« 2011年初出漁 | トップページ | EhuとPaka »

2011年1月 7日 (金)

嬉しいマグレ2発

狙いを特定の魚種に絞って釣行し、狙い通りにその魚を釣るのが釣りの最高の醍醐味である。しかし、常々”釣りたいな”と思っていた魚を思いがけなく釣り上げる、というのもPleasant Surpriseで嬉しいものである。今日はそのPleasant Surpriseが2回もあったラッキーな日となった。

今朝は、まずOnaga(ハマダイ)を釣って、その後出来ればOT-Buoyのマグロをチェックに行こうかな、と思いながら家を出た。ところがHonokohau港の出口の所の波が高い。去年の冬以来無かった荒れ模様である。OT-Buoy行きはチト厳しいかなと思いつつ、取り敢えず進路を北(Onagaポイント及びOT-Buoy方面)に取る。ウネリが高い。
R0017031
<NELHAの近くの磯に打ち寄せる波。写真では解りにくいが、海面がウネリで大きく膨らんでいる>

見渡す限り船は1隻も見えない。走っていると時々船首が急降下して海面に突っ込みそうになる。無理をする必要は全くないので、OnagaポイントとOT-Buoyは断念し、近場のNELHA沖でEhuなどを釣る事に計画変更。水深250mあたりからスタート、しばらく流していると、いいアタリがあった。そこそこ大きい、しかしカンパチの引き程強く荒っぽくはない。何だろう?水面近くへ来て、赤い魚である事がわかった。やった!Ehuならかなりの大物だ。そして水面に姿を現したのは、思いがけないキンメダイ(ナンヨウキンメ)だった。ハワイ近海の深場に生息している事はわかっていたが、何処へ釣りに行けばいいのかが全くわからなかった。48cm・4.5ポンドの赤い美味そうな風格のある魚体だった。
R0017012
<キンメダイの仲間のナンヨウキンメ。ハワイでの通称Alfonsin、英語名がCuvier's berycid fish。叉長48cm/2.4キロ>

美味しい魚のはずなので、こいつは我家で刺し身・煮物・味噌漬け・唐揚げなどいろいろ試される運命になる。稲取温泉でキンメの煮付けを食べた事があるが、美味だった印象が残っている。

さすがに今日はよく船が揺れる。あっちへヨタヨタ、こっちへヨタヨタ、、、。これで足腰が鍛えられてゴルフの飛距離が伸びる、、、と無責任なコトを言う人もいる。しかし、取り敢えずそれを信じて、立ったままヨタヨタを続ける。情けないことに、ちょっと船酔い気味になって来た。Mdキャプテンも「ちょっと頭が痛いみたい」という。悪条件の中、太平洋二人ぼっちで頑張っているわりにはアタリが散発的である。やっと次に来たのが丸々太ったハワイチビキ(Golden kalekale)だった。

R0017011_2
<ハワイチビキ(Golden kalekale)。ハワイの固有種>

何か大物にハリ2本と大事な2ポンドのオモリを取られた。また、途中まで上がって来た魚が、途中で外れて海底へ戻っていく様子が鮮明に魚探に出ていた事も、、、。電動リールの釣りは、強引に巻きあげるので、ハリが掛かった部分(主に魚の口の部分)が徐々に破れて広がり、最終的にバレる確率が非常に高い。一応ネムリバリを使って対応はしているが、それでもよくバレる。本来は持ちザオで、魚の引きに柔軟に合わせながら丁寧に巻きあげるべきものなのであろう。バラした魚(大物であるケースが多い)が大きなOnagaやPakaやEhuでなかったかと常に未練が残る。しかし1キロ近いオモリを上げ下げする深場の釣りは、電動リール無しでは体力が続かない。ジレンマである。

そして今回も律義にカンパチ君が挨拶に来てくれた。気を使ってくれなくていいのに、、。R0017015
<小ぶりながらヒレナガカンパチ(Kahala=Almaco jack)。リリース>

ちょっと浅くなった所で、キツネベラやナメモンガラも釣れた。
R0017017
<キツネベラ(ハワイ名:A'awa 英語名:Tarry hogfish)。リリース>

R0017039
<ナメモンガラ(ハワイ名??? 英語名:Redtail triggerfish)。リリース>

そしてやっといいアタリがあった。竿が海面に突っ込む、、、アチャー、またカンパチ君かいな???電動リールが時々止まりながら頑張って巻く。しばらくしてカンパチ色ではなく黒い色をした魚が下の方に見えてきた。ナニだろう?初めて見る色である。水面まで上がって来たところでMonchongである事が判明。しかも大きい。Mdキャプテンが玉網を取りに走る。魚をすくおうとして、また半コケした(何故かいつも?これをやるが、気を付けないと怪我をする)、、、が見事に1発で玉網の中へ。重い。二人で一緒に”セーノ”で持ち上げる。麗しい夫婦の共同作業である、、、。まあ手に手を取っての”老後のケーキ入刀?”みたいなものかな??? いいねぇ~!
R0017024
<チカメエチオピア(ハワイ名:Monchong 英語名:Brilliant pomfret)。叉長70cm/6.4キロの大物だった>

ハワイ諸島近海にはMonchongと称する魚が2種類いるらしい。ヒレジロマンザイウオ(Sickle pomfret)とチカメエチピア(Brilliant pomfret)で、釣れてくるMonchongの大半がヒレジロマンザイウオの方との事。しかし、今回釣れたのは明らかにチカメエチピアである。狙って釣る場合のMonchong釣りは、経験とテクニックを必要とし、なかなか難しいらしい。釣友の中にはMonchong釣りが好きな人もいる。まあ今回は、思いがけないマグレではあったが、嬉しい1匹となった。因みにMonchongの切身がたまにKTA(スーパー)で売られている事がある。一度買って食べてみたが、「可もなし不可も無し」だったように記憶している。6.4キロのMonchongは、下手にさばいても2.5~3キロの肉が取れるはず。とても食べ切れるものではない。明日KTAへ行ったら切身になって売られているかも?

さて十分船酔いしたし、あまりアタリも無いので、もっと穏やかな場所へ移動しようという事になった。カイルア湾沖を目指す。前にOpakapakaが良く釣れた場所で3本バリの胴突き仕掛けを落としてみたが、見事なくらい反応が無かった。Paka断念。先日、友人が小さいマグロを釣って泳がせたら、いきなり200キロのBlue marlinが食って来たというV V -Buoyへ向かう。我が家のベランダから良く見える、Konokohau港から一番近いFAD(Fish Aggregation Device=日本で言うパヤオだがブイとロープがあるだけ)である。まずカツオの切身を入れてみたところ、早速のアタリ。オヤオヤ、これはいけるかな?上がってきたのが、これまた初めて御目に掛かるオキアジだった。どんな魚でも初対面は嬉しい。
R0017052
<オキアジ(英語名:Whitemouth jack ハワイ名:Dobe ulua)。Dobeのハワイ語での意味は知らないが、何となく”ドベッ”としていて清潔感がない感じを与える。立派なヒラアジの仲間なのに、どうしてもっと爽やかな名前を付けて上げないんだろう?可哀そうに、、、。そういう意味では、日本で超が付く高級魚シマアジのButakuchiあるいはButa uluaというハワイ名も気の毒である。、、、でもまあいいかな。>

V V -Buoyではいきなりオキアジが釣れた。期待が膨らんだが、完全な竜頭蛇尾に終わった。ジグを投げたりもしてみたが、その後は何も釣れず。帰りに再度Pakaポイントで頑張ってみたが、全くのアタリ無しだった。港への帰途、トローリングでカツオが釣れた。

Fishing Report用メモ(1/7):
Alfonsin: 1匹 4.5ポンド
Monchong: 1匹 14ポンド
Dobe ulua: 1匹 0.8ポンド
Golden kalekale: 1匹 1.2ポンド
Kahala: 1匹 8ポンド リリース
A'awa: 1匹 1.2ポンド リリース
Ringtail triggerfish: 1匹 0.6ポンド リリース
Aku: 1匹 1.2ポンド

|

« 2011年初出漁 | トップページ | EhuとPaka »

コメント

2011年も定例の火曜・金曜の釣行楽しみにしております。
今年はまだ大漁とまではいきませんが、卸先KTAも増えて、まずまずのご様子で何よりです。

あまり荒れているときに出漁するのは危ないですが、思いがけない釣果もあり、これがたまらないのでしょうね。初詣のご利益ですかね。

今年も楽しく読ませていただいております。釣りに関してのコメントを書くのはできないのですが、たまにコメントを書かせていただきますので、今年もよろしくお願いします。

昨年10月お邪魔したときのEHUのお刺身が忘れられないです。
今年も海上安全、身体健全で頑張ってください。

T.T

投稿: Aloha TAXI | 2011年1月 8日 (土) 13時42分

Aloha Taxiさん:
ありがとうございます。お互いに今年も元気に頑張りましょう。

投稿: ガーラ | 2011年1月 9日 (日) 05時48分

遅ればせながら
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

やはりメールは届かないらしく
年賀メールはまたもや帰ってきましたweep

こちらも9日に初釣りへ行ってきまして
太刀魚が大型は出なかったものの、大漁でしたshine


投稿: じみい | 2011年1月10日 (月) 12時43分

じみいさん:
メールは何が悪いんだろう~?
新年早々太刀魚の大漁、真に結構ですねぇ~。今年も頑張りましょう。

投稿: ガーラ | 2011年1月10日 (月) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1198905/38394327

この記事へのトラックバック一覧です: 嬉しいマグレ2発:

« 2011年初出漁 | トップページ | EhuとPaka »