« Kawakawaの胃の中 | トップページ | 食べ比べ(Onaga vs Ehu)<Part-1> »

2010年9月24日 (金)

待望のOnaga(ハマダイ)第一号

魚の中で一番優雅な姿をしているのがOnaga(オナガダイ=ハマダイ=Long tail snapper)ではないかと私は思う。半年以上、ボート初心者としての苦労を重ねた後、今春やっと何とか愛艇が動き始めた。”さあ、行くべぇ~”と張り切ったところで、早々と4月下旬に禁漁になってしまっていた「Deep-7-Bottomfish」Onaga、Opakapaka、Ehu、Gindai、Lahi、Kalikali、Hapupuuの美味しくて貴重なBottomfishで、政府によって保護されている)が、9月1日に解禁になった。以来ずっと、この美しいOnagaを釣りたいと思って頑張って来たが、残念ながら1匹も釣れていない。Onagaのポイントは「コナ空港沖、水深120Fathom(216m)前後」というのが唯一の手掛かり。Deep-7のうち、Opakapaka、Ehu、Gindaiは一応釣れたが、一番釣りたいOnagaが釣れない、、、。背に腹は代えられぬ、という事で、とうとう友人に無理を言って助けを借りる事に、、、。彼のボートへ行って、GPSに入っているOnagaポイント(3か所)の正確な経度・緯度の数字を教えてもらい、愛艇のGPSへインプットした。まあインチキでもないだろう。

「ONA-1」「ONA-2」「ONA-3」(自分で適当に付けた名称)の3つのポイントが表示されているGPSを頼りにコナ空港沖へ向かう。今日は「Onaga1本やり」の断固とした決意で出港、、、したが、途中ちょっともったいない気もしてカツオ用のルアーを流してみる、、、と早速アタリ~、しかしバラシ(自作のトローリングサビキに2~3匹追い食いさせようとしたら、釣れていたヤツが逃亡してしまった)。またアタリ、、、でまた追い食い失敗のバラシ。結局1匹もクーラーに納まらないままOnagaのポイントONA-2に到着。まあエエか、カツオはまた釣れる。Onagaのポイントは、水深250~300mくらいの海底に、ちょっと突き出た丘らしきモノのテッペン近辺にあるらしい。ピンポイントといってもおかしくない。しかも船はどんどん流されるので、結構ポイント攻略は難しそう。まずは失敗。オモリが着底した時には、既にポイントを通過してしまっていた。ポイントを過ぎてアタリが無ければ、走って(自分ではなく船が走る)元の位置に戻り、再び仕掛けを落とす。この繰り返しである。3度目(?)くらいにかすかなアタリがあり、何かが釣れた。しかしオモリ3ポンド(363号相当)、水深250mくらいなので、何か釣れているような気がする、、、程度にしか解らない。しかし、上げてみると小ぶりだが立派なEhu(ハチジョウアカムツ)だった。よしよし。

R0013040
<Onagaでなかったのは残念だが、美味しいEhuはトップバッターとして文句は無い>

この後、260~270mの深場でカンパチが食ってきた。80Fathom(144m)がナワバリのはず(と地元の釣人達が言う)のカンパチ君が、こんな所まで出張して(?)きているとは。

R0013046
<立派な背ビレを持ったヒレナガカンパチ(Kahala=Almaco Jack)。15ポンドくらいかな?>

ONA-2ポイントからONA-3へ移動。ONA-3で流しているうちにアタリ。引きがカンパチとは違う、、、何だろう?ワクワクしながらラインを巻くと(といっても電動なので、横で腕組んで見ているだけ)、かすかに赤い魚体が見えて来た。Ehuか?水面まで上がって来て、やっと長い優雅で美しい尾ヒレが見えた。ガッツポーズ!待望のOnaga第一号である。こいつをバラすとかなりツライものがあるので、逃がさないように丁重に玉網ですくう。因みに、数倍大きいカンパチは、糸を持って一気に引き上げる(バレても笑顔が保てる)。

R0013053
<Onaga(ハマダイ=オナガダイ=Long tail snapper)。どうだ、きれいだろう!大きくはない。4~5ポンドだろうか?嬉しくて重さを測るのを忘れていた。>

その後、ONA-2、ONA-1へと移動したが、カンパチに好かれてしまったようで、下の写真のようなヒレナガカンパチが3匹釣れた。本来なら食べごろサイズなんだけどねぇ~。

R0013055
<20ポンドくらいかな?。最初の写真のカンパチと似ているが、こちらの方が一回り大きかった。3匹リリース>

これでBottom Fishingは終わり。カツオ用ルアーを流しながら帰途につく。型のいいカツオが1匹と小型が2匹釣れた。

R0013064

今日は疲れているので、明日EhuとOnagaの食べ比べ予定。現地の人達は、Onagaの方が美味い、というが、、、。さてどうだろう。楽しみである。

Fishing Report用メモ:
Onaga: 1匹 5ポンド
Ehu: 1匹 3ポンド
Kahala: 3匹 合計40ポンド リリース
Aku: 3匹 合計10ポンド

|

« Kawakawaの胃の中 | トップページ | 食べ比べ(Onaga vs Ehu)<Part-1> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1198905/36920196

この記事へのトラックバック一覧です: 待望のOnaga(ハマダイ)第一号:

« Kawakawaの胃の中 | トップページ | 食べ比べ(Onaga vs Ehu)<Part-1> »