« 良型Onagaで祝結婚記念日 | トップページ | 10目釣り? »

2010年10月12日 (火)

Gindai、Kalekale、Kamanuなど

今日は、ポイント(空港沖の水深80Fathom前後)がカンパチとモロに重複するOpakapaka(オオヒメ)とKalekale(ヒメダイ)狙いで出船。ハリとエサを極力小さくしてカンパチの目を逃れる作戦に出たが、、、結果や如何に???

空港沖水深150~160m(80Fathomは144m)で、カツオの小さい切身を投入し、ドリフトに入る。しばらくすると、明らかにカンパチとは異なる上品で(日本の高級魚カンパチに対して失礼かな?)控えめなアタリがあった。Opakapakaか?と思いきや、、、Deep-7の一角をを占める高級魚Gindai(シマチビキ)だった。これはこれで大いに結構、幸先良し。Gindaiはかって一度禁漁期間中に釣っているがリリースしたので、まだ食べた事は無い。OnagaやEhuに負けない美味な魚だと言われている。

R00137171
<Gindai(シマチビキ=Brigham's snapper)、実測2ポンド。透明感のある淡いピンク色と黄色の縞模様が上品で綺麗な魚である。>

次に良型のEhuが来た。カンパチ回避作戦極めて順調なり。

R00137221
<Ehu(ハチジョウアカムツ=Ruby snapper)。味の良さは十分実証済み。>

中層にもエサを入れていたところ、「水深60mあたりに反応」というキャプテンの声。しばらくしてアタリがあり、水面での一暴れで痛恨のバラシ。Kamanu(ツムブリ=Rainbow runner)だった。ツムブリは日本で結構釣っているが、ハワイ島での実績はない。ハワイの初物だったのでバラシは悔しい。その後、水面でのツムブリバラシが続く。ナニかがおかしい。電動リールで強引に巻きあげると、ハリが掛かっている部分の傷が大きくなりハズれ易くなってしまうのだろう、という解釈でネムリバリに変更。4匹目でやっと何とかランディングに成功。ブリやヒラマサの仲間で、見事な流線形の姿が美しい魚である。綺麗で美味しい(はず)初物は嬉しい。水深60mと浅いし、スピード満点のランナーなので、ジギングで狙うのにはもってこいのターゲットだが、遭遇する機会は少ないのかも???

R00137331
<Kamanu(ツムブリ=Rainbow runnner、実測4ポンド)、日本でも南方でよく釣れる魚である。大型は数十ポンドにもなるらしい。Hawaii State Recordは30lb15oz(約14Kg)。>

次に中層に出した竿に大型のOpelu(ムロアジ)が来た。上がって来た時は、一瞬小ぶりなツムブリと思ったが、これまで見たこともないような大きいムロアジだった。
ところで、ハワイ島近海に住むOpeluには2種類いるらしい。どっちがどっちか、私にはまだ判別がつかない。
1)学名Decapterus moroadsi ムロアジ Amberstripe scad ハワイ州記録4.4ポンド。
2)学名Decapterus pinnulatus クサヤモロ Mackerel scad ハワイ州記録2.8ポンド。
まあ、現地の人達と同じように、両方Opelu(ムロアジ)と呼んで差支えないだろう。

R00137361
<大型のOpelu(ムロアジ)。釣れたのは久しぶりだった。できれば泳がせたかったが(生きエサとして投入という意味)、、、準備不足。>

コマセ釣りをしていると、船の周りにコマセがこぼれて魚が寄ってくることがある。今日はダツ(最初はバラクーダかと思った)が3匹ほど、船の周りをウロウロし始めた。あまり興味は無かったが、キャプテンが写真を取りたい(二人ともバラクーダだと思っていた)というので、イワシを放り込んだら即食いついて来た。ハリ掛かりすると猛烈なスピードで水面を走り、ジャンプを繰り返すファイターであり、釣趣は満点で面白いが、食べた事は無い。2匹釣ってダツは終わり。

R00137541
<Aha(ダツ=Needlefish)。2匹、コマセ用に確保。>

次は底でWahanui(イシフエダイ)が釣れたが、リリースするタイミングを逸した。シガテラ毒の可能性があるので、コマセ用として確保。

R00137641
<Wahanui(イシフエダイ=Forktail snapper)。シガテラ毒の実績があるらしい。>

次はDeep-7の一つである高級魚Kalekale(ヒメダイ)が初めて釣れたが、かなり小ぶりだった。

R00137781
<Deep-7 Bottomfishとして州政府によって保護されているKalekale(ヒメダイ=Von siebold's snapper)。レストランでも重用される高級魚であるが、こいつはちょっと小さかった。>

これでDeep-7 Bottomfishで釣れていないのは、Hapupuu(Hawaiian Seabass)とLehi(オオグチイシチビキ=Silverjaw snapper)の2魚種となったが、これからはなかなか進まないかも?

その後、レギュラーサイズのムロアジが釣れた。カンパチはかなり頑張って回避してきたが、やはり釣ってしまった。1匹はランディング→リリースしたが、もう1匹はバラした。そして最後は小ぶりなEhuだった。写真は省略。

今日は8目釣りを達成した(大して意味無し)が、主役のOpakapakaが釣れずちょっと残念だった。

今日はカツオが釣れなかった(というより鳥山が無かったので、釣ろうとしなかった)、、、なんて思っていると、港でチャーターボートのオジサンがカツオを1匹くれた。以心伝心?

Fishing Report用メモ:
Gindai: 1匹 2ポンド
Ehu: 2匹 3ポンド
Kamanu: 1匹 4ポンド
Opelu: 2匹 3ポンド
Aha: 2匹 6ポンド
Kalekale: 1匹 0.5ポンド
Wahanui: 1匹 1.5ポンド
Kahala: 1匹 15ポンド リリース







 

|

« 良型Onagaで祝結婚記念日 | トップページ | 10目釣り? »

コメント

いよいよ釣りまくってますね~。コナは海も山も人もとてもいいですね。(最近ボッグがひどいみたい。)私は、あれから二回コナに戻り釣りをしました。(もちろん爆釣???)私の釣りは、手が汚れず、臭いもない、そして、あまり釣れない?ルアーです。お二人にお目にかかるのを楽しみにしていたのですが、海の上でもハーバーでもかないませんでした。しかし、もしかして12日の夜、高級レストラン(葉○)でお食事していましたか?一番奥に老友人といたのが私です。いつもの日記での写真では顔からオーラが出ているので、確かではありませんが。 今度は12月に戻る予定です。釣り道具、雑誌等お持ちいたしましょうか。これからもよろしくお願いします。

投稿: 釣道落人BORABORA | 2010年10月14日 (木) 13時59分

釣道落人BORABORAさん:
12日でなく11日の夜なら葉◎にいました。33回目の結婚記念日を、高級レストラン(葉◎)の豪華料理で祝いました。声を掛けてもらえたら良かったですね。

今年の元旦は、OT-Buoyで小型マグロがよく釣れましたね。しかしその後はBuoyにマグロが殆ど来なかった(F-Buoyでは何匹かは釣りましたが)ようです(チャーターボートの船頭さん達の話)。先日もOT-Buoyへ行きましたが、アミモンガラ以外の魚の気配さえありませんでした。最近はマグロの事はスッパリ忘れて、Bottomfishingの方にハマッいます。コマセを使う釣りは汚くて臭くて準備と後始末に手間がかかりますが、オナガやギンダイなどの美しい姿を見ると報われます。ルアーフィッシングは綺麗でいいですが、私の場合は釣れない時、体力と根気が続きません。

12月にはOhさんもコナに来ているはずです。会って釣り談議でもしましょう。いろいろ自慢できるように、もっと実績を付けておきます。

投稿: ガーラ | 2010年10月14日 (木) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1198905/37222212

この記事へのトラックバック一覧です: Gindai、Kalekale、Kamanuなど:

« 良型Onagaで祝結婚記念日 | トップページ | 10目釣り? »