« 小型のカジキ | トップページ | Deep-7-Bottomfish 間もなく禁漁 »

2011年3月 4日 (金)

ついにその日が、、、

State of Hawaii  Department of Land and Natural Resources  Division of Aquatic Resourcesから通達が届いた。ついにその日が来たか、、、という感じである。
201103041

今年(2010年9月1日から始まる1年)は早々と、ハワイ州全体のDeep-7-Bottomfishの漁獲量(小生もOnlineで毎月報告している)がリミット(254,050ポンド=115,339キロ)に達してしまったようである。Deep-7-Bottomfishは2011年3月12日から8月31日までの間は禁漁という事になる。小生のようなBottomFishing大好き人間には寂しい事であるが、貴重な資源の保護は大切な事であり仕方なし。半年の我慢だ(ミシガンでの春のスティールヘッド待ちに近い感じかな?)。

因みに少しおさらいをしておくと、Deep-7-Bottomfishとは下記の7魚種である。

Ehu(ハチジョウアカムツ=Ruby snapper)
Onaga(ハマダイ=Longtail red snapper)
Opakapaka(オオヒメ=Pink snapper=Crimson jobfish)
Kalekale(ヒメダイ=Kalikali=Von siebold's snapper=Lavender jobfish)
Gindai(シマチビキ=Brigham's snapper=Oblique-banded snapper)
Lehi(オオグチイシチビキ=Silverjaw snapper)
Hapupuu(ハワイの固有種で日本名は無い=Hawaiian grouper)

すべて水深130~300mの深場に生息する美味しい高級魚である。乱獲を防ぐため、ハワイ州政府が年間の総漁獲高にリミットを設けて保護している。

|

« 小型のカジキ | トップページ | Deep-7-Bottomfish 間もなく禁漁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1198905/39110557

この記事へのトラックバック一覧です: ついにその日が、、、:

« 小型のカジキ | トップページ | Deep-7-Bottomfish 間もなく禁漁 »