« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

キハダマグロ

3本の立派なキハダマグロ(172ポンド=78キロ、161ポンド=73キロ、139.5ポンド=63.3キロ)。最近は誰に聴いてもシブイ返事ばかりだったが、シーズンが完全に過ぎてもまだこんなのがコナ空港チョイ沖あたりをうろうろしてるんだねぇ~。

1230ahi1

たまたま、マリーナの給油ドックのあたりをブラついていたら、帰ってきたチャーターボートがキハダマグロ3本の重さを測っているのに遭遇した。OTブイというブイ(コナ空港の北西沖で割合近い)の周りでトローリングで釣れたらしい。さすがコナの海、、、かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

船釣り初陣

現在、息子がコナに遊びにきているので、本日は息子と家内合わせて半人前のデッキハンド(助手)を引き連れて颯爽と(???)船釣り初陣という事になった。本人は朝4時半に起き、張り切って準備をしているのに、6時になってもうちの半人前デッキハンドチームはまだ高いびき(いびきはあまりかかないかも)。もうとっくの昔に炊飯器の中でメシは炊けているのに、、、。むかし漫才で、「雨戸も閉めた、ガキも寝た、さあカアちゃん、、、」というのがあったが、うちは「メシも炊けたし、準備もできた、さあカアちゃん」というところかな?反乱を起こされると、新米船頭一人で船を出すのはちょっとキツイものがあるので、大いに遠慮して丁重に、丁重に、、、。

昨日はイワシ4~5キロを3時間くらいかけて丁寧に骨・頭・ヒレを取り、身だけにして、包丁でタタいてコマセを作った。かなり疲れたが、まあ楽しんだのかも(至福の時、とまではいかない)?初陣は日本式のビシに真心込めたイワシのタタキ(?)をつめて150~200mの底モノを狙ってみる予定。ポイントは全く知らないので、まだ使い方の良く分からない魚探のみが頼り。何が釣れるやら、、、、。竿1本はコマセを使っての底釣り、もう一本はカンパチ狙いのムロアジ1匹掛けで取り敢えず流し、様子をみる事にする。さあ、、、、、、燃えて来た、行くぞカアちゃん!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

、、、という事でコナ空港沖へ行ってきました。結局準備にえらい時間が掛かり、出港は9時半くらいという釣り人にはあるまじき時間になってしまった。一応根拠は何もないが、ポイントはコナ空港の北沖の水深百数十mと決めていたので、そこまではゆっくりトローリングという事にして、Aku(カツオ)用のルアーを流した。するとすぐそのAkuが食ってきた。我が愚艇での記念すべき初獲物は、狙い通りで食べて良しのAkuとなった。幸先良し。

1225aku1
<Aku=カツオ=Skipjack Tuna、我が愚艇の初獲物>

一応空港沖のポイントらしき場所近くで魚探を見ていて底近辺に反応発見。早速ビシ(オモリの付いたコマセかご)にコマセを入れ、4本バリの仕掛けを(エサはエビ、イカ、イワシの切り身など)を底まで送り込むと、すぐアタリ。電動リールで自分自身は楽チンしたが、攻防は巻いたり引き出されたりで一進一退、リールは唸り声をあげて頑張っていたが、敵も猿者でなかなか諦めず。ハリスがナイロン12号なので60号の時のような無理は出来ず。腕を組んでリールを眺めていると、一瞬強烈な突っ込みが来て、そのあとフッと軽くなった感じがした。その後は攻防は無く一気に巻き上げられて、そこそこの型のカンパチが上がってきたが、可哀そうに下半身(というのかな?)が見事に食いちぎられていた。このあたりに多いというTiger Sharkかも?達人の練達の技ともいえる見事な一噛みだった。

P1140572
<Kahala(カンパチ=Amberjack)。円月殺法の一噛み>

その後も魚探の反応を中心に底を探ったが、なかなか良い反応に行き当たらず、途中でモンガラが食ってきた程度だった。上層の反応もコマセとサビキで誘ってみたがアタリなし。そうこうするうちにコマセもなくなり、トローリングをしながら帰途に着く、、、となかなかいいアタリが来た。丸々と太った立派なKawakawa(スマガツオ=Mackerel Tuna)だった。釣るのは初めてだが、いろいろな人達から美味である事は聞いているので、ガッツポーズ。

1225kawakawa1
<Kawakawa(スマガツオ=Mackerel Tuna、美味しいらしい>

「初陣坊主」は避ける事が出来てよかった。約6時間運転手を務めてくれた息子と、何か釣れたら起きだしてくる写真/タモ入れ担当の家内に感謝。。

それにしても自分でボートを運転してで釣りに行くのは初体験だが、、、けっこう疲れるもんだねぇ~。釣りでエエ加減疲れているのに、更に丁寧にボート洗って、釣り道具洗って、使ったエサの後始末(こいつが臭い)をして、釣った魚さばいて、、、、。美味しい魚が釣れるのは嬉しいが、大きい魚はさばくのがこれまた大変。すべての後始末が終わるころにはもうクッタクタ。これでは昔からの夢である「毎日船釣り三昧」はかなりきつそう。しっかりしたデッキハンドが来て呉れたら多少は楽になるかな?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »