へ4mhpくらいけっこうやか
                                                   
そうな予報だが?)。
  潮流の方向の予報: 概ね西から東へ流れる予報本当にこの潮向ならくない、、)。
   船が流される方向: 多分風向きより潮流の影響が強く、概ね西から東へ流れ
               るだろうと思う。
予報通りならグラウンドの「西から東へ流れる潮Ledgeにぶつかる潮」と「午前上げ潮」は悪くない(予報の正確さに関してはデータ不足)が、さて現実は???

昨日、Hapuna Golf Courseへ行く途中、車の中から空港沖を見ると、釣り船が数隻いる様子だった。マグロが釣れているのだ、、、俄然やる気が出て気持ちはゴルフどころでなくなった。お陰で(単なる言い訳)早々とトリプルを叩いてしまった。ゴルフに運が無い時は、釣りの方に運が巡ってきているはずだ(ナンの根拠もないが、、、溺れるモノは藁をもつかむ)???

さて、グラウンド・Ledgeにマグロがいてくれ、と祈りつつ出発。潮は予報の通りではないかもなぁ~???最近Kaiwi Pointでカマスサワラ(Ono=Wahoo)が全く釣れていないので今日はパス。港を出て北へ舵を取る。空港沖グラウンドを目指して、取り敢えずカマスサワラのトローリングを開始はしたが、最近釣れていないので、何となく期待薄の感ではあった。
PineTreeを過ぎ、NELHAの手前、Koyo(海洋深層水を使った飲料水のメーカー)の工場の白と緑の屋根のすぐ沖に差し掛かった時、左舷の竿に何かがヒット。Kinkinにカツオか小マグロが食って来たのだろうと思った。ところがすぐこの竿にはワイヤーリーダーのごついルアーを付けてある事を思いだした。オーリャー、、、こいつはカツオでなくてカマスサワラじゃ!さあ大変だ、船内に緊張が走る。キャプテンが船を停め、私が竿に飛びつく。カツオとは異なる大物の引きだ。ほぼカマスサワラ確定である。5分程度で近くまで寄って来たが、ギャフを見て一気に横へ走った。不意を突かれて対応が遅れ、ラインが左側のスクリューに絡まってしまった。万事休す!である。当然スクリューは回っていない状態にはある。糸は切れない。糸を緩めてやる。何とか持ち堪えているようだ。ひょっとしたらナンとかなるかも?すぐ左側のエンジンを切り、スクリューを持ちあげて水面から出す。ラインが絡まっているが、一回りだけの単純な絡みのようだ。傍にあったデッキブラッシを使って絡みを外そうとするが、なかなかうまく行かない。しかし、汗をかいた甲斐あって、やっとラインがスクリューから外れフリーになった。すぐカマスサワラが船べりに寄せられ、一発でギャフが打たれた。「最強のデッキハンド」は居ないし、キャプテンはスクリューを上げたり下げたり、船の操縦で忙しい。しゃーないので頑張って一人で引き上げた。金もチカラもないんだけどなぁ~。
P1040148
カマスサワラは歯が鋭いので、下手をすると大けがをする。ヘッピリ腰はそのせいだ。ギャフは必ずアタマに打つのが鉄則である
This Wahoo swam around the left-side propeller, and the fishing line got tangled with the propeller. Sho---ot, this is the worst case scenario ! I jumped into water (joke.....a nice piece of snack for the Tiger Shark if I did)................. After the struggles (not in water), I very luckily succeeded in boating the fish. An hour later, we happened to spot a big shark patrolling around my boat, looking for a snack or a treat or an action or whatever......... The peaceful looking Sea of Kona is a paradise full of dangerous predators ! ! ! In the meantime, a huge (said to be 15-16 foot long) Tiger Shark, who comes into Honokohau Marina every now and then, even has a nickname, Laverne. According to West Hawaii Today (a local newspaper), four fishermen from U.S. Mainland hooked Laverne just outside of the Marina, fought 10 hours. It started getting dark, and 4 guys are all exhausted. On the contrary, Laverne was still full of energy. Those guys finally call it off and cut the line. Nobody knows if Laverne will ever come back to Honokohau Marina.

P1040150
<カマスサワラ(Ono=Wahoo)。実測 35.5ポンド>
Wahoo (Ono in Hawaiian). Over 5 foot long and weighed 35.5 lbs (weighed at Kona Fish). Caught by trolling and tore the hell out of my favorite Ono lure. However, its selling price, currently $4.00 / lb, is quite attractive and tempting.

髪を振り乱して頑張ったお陰で、セットがこんなになっちゃたヨ!
P1040158
<Mdキャプテンが面白がって撮った写真。”鳥の巣”と呼ぶのは鳥君に失礼か?>
Md-Captain secretly (?) shot this photo to make fun out of me. I don't know how it happened. I was probably shaking my head like crazy when I fought with the Wahoo. It is probably rude for the birds if I call this "the bird's nest".


グラウンド・Ledgeの周辺には10隻以上の船がいて、かなり期待してしまったが、近づいてみるとすべてトローリングのチャーターボートだった。エサ釣りのマグロ狙いは1隻もおらずガックリ、、、、。潮は北~北西方面に流れているようだった(良くないゾ。予報とは全然違う)。しかし、シャーないので水深100mあたりにエサを落とし、同時にジギング開始、、、すると何投目かで、ジグにいいアタリがあった。「来たぞぅ~」のアナウンスと同時に、「ヨ~し、必ず捕ってヨ!」とキャプテンより指示が飛ぶ。しかし、無情にも敵はハリに載らないまま逃亡してしまった。ナンだったんだろう、と思いながらシャクリを続けていると、またアタリがあった。今度は載った。慎重に巻き上げるが、マグロやカンパチの元気な引きではない。そして上がってきたのは、、、、。キャプテンの言う「やっぱり」だった。
P1040154
<やっぱり、、、だったLehi(オオグチイシチビキ=Silverjaw snapper)。写真を撮って即Release
Lehi (Silverjaw snapper) is one of the Deep-7-Bottomfish which is currently in a closed season. Lehi is good fish to eat, but rule is the rule. It was released politely and immediately. I can hardly wait for the opening day (Sept. 1) of the Deep-7-Bottomfish season ! ! !

その後、場所を変えてみたが、エサにもジグにも全くアタリが無かった。おまけに船の周りを大きなサメがパトロールしているのが見えたため、早めの撤収となった。帰りにKaiwi Pointをカマスサワラ狙いで流したり、ジギングしたりしてみたが、これまたダメだった。釣りもダメ、ゴルフもダメ、、、、。でも、「待てば海路の日和あり」を信じよう。

港に帰ると、友人が10キロオーバーのOtaro(大型の本ガツオのハワイ名)を捌いていた。美味そうだった。カツオは大きい程美味しい。一切れ欲しかったなぁ~。

Fishing Report用メモ:
Ono: 1匹 35ポンド
Lehi: 1匹 Release

|

« 100ポンドキハダ? | トップページ | これが「究極のバラシ」だ »

コメント

おはようございます。

英語併記になりいよいよ国際的になりました!
そのうちスペイン語でも書いてくれ、何てリクエスト
も来るかも知れません。

久々のWAHOOですねえ。バラさないで良かった。
ちょっとスリリングでしたけど・・・

プロペラに回りこまれるのは嫌なものです。
チルトアップしてラインが外れた途端にフックも
外れてガッカリなんて、何回か経験があります。
あせりますよね。

日本はいよいよ猛暑日の連続になりました。
熱中症の注意報ばかりで、いっそのことMARSHAL
LAWでも発令して外出禁止にしてくれないか、と
期待しているのですが・・・

大丈夫です。朝の来ない夜はありませんから、
そのうちまたドカーンと気まぐれなGTが顔を見せて
くれたりしますよ。

投稿: NN | 2011年8月 9日 (火) 11時22分

NNさん:
暑中お見舞い申しあげます。日本の殺人的に蒸し暑い夏の日が少し懐かしいような、、、。
残念ながら私のスペイン語は数字や挨拶程度のチカラしかありません。でもコスタリカへターポン釣りに行った時は少し助かりました。
オンラインで買ったSeaborg750MT(電動)が、明日(木)配達されるらしいです。木曜日はお休みにしてリールを受け取り、満を持して金曜日にC-Buoyへ行くかな?アメリカの場合は、木曜日と言いながら配達されない可能性もかなり高いので、判断が難しいところです。

投稿: A-Jack | 2011年8月10日 (水) 05時57分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Where have all the tunas gone ???:

« 100ポンドキハダ? | トップページ | これが「究極のバラシ」だ »