« ショットガン釣法?・10目 | トップページ | PakaやAweoweoなど・12目釣り »

2010年10月29日 (金)

久しぶりのマグロ

今日はOpakapaka(オオヒメ)狙いは一時お休み。大バリ・大エサで大型のOnaga(ハマダイ=オナガダイ)を釣る、、、という方針で出漁した。港を出てすぐカツオが2本の竿にダブルヒット。1匹は船ベリでバラシ、もう一匹は無事取り込んだ。
Onagaのポイント「ONA-1」に到着後、釣れたばかりの新鮮なカツオの大きな切身を、大バリ3本の吹き流しで250mの底へ落とす。モゾモゾと小さいアタリがあり、エサは取られるがハリに乗らない。そうこうしていると、船の周りを大きなTiger Sharkがウロウロし始めた。これではOnagaが釣れてもコイツに横取りされるだけだ。このポイントは即断念し、更に遠い「ONA-3」へ移動。移動中にカツオが釣れた。しかし、ここでもなかなかOnaga他の底物の釣果が出ず、エサを取られるばかり、、、。とうとう我慢できず小バリ・小エサに方針変更。すぐ釣れたのがコイツだった。お前がこの口でエサを取っていたのかい?

R0014200
<ヨリトフグ(Blunthead puffer=ハワイ名不明)。水を呑んで膨れて上がって来た>

R0014204
<ユーモラスなので、おまけに写真をもう一枚。まるでヤカンだよ。片手で持つのはちょっときつく、重くて手が震えている。このフグは毒はないと言うが、食べてみる程の度胸は無し。リリース>

そしてもう一つのエサ取り名人であるヒシダイが釣れた。

R0014212
<ヒシダイ(Deepbody boarfish)。美味しいのでお持ち帰り>

その後、カンパチとは異なるいい感じのアタリ。来たかチョーさん、待ってたホイ!。「ONA-3」ポイントでは良型のOnagaの実績があるので期待は膨らむ。順調に巻き上がって来ていたが、半分くらいまで上がって来た所で、突然ラインが一気に出始めた。ヤバイよ!大事なOnagaが(もうOnagaと決めつけてしまっている)サメにやられた。あ~ぁ、、、。ところがサメ君、なかなかラインを切ってくれない。重くてラインが巻けない。しばらくやり取りしていたが、思い切りドラグを締めたら、やっと切ってくれた。それにしても惜しかったなぁ~~~。

それからマンタの大集団に遭遇。マンタには2~3度遭遇した事はあるが、これほどの集団は初めて。

R0014213
<解りにくいが、マンタが20匹以上。かなりの迫力。思わずムロアジを入れた、、(ウソ)。>

やっと小ぶりなEhuが釣れたが、これが今日の高級底物の最初で最後。今日はほとんど底物坊主に近い絶不調だった。

R0014217
<今日の虎の子、小型Ehu(ハチジョウアカムツ)を押し戴く、、、>

帰途、NELHA沖を過ぎたあたりでカツオ用トローリングルアーにアタリ。今日4匹程釣れている小ぶりのカツオとは違った強いアタリだったが、半分ほど巻いたところでバラシてしまった。多分大きいカツオだったのだろうと思っていると、もう1本の竿が曲がった。 こいつもちょっと大きい。久しぶり(というより、この船でのトローリングで釣れた初めてのマグロ)のマグロだった。小さいけど、メデタシ、めでたし。

R0014221
<Ahi(キハダマグロ=Yellowfin tuna)、6ポンド。塩をまぶして水分を抜くと、刺し身がより美味しい>

このあたりにも小ぶりながらマグロが来ている、、、と思うと元気が出てくる。これで次回からの釣りは、更に的が絞れなくなるだろう。さてさて、課題は増えるばかり、、、。

それにしても今日は不思議なくらいカンパチが食って来なかったなぁ~。

Fishing Report用メモ:
Blunthead puffer: 1匹 リリース
Deeobody boarfish: 1匹 0.5ポンド
Ehu: 1匹 1ポンド
Aku: 4匹 6ポンド
Ahi(Yellowfin): 1匹 6ポンド 

|

« ショットガン釣法?・10目 | トップページ | PakaやAweoweoなど・12目釣り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりのマグロ:

« ショットガン釣法?・10目 | トップページ | PakaやAweoweoなど・12目釣り »