« ミシガン湖畔・冬のSteelhead爆釣の思い出 | トップページ | カンパチのシガテラ毒 »

2010年11月 7日 (日)

ミッション多すぎ、、、だよ。

ミッションが4件、ミッションばかりが多い日だった。
1)今日は日曜日、”クロマグロ(ホンマグロ=Bluefin tuna)を釣る夢を見た”とかで、学校がお休みのKs君が、見た夢を正夢にすべくヒロからスッ飛んで来た(飛行機ではなかったようだが)。しかし、残念ながらクロマグロは冷水域を好むので、なかなか水温の高いコナ沖までは回遊して来ないという。このミッションは格別難しそうだ。ただ、小さいクロマグロがコナ沖に回遊してくるコトはあるらしい。ハナから不可能というのでも無いようではある、、、。Mission nearly impossibleかな?
2)知り合いのチャーターボートのキャプテンから、「大中小」のカンパチを釣って欲しいと頼まれた。シガテラ毒のリサーチに使うらしい。こちらは、「」は別にすると、その気になれば、中小型はいつでも2~3匹は釣れるので大丈夫だろう。
3)火曜日の来客に備えての刺し身材料(Ehuがベスト)の調達。Ehu(ハチジョウアカムツ)はよく釣れるので、これもミッションポッシブルのはず。
4)一昨日、港で80歳を超えた日系のベテラン底物漁師(40年以上やっているらしい)に話を聞いた。Opakapaka(オオヒメ)はベタ底より、底から5-Fathom(9m)~20-Fathom(36m)程度上の方が良いとのコトだった。竿1本はベタ底、もう1本は底から少し上を探って様子をみよう。

、、、、、という事で、今日も疲れて帰ってきました。

1投目にベタ底に入れた竿にHogo(ヒオドシ=Large-headed scorpionfish)がヒット。これは刺し身も美味しいので、ひとまず安心。しかし、来客とKs君のお土産用にEhu(ハチジョウアカムツ)かGindai(シマチビキ)が1~2匹欲しいところ、、、。
R0014485
<Hogo(Nohuともいうのかな?ヒオドシ=Large-headed scorpionfish)。英語名の通りデカイ頭が身体の半分くらいありそう>

次はGolden kalikali。これも時々KTA(スーパーマーケット)で見かける高級底物である。
R0014493
<Golden kalikali (Goleden kalekale=ハワイチビキ)。魚の持ち方の修行が足りんよ。尾と頭ははっきり映るようにしないと、、、。>

早々とベタ底竿でカンパチ一丁上がり。小さいがカンパチミッションの1/3達成。
R0014496
<小型のKahala(Almaco jack=ヒレナガカンパチ)。うちもこれくらいの孫がいてもおかしくないんだけどねぇ、、、、、(魚ではなく人間の方)>

ナンだか貧相な見かけのKalikaliが釣れた。何かにカジられでもしたのかな?
R0014497
<可哀そうなKalikali(ヒメダイ=Von Siebold's snapper)。これでもまだ生きていて新鮮なんだよ>

そして2匹目(こいつは1匹目より一回り大きかった)のカンパチ。
R0014500
<中型(?)のKahala。何気なく見ていただけで、電動リールのドラグが少し緩んでいたのに気が付かず、上げるのにエライ時間が掛かって、大カンパチかと思ってしまった。>

そして訳わからん魚(これで2回目)が1匹。写真を「WEB魚図鑑」へ送って同定してもらおう。<WEB魚図鑑のMSさんの同定で、Hawaiian deep anthiasというバラハナダイ属というハナダイの仲間である事が判明。ハワイの固有種らしく日本名は無いような、、、。
R0014504
<Hawaiian deep anthias>

、、、、、という「貧果5目」で今日の釣り終了。ベタ底のEhuもGindaiも釣れず。底から5~20Fathom上げた竿の方は「音無しの構え」だった。これでまたOpakapaka狙いに迷いが生ずるよ、、。

港へ帰って来た所で、頼まれていたカンパチを友人キャプテンに渡したら、お礼に12ポンドの立派な本カツオ1匹とMahimahiの切身をくれた。かなり得した感じ、、、。よく聞いてみると、我々がBottom Fishingをしていた近くで、このサイズの本ガツオがよく釣れていたらしい。このサイズのカツオだったら、相当釣り応えがあったろうに、、、。食べても美味いし、、、。残念でした!因みにこのChuckキャプテン(船名はHooked Up)は、今日の釣り大会でMarlinとMahimahiの2部門で1位を勝ち取ったらしい。おめでとう。
R0014506_2
<もらったAku(本ガツオ=Skipjack tuna)、12ポンド。これだけ大きいと美味いだろう。このサイズのAkuをハワイではOtaroと呼ぶ。ちょっと重いかな?魚の持ち方がイマイチだねぇ~。顔の表情が寝ているヨ!>

Ks君の要望に従って、このOtaroの胃を開いてみると、小魚(本当に小さい)が5~6匹出て来た。こんな可愛いフグまで食べていた。悪いヤツだ。それを釣って食べる人間の方がもっと悪いヤツだが、、、。
R0014507
<カツオの胃から出て来た小さい小さい(直径1.5cm程度だったかな?)フグ。表情がまだ生きているような、、、>

、、、、、という事で、今日はミッションの5%くらいしか達成できず時間切れ、、、無念の撤収となった。Ks君、そして今日はイヤに静かだなと思ったら運転席の隣で居眠りばかりしていたお母さん、お疲れさんでした。酔い止めの薬飲んで、二人とも酔わずに良かったね。

Fishing Report用mメモ:
Hogo: 1匹 3ポンド
Golden kalikali: 2匹 3ポンド
Kahala: 2匹 20ポンド
Kalikali: 2匹 2ポンド
名称不明の魚: 1匹 リリース

|

« ミシガン湖畔・冬のSteelhead爆釣の思い出 | トップページ | カンパチのシガテラ毒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1198905/37587401

この記事へのトラックバック一覧です: ミッション多すぎ、、、だよ。:

« ミシガン湖畔・冬のSteelhead爆釣の思い出 | トップページ | カンパチのシガテラ毒 »