« タコ坊主 | トップページ | アウトリガー »

2010年1月 5日 (火)

アカマンボウ(Opah)

釣り師が自分で釣った魚でなく、KTA(コナのスーパーマーケット)で買った魚の事を書くのは本意ではないが、時にはしゃーないのだ、、、。
KTAへ行くと最近Opahという魚の切身がよく売られている。Opahは日本名がアカマンボウ(マンダイ)で、英語名がMoonfish。コナの海でも稀にに釣れる写真のような巨魚である。この写真は借り物で、魚は重さは135ポンド。小生も世話になったことのあるD-キャプテンが釣ったものである(キャプテン、ごめんよ。日本から誰か来たら、またチャーターさせてもらうからね)。Opahの大きい個体は100キロを遥かに超えるものがいるという。

Opah1

このユーモラスなハデハデしい姿を見るととても美味しい魚とは思えないが、試しにKTAで切身を買ってソテーにして食べてみたところ、パサツキの無い、クセの無い、見かけがちょっとトロ系のまあまあ美味しい魚である事がわかった。刺身や寿司もOKらしいので、是非自分で釣って食べてみたい魚である。ただ、釣れるかどうかは確信無し。深場に生息する魚で、狙って釣れる種類の魚ではないので、オナガなどの外道として食ってこないかな、と期待している。

|

« タコ坊主 | トップページ | アウトリガー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アカマンボウ(Opah):

« タコ坊主 | トップページ | アウトリガー »