« 釣り具調達 | トップページ | Hawaiian Deep 7 Bottomfish »

2009年9月12日 (土)

美味いハワイの小物御三家

主として船で釣れるAhi(マグロ)、Wahoo(カマスサワラ)、Mahimahi(シーラ)、Opakapaka(オオヒメ)などはもちろん美味しいが、陸から釣れるハワイの小物にはもっと美味しい魚がいる。まだまだ実績/知識不足ではあるが、今のところ私の意見では下記の3種類の魚が「小物御三家」ではないかと思う。自分で食べても美味しいし、ハワイの人達も大好きな様子。
1)Moi(ナンヨウアゴナシ=Sixfinger threadfin):
こいつは現地の釣り好きな人間に釣れるポイントを聞いても教えてくれない。砂場などの浅い場所で釣れるらしいが、、、?従ってまだ釣った事はないが、2度ほどレストランで「Moiの一夜干し」を食べた。美味だった。
まだ釣っていないので当然写真は無いが、自分で釣れたら掲載する。
2)Nabeta(ホシテンス=Peacock wrasse):
船で比較的浅い所を流しながら底釣りで釣るらしいが、まだ釣った事はない。今日は珍しくKTA(スーパーマーケット)に出ていたので、夕食用に買ってきて煮つけた。美味しかったので、ハワイの人達の間で人気があるのは当然だろう。Nabetaは釣りに連れて行ってくれそうな人がいるので、そのうちに釣れるのではないかと思う。KTAで買ったまな板上のNabetaの写真を掲載しておく。
P1120290
見かけ通り、ベラの仲間の魚である。
3)Menpachi(アカマツカサ=Bigscale soldierfish=Squirrelfishとも言うらしい):
トカラの夜釣りでよく釣れたが、食べた事はなかった。コナでは夜のMenpachi釣りはかなりポピュラーな様子。煮付けると美味しかった。多分味噌汁などに入れてもいい味を出すんだろう。
Oshima_store

4)その他の美味しい小物: 
まあ、「美味い小物御三家」は人によって当然異なってくると思う。自分の場合も、Akule(メアジ=Bigeye scad)は外し難いが、アジはあまりにも日本でポピュラー過ぎて新鮮味がないという理由で敢えて外した。御三家の実力十分。
この前釣れたカサゴによく似たPo'opa'a(イソゴンベ=Stocky hawkfish)も煮付けたら非常に美味しかった。
小物というには大きすぎるが、磯やPierから釣れるOmilu(カスミアジ=Bluefin trevally)も刺身でも何でも美味い。
ちょっと怪しげな雰囲気のHumuhumu-hiukole(クロモンガラ=Pinktail triggerfish)も皮を剥がしてフライにしたら結構いけた(カワハギの仲間なのだから当然かも?)。
まあシガテラ毒には注意しながら、いろいろな魚を食べてみたいと思っている。そのうちに御三家では足りなくなって四天王とか言う事になる可能性大かも。あるいは御三家のメンバーが入れ替わる事になるかな?

|

« 釣り具調達 | トップページ | Hawaiian Deep 7 Bottomfish »

コメント

数年目に釣キチの兄が知人の船でナベタ釣りに連れて行ってもらいました。
和名は確か「ホシテンス」と言っていました。
素焼きにしてレモンを絞って食べましたが美味でした!

投稿: Mady | 2009年9月15日 (火) 21時26分

Madyさん:
ブログ開設以来2番目のコメントでした。有難うございました。Nabetaをアメリカの「FishBase」で調べると学名がIniistus pavoとなっています。ホシテンスを日本の「WEB魚図鑑」で調べるとXyrichtys Pavoとなっていますが、写真をみるとよく似た魚だなあ、とは思っていました。Madyさんのコメントを受けてもう一度調べてみて、Nabetaには他にも3っつ程違った学名がある事がわかりました。その中の一つがXyrichtys pavoでした。お陰さまでスッキリしました。有難うございました。ゴルフ、いつでも誘って下さい。「サンデー毎日」オトコですからいつでもOKです。

投稿: ガーラ | 2009年9月15日 (火) 21時55分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美味いハワイの小物御三家:

« 釣り具調達 | トップページ | Hawaiian Deep 7 Bottomfish »