« 70ポンドのキハダマグロ@グラウンド | トップページ | ハンドルネーム変更の件 »

2011年7月11日 (月)

Tombo ahi (ビンナガ)

Honokohau港を出て進路を北へ。Ono(カマスサワラ=Wahoo)狙いのルアーを曳きながら、一目散にNELHA沖を目指す。港を出て間もなく右舷の竿にアタリがあり、小ぶりながらOnoが釣れた。こちら方面でOnoが釣れたのは初めて、通称パインツリーでの記念のOnoである。上々の出足なり。
P1030641
小ぶりながらもOno(カマスサワラ=Wahoo)。推定12~13ポンド。最近生意気になってきて、この程度の大きさのOnoでは計量しようとしない???

NELHA沖に着き、早速サビキにイカの切身を付けてエサ釣り(「泳がせ釣り」用の小魚釣り)開始。しかし今日もなかなかオジサンはシブい。オジサンを泳がせてキハダマグロを釣るのが本日のテーマである。1時間経過、結局オジサンは3匹しか釣れなかったが、時間がもったいないので、エサ釣りは切り上げて、キハダのポイント(いつものグラウンド・Ledge)へ向かう。空港沖の海は比較的穏やかで、コンディションは上々である。

グラウンド・Ledgeに着いたが、いつもの場所には誰もいない。どうしたんだろう?マグロは来ていないのか?北へ流れる潮向は悪くなさそうだが、、、。まずジギングで様子を探る。アタリが無い。しばらくシャクッていたが魚信なし。海原を見渡すと、遥か北の方に多くの釣り船が見える。はっきりは解らないが、トローリングの船ではなさそうな感じがする(船が小さいような)。ひょっとすると、向こうでマグロが釣れているんだろうか?気になり始めると、もうどうしようもない。30分くらい掛かりそうだが、行かずばなるまい。

着いたのは愛艇のGPSにマークがあるPoint-6とPoint-7の間あたり。明らかにマグロ狙いと思われる小舟が10隻(今日はずいぶん多い)ほど集まっていた。着いてすぐ、近くの船が20ポンドくらいかと思われるマグロらしき魚を上げるのが見えた。俄然やる気が迸る。前甲板で私が、後甲板でKwさんがジギング開始。直後、私にアタリがあったがバラシ。すぐ来た2回目は大きかった。しばらく重厚な走りをみせたが、こいつもハリ掛かりが浅かった。連続ハリ外れのバラシ、、、悪夢が蘇る。また今日のブログは「5連続バラシ」みたいなタイトルになるのか?不安がよぎる。そしてまた来た。爆釣(というより爆バラシ)モード突入である。しかしこいつは3度目の正直で、無事Boatingする事ができた。強い引きを見せながら上がって来たのは、14ポンド(6.4キロ)のキハダマグロだった。サイズには不満が残るが(エラそうに、、、釣れないとすぐ泣くくせに)、コナフィッシュのSpec(10ポンド以上なら買ってくれる)はクリアーしているので許そう。
P1030644
キハダマグロ、実測14ポンド(6.4キロ)

ジグを落とすとすぐまたアタリがあった。それなりに大きい魚だが、レギュラーサイズのマグロやカンパチ程の突っ込みのパワーは無い。ナンだろう。上がって来たのは、、、禁漁期間中のOpakapaka(オオヒメ)だった。推定10ポンドオーバー、見事なPakaだ。あ~ぁ、解禁期間中だったら、大喜びしただろうに、、、。写真も撮らず、計量もせず、即リリース。釣れた場所が浅かったので、浮き袋の影響もなく潜って行った。こんな立派なPakaはなかなか釣れないのに、、、未練を込めてPakaが潜って行った海をしばらく見つめていた。

次のアタリはまたバレた。リールのスプールを指で押さえて渾身のHookingを入れているんだけどねぇ~。涙がチョチョ切れるヨ、、、ったく。記憶が定かでなくなってしまったが、2勝何敗まで行っただろうか???後の甲板でもKwさんにアクション。カツオが釣れた。そして何時頃だったかははっきり覚えていないが、それは突然やって来た(ちょっと大袈裟かな?)。

後甲板が騒がしいので覗いてみると、Kwさんがファイト中だった。Kenちゃんがくれたジグとアシストフックにマグロがヒットしたようだ。Kwさんの新しいジギング竿がしなる。型は悪くは無いようだ。20ポンドか、下手すりゃ30ポンドか?それにしても時間が掛かり過ぎでないですか、Kwさん?、、、なんて思いながら片手で楽に扱える軽いギャフ(今日から本格使用開始)を持って後甲板でスタンバイ。やっと見えてきた。マグロの色に間違いはない。マグロは最後のフンバリを見せたが、諦めて浮いて来た。「オ~リャア~~~」とは言わなかったが、マルマルと太っていて予想より遥かにデカイ!右手で振ったギャフが一発で”ビシッ”と決まる(それみろ、これまではやっぱり腕ではなくギャフが悪かったのだ)。船に引きずり上げようとするが重い。ひ弱なギャフが折れそうになりながら、やっとこさ上げた。想像していたより遥かに大きいキハダだ、、、と思いきや、、、胸鰭が異常に長い。我が艇では初めてお目にかかる記念のTombo ahi(ビンナガ=WEB魚図鑑の記載名)だった。
P1030624
Tombo ahi(Albacore=ビンナガ=業界用語ではビンチョウマグロらしい=長い胸鰭がトンボの羽に似ている事から日本ではトンボマグロとも呼ぶらしい=ハワイ名のTombo ahiはこの日本名から来ている)。実測21キロ(46ポンド)。「重いよ~~~、早く写真撮ってくれ、、、」とは言わなかったが、、、クチがあえいでいる

この後すぐ私のジグにもいいアタリがあり、またビンナガが釣れた。今日は忙しい。何もなくても長いブログが、さらに長くなる、、、まあこの際大目に見てチョー。
P1030631
Tombo ahi(ビンナガ)。実測17キロ(37.5ポンド)。 これも立派なTomboだった

Kwさんにまたいいアタリだ。ビンナガ第3号か?と思ったが、上がって来たのは予想さえしていなかった感動モノの大型Lehi(オオグチイシチビキ)だった。これもDeep-7-Bottomfishとして禁漁期間中であり、涙をチョチョぎらせながらのReleaseだった。クゥ~、、、。
P1030636
Lehi(オオグチイシチビキ)。計測せずにReleaseしたが、15ポンド(7キロ)はあっただろう。朝釣ったPakaも惜しかったが、こっちの方がもっと惜しかった。自分が釣った魚でもないのに、焦って持って写真を撮ってしまった。Kwさん、ゴメンなさい


何故かKwさんのジグがカツオに好かれ、 カツオが5~6匹釣れた。これはこれで楽しい釣りなのだが、今日は他に役者が揃ってしまったので、「エエッ、またカツオかい!」なんて粗末に扱われちょっと気の毒だった。タタキや刺身は美味いし、底釣り用のエサとしては一級品の「カツオ様」をケソケソにする(阿波の一部の限られた地域で使われる言葉で、”粗末に扱う”と言う意味)とバチが当たるゾョ。
P1030646
本ガツオ。本来なら主役をはってもいいくらいの魚なのに、、、申し訳ない。

それから当然の事ながら、我が友・カンパチ君は今日も挨拶に顔を出してくれた。我が友は、かなり疲れてからやって来たので、これまた思わず、「エエッ、ナンや、カンパチかい!あ~ぁ、しんど、、、」とか言ってしまった。My big apology!また遊んでね。
P1030638
<カンパチ。シッポの持ち方がPhotogenicじゃないのぅ~。Release>

今日は小さいながらもナブラが立った。珍しくなかなか消えなかったが、悪いヤツがいて、ルアーを引っ張って走り込んで来て、消してしまった。でも今後楽しみである。

ところで、本日のメーンテーマのはずだった「オジサンの泳がせ釣り」はというと、、、。水深100mくらいに入れてみたが、オジギングの方が忙しくて殆ど見向きもされない形になってしまった。結局今日釣れたオジサン3人は、好運にも元気なまま海の底へ帰って行った。ナンだか善行をしたような気分になった。

Fishing Report用メモ:
Tombo ahi: 2匹 80ポンド
Yellowfin tuna: 1匹 14ポンド
Ono: 1匹 13ポンド
Aku: 6匹 30ポンド
Lehi: 1匹 Release
Paka: 1匹 Release
Kahala: 1匹 Release

|

« 70ポンドのキハダマグロ@グラウンド | トップページ | ハンドルネーム変更の件 »

コメント

ガーラ さん

おはようございます。

やりましたねえ。今回はバラエティにも富んで
しかもビン長まで。

よかったですね。ちょっと大見得を切った
感じのある釣行記で、こういうのはこちらの
読んでいるほうまで我が事のように嬉しく
なります。

ちょっと満足感のある日でしたねえ。

では。

投稿: NN | 2011年7月12日 (火) 12時03分

ドロドロドロー、うらめしやー。うらめしやー。シーズン到来ですよ?(いつもか。)日本の1か月分の釣りが1日で楽しめてしまう。コナの海は、まだまだ偉大です。FKさんの本領発揮です。トンボアヒうまそー、ピンクスナパーでかくてうまそー!!リリースせず、船上でさばいてお持ちかいりください。DNA検査はないですよ。もうしてるか?待ってください。もう少しです、もう少しです。又、発作だー

投稿: 釣道落人 | 2011年7月13日 (水) 02時35分

釣道落人さん:
禁漁中の魚を沖で捌いて持ち帰るのは、皆さん結構やっているのではないかと思います。先日、何かのディナーパーティーで禁漁中のOnagaの料理が出ていた、というような話も聞きます。しかし私は「真面目」が短パン・半袖で釣りに行っているような人間です。おまけに傍には常に厳格なお目付け役が張り付いています。完璧、、、です。
Deep-7-Bottomfishの解禁もだいぶ近付いてきました。待ち遠しいです。でも早く来ないとマグロが何処かへ行ってしまいますよ。ひゅー、ドロドロドロ、、、ギッコンバットン、、、意味わからん!

NNさん:
有難うございます。熱心な読者は、ほんの十人程度ですが、お陰でさまで大いに励みになります。特によい釣果が出た時はブログを書くのが楽しみです。
次は50ポンドくらいの本マグロ、と言いたいところですが、こいつはチト難しいでしょう。ハワイ近海は水温が高すぎます。次の目標はメバチマグロ(Bigeye tuna)ですね。こいつは表層トローリングには食って来ない(深く潜っている)ので、ジギング向きです。そのうちに当たるでしょう。

投稿: ガーラ改め「A-Jack」 | 2011年7月13日 (水) 20時07分

A-Jackさん こんにちは!
コナでビン長も釣れるのですね!ビントロ旨そうです!!カツオも丸々としていて美味しそうですね。マグロのグランドスラム、楽しみにしています。

投稿: fisheater | 2011年7月16日 (土) 23時06分

Fisheaterさん:
コナ近海はキハダが中心ですが、ビンチョウやメバチも回遊してきます。残念ながら、冷水域を好む本マグロは、子供が稀にくるくらいで、美味しい親は来ないとの事です。

20キロ近いビンチョウとなると、さばくと肉が10キロ以上取れます。近所の友人達に配っても、大半が余って腐らせるコトになってしまいます。大きいヤツは、もったいないので売る事に、、、二束三文ですが。もうちょい小さいビンチョウが釣れたら、ビントロを食べてみたいと思っています。単日でのマグロ・グランドスラムはなかなか難しいでしょうね。

投稿: A-Jack | 2011年7月17日 (日) 04時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1198905/40781996

この記事へのトラックバック一覧です: Tombo ahi (ビンナガ):

« 70ポンドのキハダマグロ@グラウンド | トップページ | ハンドルネーム変更の件 »