« 嬉しいマグレ2発 | トップページ | 初の出戻り »

2011年1月10日 (月)

EhuとPaka

明日(火)はMdキャプテンの幼馴染Ymちゃん達3人がコナにやって来る。当然ながら美味しい刺身材料調達が今日のミッションとなる。外す事は決して許されない。一方、今日はCAより”最強のデッキハンド”を自称するKwさんが久しぶりに参戦。Kw選手参戦が吉と出るか凶とでるか、、、?デッキハンドとしての腕は全くの未知数であるが、船や道具を洗うのが手早くて上手なので非常に助かる事は確かである。

朝イチ、一路コナ空港沖を目指す。風とウネリがあり海は荒れ模様。Bottom Fishing向きのコンディションではないが、まずNELHAのすぐ沖、水深250mからスタートする。もちろん美味しいハチジョウアカムツ(Ehu)狙いである、、、、が、アタリがない。今日は朝7時過ぎが満潮で、干潮が午後2時半。下げ潮の中での釣りとなる。船釣りにおける潮と魚の活性との関係はよく解らないが、上げ潮とか下げ潮とか言うより、潮が動いている時に魚がクチを使う可能性が高いのかも?潮が止まる寸前と動き出した直後がいい、というような事を言う人もいる。自分の経験を通じて経験則を構築して行くよりないのかも?

2流し、3流し、、、反応無し。こりゃいかん。このポイントは、ハチジョウアカムツの実績十分な場所である。ここで釣れないという事は、、、、チトまずいかも。辛抱出来ずに移動を決断(”決断”という程大それたモノではなく、入れた仕掛けを上げて船を走らせるだけ)。更に北へ、、、。目指すはPoint-7(愛艇のGPSにマークしてあるポイント)である。このあたりは普段カツオがよく釣れる。あわよくば15ポンドくらいのOtaro(大型のカツオ)でも、と思ってルアーを流す。荒れ気味の海では魚は海面に出てこないのか、いつも釣れる小さいカツオさえ食って来ない。

Point-7近辺に到着。状況は急には変わらないだろうと思いながら、水深230~250mあたりの場所でエサを落とす。1投目、いきなり弱いながらも”クィクィ”という待望のアタリが出た。”よっしゃー!”、ハチジョウアカムツかと期待したが、黄色いのが上がって来た。ハワイチビキ(Golden kalekale)だった。これもまた良し。
R0017085
<ハワイチビキ(Golden kalekale)。Deep-7-Bottomfishのように漁獲高が管理されている魚種ではないが、結構美味しい深場の常連さんである)>

そしてKwさんと私に同時にアタリ。やっとハチジョウアカムツ(Ehu)がダブルで上がって来た。”ガッツポーズ”である。Kwさんのは実測約4ポンド、良型だがハワイ記録の10ポンド6オンスには遠く及ばない。しかし一応刺し身材料調達のミッションは完遂。気持ちが楽になる。
R0017095
<赤い方が4ポンドのハチジョウアカムツ(Ehu)。良型だった。色の薄い方も同じハチジョウアカムツで普通サイズ>
<三流週刊誌みたいに、変な目隠しでオトコマエ台無しにして、Fさんゴメンなさい。悪いコトした訳ではないですよ。>

更に風が強く波が高くなって来たようだ。お客さんもいる事だし、無理する事はない。撤収を決断し、撤収前の最後の1投を入れる。しかしまた釣れた。こりゃいかん、というコトで迷わず撤収”撤回”を決める。「朝令暮改は経営の美徳だ」なんて威張ってたどこかのTzさんという副社長もいたなぁ、、、。確かに方針変更は柔軟性の証でもある。ヨたヨたしたり、潮水を浴びたりしながら釣りを続ける。電動リール釣り特有のバラシも何度か出た。
R0017091
<バラシ寸前、皮一枚でセーフ。強引な巻きあげでこういう事になる。ゆっくり巻き上げればまだダメージは少ないのだが、巻きあげるのに5分以上かかると辛抱できずに、スピードを上げてしまう。工夫が必要である>


順調にハチジョウアカムツを7匹ほど釣ったところで今度は本当に撤収する事に。海がもっと穏やかであろうと思われるカイルア湾沖へ向かう。思ったより海は荒れて来ていて、船首が海面に突っ込む時のシブキで顔もシャツも濡れる。しかし、Mdキャプテンもなかなか度胸が据わってきた様子である。黙々とハンドルを握っている。カツオ狙いのトローリングをしながら、小一時間かけてカイルア湾沖へ移動。しかし今日はカツオも完全にお休みらしい。カイルア湾沖の海は、やはりだいぶ穏やかだった。オオヒメ(Opakapaka=Paka)狙いで竿を入れるが魚信なし。南へ移動するも反応無し。更に南へ。そしてやっと小ぶりながらオオヒメとヒメダイ(Kalekale)が3匹釣れた。
R0017099

R0017103


Kwさんにリュウキュウアカヒメジ、私にハワイアンビッグアイ。Kwさんが良型のゴマテン君も釣ったが、こいつは気の毒ながら次の釣りのコマセ材料にされてしまった。
R0017105
<リュウキュウアカヒメジ(Weke nono、Weke ula、Red weke、Aka weke、Moe luaなどいろいろなハワイ名の持ち主である。どれが一番一般的なのかは今のところ不明)。叉長42cmと、まあまあの良型>

生きている時は、上の写真のような赤白の縞模様が鮮明に出ているが、死ぬと下の写真のように均一な赤色になる。これを知らないと、魚名の特定で困る事も、、、。
2011110
<死後のリュウキュウアカヒメジ。死ぬと赤白の縞模様が消え、均一な赤色になる。ヒレもねてしまう>


R0017107
<ハワイアンビッグアイ(Aweoweo=キントキダイ属のハワイの固有種)。体調24cm>

海はずいぶん穏やかになって来たが、撤収の時間が来た。帰途のトローリングもアタリは無かった。でもまあ、今日は雨にも降られず、荒れ気味の中、一応ミッション完遂。メデタシというコトにしよう。

ところでKwさんの参戦は吉だったのか凶だったのか???これで5ポンドくらいのキンメダイでも釣れていれば、迷わず”吉”と判断するんだけどねぇ~。


Fishing Report用メモ(1/10):
Ehu: 7匹 14ポンド
Paka: 2匹 2ポンド
Kale: 1匹 1ポンド
Golden kale: 1匹 1.2ポンド
Weke nono: 1匹 3ポンド
Hawaiian big eye: 1匹 0.5ポンド リリース
Spotted unicornfish: 1匹 5ポンド

|

« 嬉しいマグレ2発 | トップページ | 初の出戻り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1198905/38433746

この記事へのトラックバック一覧です: EhuとPaka:

« 嬉しいマグレ2発 | トップページ | 初の出戻り »